主ルート(日本橋→沼津)

日本橋→沼津間の注意ポイントを解説します。以下に示すポイントは、ルートラボの地図上にもコメントとして記入してあります。

主ルートとしてはR1をひたすら走るルートを採用しました。近道や別ルートは他の記事で解説します。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



■日本橋→戸塚


R1を使用し、多摩川を突破。川崎もR1を走り、横浜に到着します。
そのままR1を進み、保土ヶ谷~権太坂と抜けて戸塚駅の脇を通過。

【ポイント】日本橋
キャノボは基本的にR1の端から端まで走るものです。正確な道路元標は日本橋の上の道路の真中に埋め込まれていますが、誰もが日本橋と思える場所ならスタート地点はどこでも良いと思います。
候補としては、「日本橋の上」「日本橋交差点」「日本橋のコンビニ(ブルベ風)」あたりでしょうか?


【ポイント】東神奈川駅手前
東神奈川駅手前の「立町」でR1が二手に別れます。ここを右に行くと横浜新道へ行ってしまうため、左へ。その後、「青木橋」を左折し、「青木通」を右折します。



【ポイント】不動坂
戸塚駅手前の「不動坂」でR1が二手に別れます。右方向は自転車通行不可です(解りづらいけれど標識あり)。左へ行き、戸塚駅方面へ向かいます。



【ポイント】戸塚駅踏切
戸塚駅脇の踏切は「開かずの踏切」として有名です。運が悪いと10分は閉じたままです。対策としては、「電車が動いていない時間に通る(深夜通過)」「回避ルートを通る」があります。回避ルートは別記事で解説します。





■戸塚→箱根湯本


戸塚を抜けた後は、藤沢バイパスを通過し、そのままR1をひたすら進みます。
小田原城の脇を抜けて、箱根の入口へ。


【ポイント】藤沢バイパス
戸塚を抜けて暫く進むと、「藤沢バイパス出口」交差点へ。こちらを右に進んでトンネルをくぐると藤沢バイパス。左へ行くと、K30を抜けてR134に至ります。藤沢バイパスは自転車通行可ですが、交通量も多く車もスピードを出してます。オススメはK30~R134ルートです。





■箱根湯本→沼津


箱根は旧道へは行かず、R1を使います。箱根旧道の解説はこちらへ。
芦ノ湖を抜けて三島側へ下ります。三島からはK380を使って沼津へ。


【ポイント】道の駅・箱根峠
道の駅・箱根峠にはライブカメラが設置されています。運が良ければスレで誰かが見ているかもしれないので、ここぞとばかりにアピールしましょう。



【ポイント】八幡交差点
三島に降りてからは暫くR1を行きますが、八幡交差点で左の側道に入り、K380に入ります。そのまま沼津へ。





■この区間の別ルート


R15ルート(日本橋~横浜)
戸塚踏切回避ルート(戸塚駅周辺)
戸塚踏切回避ルート その2(戸塚駅周辺)
K30~R134ルート(藤沢BP出口~大磯)
箱根旧道ルート(三枚橋~畑宿入口)
長後街道~R246ルート(戸塚~沼津)
真・R246ルート(戸塚~東田子の浦)

(日本橋→沼津・完)
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR