スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Fleche2012(阿賀野→犬吠埼)~プロローグ

「生きてるって素晴らしい!」


今回のFleche407を完走した感想がコレである。明らかに何かおかしい。
私たちのブルベは、ブルベではなかった。


-----

そもそもFleche(フレッシュ)とは?

通常のブルベはルートが全て決まっており、これを規定時間内に走るのがルールである。これに対してFlecheは、ゴールだけが決まっており、ルートは自由に引いてよい。ただし、距離は360kmを超える必要がある。

もう1つ違うのは、チーム戦であるということ。3~5人で固まって走る必要があり、3人以上でゴールしないと完走とは認められない。

要は「24時間で360kmをチームで走る」のがFlecheと言える。

-----


Flecheの存在を知ったのは、ロングライダースVol2.0(コミックZIN様にて好評発売中!)にも掲載されている2011年のFlecheの一ヶ月前だった。

  「Flecheに向けて練習をするよー」

ということで、房総半島を24時間掛けて走る「Fleche練」が企画された。私は2011年にはFlecheにはエントリーしていなかったのだが、その練習に声を掛けられていた。準備はしたものの当日は生憎の雨予報。雨の苦手な自分は早々にDNSを決めてリタイヤ。きっと皆も走らないんだろうな~と思ったら。なんと私以外の全員がスタートしていた。


  「軟弱すぎる。キャノンボーラーはこの程度なのか!」


我ながらとても情けなかった。もしブルベに出ることがあれば、多少の悪天候でも出走はしよう。駄目ならDNFすればいいさ。この時、そう誓ったのであった。


・・・この誓いがまさかあんな恐ろしい出来事を呼ぶなんて、この時には全く思わなかったのである。


-----


2012年のFlecheのゴールは千葉の犬吠崎。関東での開催ということもあり、全国から36ものチームが参加した。私がエントリーしたのはその中の1チーム「ニコ生自転車部」である。

当初、私はキャノンボーラーを集めて、鈴鹿峠あたりから犬吠崎を目指して走るコースを考えていた。元プロで現在はブルベ魔人となっている三船さんのチームが600kmを走るというので、それに対抗しようと思ったのである。・・・が。今年のFlecheは関東開催ということもあり、エントリーが集中。気づいたら締め切りとなっていた。

しかし、Flecheには参加してみたい。というわけで、一番なじみの深いメンバーが走る「ニコ生自転車部」に混ぜてもらうことにした。サコライド伊豆で知ったことだが、チーム走というのはペースが重要。知らない人同士が一緒に走るとペースが合わずに非常に大変なことになる。その点、ニコ生自転車部の面々とは何度か走っているし、大丈夫!(と思っていたのだが、実際にはこれが大間違いであった)


ここで今回のメンバーを簡単に紹介。

【チーム・ニコ生自転車部】
・アーツさん
ニコ生自転車部の部長。ネタのためならなんでもやる方。今回もそのネタ探求精神がいかんなく発揮された。自転車はSPECIALIZED。

・ホラフキーさん
ニコ生自転車部員。ご近所さんで、家は500mも離れていない。最近一緒によく練習してる。発言の8割はホラである。自転車はFelt。

・マリオさん
ニコ生自転車部員。PBP完走のブルベ超人。今回のFlecheが認定されれば「ランドヌール5000」のタイトルを獲得できる。口癖は「これがブルベですよ!」。自転車はFelt。

・baru
ニコ生自転車部員。自転車はSPECIALIZED。


私が言うのもなんだが、一癖も二癖もあるメンバーであるw それは本文を読み進めてもらえば自ずと解ってもらえるであろう。


(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。