スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

東京→糸魚川ファストラン2012 ④CP3: セブンイレブン信濃町穂波店~直江津

3CPを出ると、黒姫駅まではゆるい登り、そこをすぎれば野尻湖より先は一直線に日本海へのロングダウンヒルとなる。昨年の東京→直江津では余裕であった黒姫駅までの登りも、膝をやられた自分には果てしなく激坂に思えた。

黒姫駅を超え、野尻湖に差し掛かったところで、後ろから声をかけられる。Roubaix SL3を駆るSさんだ。

  「一緒に行きましょう!」
  
ということで、暫くは自分が前を走る。・・・が、既にもう下りで回すだけで膝が痛む。そうこうしているうちに追い付いてきたのは、元・国体代表でもあり、川口車連の監督でもある菅原さん。昨年も2番目のタイムだった超強豪だ。野尻湖→日本海へは基本的に下りだが、時々登り返しがある。菅原さんが前を引くと、登りでも全くスピードが落ちない。なんとか付いて行こうと頑張ったが・・・


  ピキッ
  
  
本日二度目の致命的な痛みが走る。右足が攣った。左膝をかばって右足に過剰な力が掛かっていたからであろう。いつかは来ると思っていたが、ついに来てしまった。こうなるともうペダルが回せない。ここで一旦ストップ。どんどん離れていくSさんの後ろ姿を見送った。


・・・さて、どうするか。ストレッチをし、アミノバイタルを飲みながら考える。ここからは下り+平坦とはいえ、後70kmはある。時間にして3時間弱、回せるだけの脚が残っているだろうか。今年はサポートカーがいるため、どこか目立つ場所で待っていれば回収してもらえるはずだ。このまま走り続けて膝の痛みを後まで引きずるのは得策ではない。


  「リタイヤしたほうがいいんじゃない?」
  
  
自分の中の弱気が囁く。


  「大人の判断」「勇気あるリタイヤ」「戦略的撤退」
  
  
そんなワードが頭に浮かぶ。



  ・・・しかし。怪我は直るが、悔しさとリタイヤした記録は残るのだ。
  本当にそれでいいのか?
 
 
  答えは「No」だ!!
 
 
 
そう思うと、走りだしていた。泥臭くてもいい、格好悪くてもいい、とにかくゴールだ!確かに、261さんに追いつかれないという目標は達成できなかった。11時間以内の完走も難しいだろう。だが、とりあえず完走さえすれば最低限自分を納得させることは出来る。社会人としては失格な判断かもしれない。だが、時として意地を優先させたいこともある。


  暫く走れなくなったとしても、今日はなんとしてもゴールするのだ。
  

決意は固まった。下りではなるべく足を休めることに注力し、登りでは最低限の軽いギヤで登る。せっかくの下りで思いっきり回せないのは歯がゆいが、仕方ない。縮退運転でなんとかするしかない。


  クランクを一回転する度に膝に痛みが走る。

  一分間に数十回、何度も繰り返される激痛。

  それでも脚は止めない。

  ゴールするんだ。絶対に!!
  
  
-----
  
  
幾度クランクを回しただろうか。目の前には青く光る海が広がる。…日本海だ!下源入交差点を左折すれば、ゴールの糸魚川まで一直線。

あと50km。持ってくれ、俺の膝!!

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。