K30~R134ルート(戸塚~大磯)

交通量の多い藤沢バイパスを回避するルートです。藤沢バイパス直前でK30に入り、大磯駅前でR1に復帰します。
R134は防風林があり、風向きにかかわらずスピードの出るエリアなので、藤沢バイパスよりはこちらを走るほうがオススメ。



■メリット
・危険な藤沢バイパスを回避可能。
・茅ヶ崎~平塚の市街地を回避可能。
・R134はスピードが乗る。

■デメリット
・R134は夜間街灯が全くない。
・R134は夕方混雑する。(藤沢バイパスほどではない)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

【ポイント】藤沢バイパス入口
戸塚を抜けた後、左手にラウンドワンが見えたら藤沢バイパスの入口です。K30~R134ルートを使う場合は、直進せずに側道に入ってください。


大きな地図で見る

一旦下って、その後登ると「藤沢バイパス出口」交差点に至ります。ここを進んで遊行寺坂を降り、「藤沢橋」に至ります。


【ポイント】藤沢警察署前
Y字路になっています。右に入ってください。


【ポイント】R134
R134は、昼間ならば気持ちのいい海岸通りですが、夜は街灯が全くなくなります。明るいライトが必要です。
また、夕方から夜に掛けては混雑します。


【ポイント】西湘バイパス入口
地面に表示が出ていますが、西湘バイパスに入らず、側道に入ります。バイパスの下を抜けて、大磯駅前に至ります。


(K30~R134ルート・完)
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR