スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

サコライド釜飯16h 【承】

日曜、午前3時半。携帯のアラームで目を覚ます。

・・・アレ、3時にセットしたはずなのに。4時半にサコッシュスタート想定で予定を立てていたのに、早速予定が狂う。急いで準備をして家を出発するも、途中で心拍センサーを忘れたことが発覚。

私の場合、ロングライドのペース管理は心拍数でやることにしています。400km以下を走るなら、平均心拍150bpm。400km以上を走るなら平均心拍140bpmになるように走ると、最後までタレずに走ることが出来ることが経験的に解っているからです。

指針となる心拍センサーが無いのは不味い。スタート予定時間が更に遅れるけれども、家に戻ってセンサーを回収したのでした。



午前5時20分。サコッシュ前到着。元々4時半スタートでタイムテーブルを切っていたため、ちょうど1時間ずらして5時半にスタートとすることにしました。


-----


05:30(0km)、サコッシュスタート。下北沢から井の頭通り、環八とつないで笹目橋へ。R17で高崎を目指します。

実はここから埼玉県本庄市までは10回以上通ったルートだったり。実家が群馬の私の帰省ルートが、このR17。元々ロングライドに目覚めたのもこのルートを走ったことがキッカケでした。


~~~

2007年夏。

奇しくも熊谷市が歴代最高気温40.9度を記録した前日、当時体重130kgの自分はママチャリで実家を目指していました。

友達と共に「学生最後の夏の馬鹿企画」としてやったこの100kmロングライド。
もちろんそれまでまともに長距離乗った経験がない巨デブの自分には過酷すぎるチャレンジでした。

しかし、何とか片道10時間をかけて、群馬の実家に到着。
その時の感動が忘れられず、MTBを購入して今に至る・・・

~~~



というわけで、環八に出て以降は何も特筆すべきこともなくw 淡々と群馬に向けて北上するのみ。

ただ、この日厄介だったのは風向き。午前:北風、午後:南風という、往路・復路共に向かい風になる最悪の気圧配置でした。これがキャノボなら「延期!」となるのですが。しかし糸魚川の前哨戦ということを考えると、今やらないと仕方ないわけで。向かい風も練習だと思って臨む事にしたのでした。

・・・しかし、全編向かい風というのは予想以上に堪えるもので。踏んでも30km/h以上出ないというのは地味にストレスが溜まります。でも考えてみれば東京⇒大阪キャノボの時は日本橋から浜名湖まで向かい風に耐え切ったんですよね。そして日本橋から浜名湖までの距離は今回のサコライドの距離とほぼ同じ。ならば耐え切れるはずだ!


08:15(74km)、最初の休憩・ローソン熊谷新島店に到着。向かい風に晒されているものの、ほぼ予定通りの時間。12時間以内はキツいかと思ったが、コレはもしかしたら行けるかも??

・・・と思った直後、Edgeさんが恒例のダウン。今までもロングではログ吹っ飛ぶことがあったけれど、この日はたった80kmで吹っ飛びました。ほんと、耐久テストしてんのかな、これ。


また淡々とR17を走り、本庄を通過。実家のすぐ近くを通り過ぎるというのはなんとも侘しいものです。ここから先は帰省ルートではないんですが、去年の「東京⇒直江津(ロングライダースvol2.0収録)」で走ったので、これまた知っているルート。高崎を過ぎ、安中を過ぎ、松井田を過ぎれば、そこは横川。


11:05(137km)、予定より5分早く折り返し地点・「おぎのや」に到着。休日のお昼時、ということでドライブインは大混雑。座る席を確保するのも一苦労でした。とりあえず席を確保して、釜飯(900円)を購入。

578482740.jpg

ここからは「鋼鉄の胃袋」と言われた自分の食べっぷりを見せ付けるッ!・・・と思ったのですが、結構この日は胃をやられてました。まだ熱中症の後遺症が後を引いている感じ。しかし、エネルギーをとらないと帰り道が不安なので何とか完食。

そそくさとトイレを済まし、滞在時間15分で「おぎのや」離脱。慌しく復路へと突入したのでした。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。