カバヤ「塩分チャージタブレッツ」

RIMG4953.jpg


キャノンボーラーというと何か「暑かろうが寒かろうが関係ないぜ!」くらいのネジの外れた人たちだと思われてそうですが、必ずしもそんなことはありません。
自分は寒いのにはそれなりに強いほうですが、暑いのは苦手です。特に糸魚川ファストランでは毎年のように脚をつってます。

原因は発汗量の多さ。足つりはミネラル不足が原因で起こると言われてます。もちろんスポーツドリンクは飲んでいるわけですが、それでも追いついてない様子。


私が最近の炎天下のロングライドで携行しているのが、カバヤの「塩分チャージタブレッツ」。今年は電力不足による熱中症対策グッズとして塩分入りの飴などが多数発売されていますが、その中の1商品です。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

とりあえずイイ所は、美味しいこと。脚つり対策として、それまではアスリートソルトを使ってたんですが、こちらはとにかく塩っぱい。口に含む時覚悟が必要です。

それに対して塩分チャージタブレッツは、ほどよく酸味の効いたレモン風味。というよりちょっと塩っぱいレモン味のラムネ。お菓子気分で食べられます。ジャージのポケットに入れてても溶けないのも◎。飴系の製品だとモノによってはドロドロに溶けて舐めるどころではなくなりますので・・・。



して、効果の程は?先日、浜松までキャノンボールと同等のペースで走ってきたときに試してみました。2時間ごと、計6個を摂取。かなりの量の汗をかきましたが、足がつることはありませんでした。もちろん同時にポカリスエットなども飲んでいたのでそちらの効果もあるのかもしれませんが、補助的な塩分補給の手段としては優秀だと思います。


夏にキャノボに挑戦するなら必携の逸品です。

【良い所】
・安い(1袋198円)
・手に入りやすい(近所の薬局で売ってます)
・食べやすい
・アミノ酸も含有

【悪い所】
・これ単品では若干塩分が不足するかも?
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR