スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Fleche2012(阿賀野→犬吠埼)~⑥山方宿~銚子

■ルート


■レポート
まずは次のPC・水戸を目指す。

もう認定は受けられないが、せっかくなので、当初の予定通りのPCは回りたい。そもそも自分は今回が初ブルベなのだ。なぜかいきなり超エクストリームな内容であったが・・・ブルベの作法というのを勉強する上でも、「PCでレシートを貰う」というものを実践しておく必要がある。まぁキャノボでもやっているけど。


水戸の駅前は深夜ということもあり、閑散としている。つい2ヶ月前に鮟鱇鍋を食べに来た時とは大分様子が違う。暗い水戸の町を抜けて、PC5・セブンイレブン茨城町小堤店(291km地点)に到着。時刻は午前4時。かなり冷え込みが厳しい。ほっとレモンを飲んで一息をつく。


IMG_2017.jpg

ちなみにこの時間、どのくらい寒かったかはこの写真を見れば解ってもらえるだろう。同時刻、輪行準備をしていたアーツさんの自転車にはつららが生えていたそうである。4月なのに冷え込みすぎだよ!


鉾田に入った辺りで空が白み始める。ようやく、長かった夜が明けた。そして夜明け時は何故だか眠くなる。鹿島の辺りで強烈な眠気を感じたので、一旦コンビニストップ。本日1本目のレッドブルチャージ!目が覚めた。


鉾田の駅を過ぎると、右手に海のようなものが見えてきた。アレ?今回のルートって銚子までは結構内陸を通るルートだったような・・・と思ったら、「北浦」であった。霞ヶ浦と太平洋の間にある湖だ。霞ヶ浦は見たことがあったが、北浦は初めて。

・・・しかし、進めど進めど信号もコンビにも無い。群馬出身の自分が言うのもアレだが、茨城は思った以上に田舎であるw 朝方の冷え込みで、すさまじい尿意に襲われており、「早くトイレに会いたい」のにコンビニが無い!考えてみれば、白河のデニーズを出てから、きっかり30kmごとにコンビニでトイレ休憩している。休憩時間を出来る限り減らすキャノボならありえないことだ。

北浦脇を走っていると、セブンイレブンを発見。トイレに駆け込む。ここで7枚着ていた服のうち、1枚を脱いで背中のポケットへ。気温は徐々に上がってきている。予報によれば15℃を超えるらしい。数時間前まで雪山に居たのになぁ・・・w


ゴールまであと50km。時刻は5時半。リミットまで3.5時間。ゆっくり行ってもタイムオーバーにはならないはずだ。・・・と、ダンシングしたら、前のタイヤが妙によれる。止まってみるとスローパンクであった。空気の抜け方は緩く、継ぎ足せば走れそうだ。手持ちのポンプで5~6気圧まで空気を継ぎ足し、素早く再出発。



ラストPC・セブンイレブン鹿嶋泉川店には6時45分到着。ここで、Flecheのルールを改めて思い出す。

  「22~24時間目までの間に、25km以上走行しなければならない」

現在、スタートから21時間45分。残り距離は28km。最小限の休憩でスタートしても良いが、このペースだと22~24時間目までの間に25km以下の距離しか走れなくなってしまう。もう認定はもらえないので今更そこに拘る必要も無いのだが、来年以降のFlecheの練習として意識しておくことにした。7時まで休もう。

店の前でボケーっとしながらホットドッグをパクつく。これが食べられれば胃はまだ大丈夫。そして胃が大丈夫なら走れる。体調はオールグリーン。ゴールまで、あとは事故無く辿り着くだけだ。



7時きっかり。ラストPCを出発。ゴールまでは一本道。正に矢のように走る!

この辺りになると、ようやく他のロードレーサーを見るようになる。思えばスタートから350km、1台もロードレーサーと擦れ違って居なかったことに気づく。まぁ、吹雪の中や、深夜の山で擦れ違っても恐いだけだがw

道中のコンビニにも反射ベストの集団が現れ始める。残り25km、「22時間ルール」を守ろうとすると必然的にこの辺りが最終PCになるようだ。ここに至るまで、他のチームとは一度も遭遇していないため、

  「実は一足遅いエイプリルフールで、他のチームは走ってないんじゃね?」
  
なんてちょっと思ってた。きっと雪の中走ってる俺たちを皆して笑ってるのさ!という妄想。だが、一応ちゃんとFlecheは開催されていたようであるw



国道124号はド直線でド平坦。走りやすく、しかも追い風。TTモードでギヤを掛けて走る!・・・が、調子よく走っていたのに、Garminが「右へ曲がれ!」と言いやがる。どうやら利根かもめ大橋という奴を通らせたいようだ。目の前には部活へ行く途中と思われる高校生。歩道に入り、橋を渡っていくのでそれに習って付いて行った。

後で知ったことだが、この橋は自転車20円の有料道路らしい。車道を走ると有料だが、歩道を走ると無料らしい。次来ることがあれば、せっかくなので車道を通ろう。



橋を渡れば、あとは川沿いの道をまっすぐ行けばゴール・銚子駅だ。ラストもTTモードで飛ばす飛ばす!!苦しかった、苦しすぎたこの旅がやっと終わるんだ!


IMG_2018.jpg

そして8時06分、ゴール・サンクス銚子駅前店に到着!!長かった・・・余りにも長かった。この時の感動度はキャノボ達成に匹敵したかもしれない。それくらい苦しい道のりであった。

出発から22時間55分53秒。認定はされないが、走りきったという事実だけで満足するには十分な内容であった。ちなみにDNF地点からは126kmを5時間45分。Aveは22km/hと、中々頑張ったと言える。


こうして、あまりにもエクストリームだった私の初ブルベは終わった。


(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。