スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

主ルート(沼津→本宿)

沼津→本宿間の注意ポイントを解説します。静岡のバイパス地獄は難しいので、一度試走しておくと良いと思います。以下に示すポイントは、ルートラボの地図上にもコメントとして記入してあります。

主ルートとしてはR1をひたすら走るルートを採用しました。近道や別ルートは他の記事で解説します。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



■沼津~由比


K380を通り、富士方面へ。バイパス地獄の始まりです。数々のバイパスを抜けて由比に至ります。

【ポイント】富士駅周辺
富士駅~新富士駅の間のR1の一部は自転車通行不可になっています。K380の「檜」を直進し、R139へ。コジマ電機のある「蓼原」を左折し、東海道本線、東海道新幹線のガード下をくぐり、「宮島東」でR1に合流します。マクドナルドが目印です。ただこの回避方法は距離が長いので、別ルートをお勧めします。



【ポイント】新富士川橋~由比駅
新富士川橋自体は自転車通行不可ではありませんが、渡り切った富士由比バイパスには「自転車通行不可」の標識があります。この手前で歩道に上がるか(自転車を担ぐ必要あり)、予め歩道に入っておく必要があります。歩道部分から土手の下に降りる階段を下り、バイパスの下をくぐって「蒲原東IC東」に出ます。次の信号(セブンイレブン手前)を左折し、突き当りを左へ。

K396の旧東海道を直進し、東名高速の下をくぐったらY字路があります。これを右へ行くと旧東海道。左へ行くと、由比駅方面へ行きます。これはどちらを通っても由比駅を過ぎたところで合流するので、どちらを通ってもいいでしょう。自分は左へ行って由比駅周辺を抜けるルートを選びました。





■由比~島田


由比からは富士由比バイパスには乗らず、太平洋自転車道を通り、興津へ。清水~静岡を抜けて宇津ノ谷峠を突破し、藤枝を経由して島田に至ります。


【ポイント】富士由比バイパス
由比駅を過ぎると道が下り基調になり、「寺尾」で富士由比バイパスと合流します。この区間の車道は自転車通行不可なので、一旦左に渡って「太平洋自転車道」に入ります。東名高速道路と富士由比バイパスの間の狭い道です。砂が浮いてたり、雑草が生えてたりして正直走りにくいけど仕方ない。

新興津川橋を越えると、側道に下ろされます。バイパスの下をくぐって、R1に復帰可能です。



【ポイント】清水駅前
清水駅前の交差点では右折します。直進すると、焼津方面へ行ってしまいます。その後3つ目の「江尻大和」で左折。このまま道なりで静岡駅に到着します。



【ポイント】宇津ノ谷峠
旧道である「宇津ノ谷峠」へは行かず、「平成宇津ノ谷トンネル」で峠の下をくぐります。車道も自転車通行不可ではないですが、歩道も広く取られているのでそちらを通ってもいいでしょう。ライトは必ず点灯すること。

トンネルを出た後は側道に下ろされます。「廻沢口」前後でバイパスの下をくぐり、K208に合流。そのまま道なりに行くと「内谷新田」でR1に復帰します。



【ポイント】島田駅前(大津通り交差点)
R1はここを右折しますが、右折するとバイパスに突入してしまいます。K381を直進してください。「この先自転車通行不可」と大きい標識が出てるので間違えないとは思います。





■島田~磐田


島田から大井川を越えると、中盤の難所・金谷峠が始まります。金谷峠を越えたら掛川・袋井のバイパスを回避し、磐田に至ります。


【ポイント】大井川橋
大井川橋の車道は自転車通行不可の表示はありませんが、路肩が大変狭いので歩道を通ったほうが賢明です。対面交通になっているので前から来る人や自転車に気をつけて。



【ポイント】袋井バイパス
袋入バイパスは途中まで自転車走行可能ですが、「久津部東」を過ぎると側道に下ろされます。そこから先は道なりにK413で袋井市内(旧東海道)を通過します。



【ポイント】磐田バイパス
太田川を越えると、袋井バイパスが終わって磐田バイパスが始まります。この入口部分は、車道は自転車進入不可(になっていた気がする)。正確にはその先の「三ヶ野IC」より先のバイパス本道が自転車進入不可なので、下道を通ってR1の非バイパスに合流します。下道を通らずとも、R1バイパスの歩道を通っても合流が可能です。




■磐田~本宿


磐田を越えると、浜松。天竜川を歩道でわたり、浜松バイパスへ。浜名湖を越えて潮見坂を登り、豊橋。ここからは微妙に登り始め、本宿で最高地点を越えます。


【ポイント】新天竜川橋
「池田入口」より先、新天竜川橋の車道は自転車通行不可です。ここは非常に広い歩道がありますので、こちらで天竜川を渡ります。橋を渡りきったら、スロープor階段でK261へ降ります。そのまま西に進み、K312に入ります。



【ポイント】浜松バイパス
浜松バイパスは場所によっては自転車での通行が可能です。K312とR1の高架との合流点から、R1(浜松バイパス)に入ります。合流時には本道を走っている車に注意しましょう。暫くは浜松バイパスを直進。



【ポイント】潮見坂
浜名湖を過ぎて「大倉戸IC入口」でR1(左折)とR42(直進)が分岐します。R1方向は「自動車専用道路」の表示があるはずなので行かないように。R42を直進し、潮見坂を登ります。「一里山東」でR1に復帰します。



【ポイント】豊橋
「西八町」で右折し、北方向に進みます。また、豊橋の中心部は路面電車が走っているので、そちらにも注意が必要です。





■この区間の別ルート



富士ショートカットルート(吉原駅周辺)
由比信号回避ルート(由比駅周辺)
西倉沢合流ルート(由比駅周辺)
富士由比バイパスルート(由比~興津)
御前崎ルート(清水~浜名湖)
R150ルート(清水~六合)
姫街道ルート(浜松~国府)


(沼津→本宿・完)
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。