Fleche2017 準備編

「AR日本橋」主催のチームブルベ、「フレッシュ日本橋 2017」に参加してきた。

2016年は参加していないので、2年ぶりの参加となる。AR日本橋主催としては過去最高の43チームが参加し、30チームが完走。天候には恵まれなかったが、非常に盛り上がるフレッシュとなった。

-----

2015年に「ロードバイク以外で大阪→東京フレッシュ」と言う、ある意味極北なことをやってしまい、燃え尽きてしまった感がある。それで、昨年はフレッシュには参加しなかった。

しかし、2017年1月。フレッシュ参加にお誘いを頂いた。

声を掛けてくれたのは、宮城1000で一緒に走ったNAOさん。BAJ2400(日本縦断ブルベ)や、PBPもクリアしている猛者だ。昨年もフレッシュに参加しているが、残念ながら証跡の不備によって認定されず。今年こそ初のフレッシュ認定取得を狙っているらしい。

フレッシュは辛いことも多いが、非常に面白いブルベ。久々に参加してみようと思い立ち、承諾の返事をしたのだった。

-----

フレッシュはチームで走るブルベである。最低3人、最高5人のメンバーを揃えなければならない。

言いだしっぺのNAOさんが私以外のメンバーにも声を掛けており、以下の4人でチームを結成することになった。

 ・NAOさん (@i7015)
  →BAJ2400、PBP2015完走。今回のリーダー。
 ・はるさん (@KSR1450)
  →台湾やタイなど海外でのブルベ経験あり。台湾版キャノボ「一日双塔」を達成。
 ・コトノハさん (@Nd2CuO4)
  →PBP2015完走。東京大阪キャノボを達成している。
 ・baru (@barubaru24)
  →フレッシュは5回目。今回はルート設計担当。
  
今回のメンバーは、私を除いて国内フレッシュの完走経験が無い。NAOさん&はるさんは昨年同じチームで最後まで走ったが、前述の証跡の不備によって認定されなかった。今回のフレッシュが認定となれば、NAOさんとコトノハさんは「ランドヌール5000(※)」の要件を満たすことになる。何事も無く完走し、彼らが認定を得られるようにサポートをしようと思ったのだった。


※ランドヌール5000

ブルベの主催団体ACPが認定する称号で、4年間の間に所定の条件を満たすと授与される。PBPやフレッシュを完走している必要がある。



-----

フレッシュのユニークな点は、チームごとにルートを決められる点である。

ルート担当は私。前回まではチャレンジングなコースを設定してきたが、今回はなるべく認定が取りやすく、観光名所を通る楽しいルート設計を心がけた。




そして出来上がったルートが「伊勢帰り」

 ・スタート前日は伊勢を観光。
 ・鳥羽から伊勢湾フェリーに乗船し、優雅なクルージング。
 ・伊良湖岬では、名物の巨大アサリを食べる。
 ・御前崎では、「地球が丸く見えるん台」で海を眺める。
 ・焼津では、新鮮な海の幸を食べる。
 ・新トンネルが開通したばかりの大崩海岸を通り、海の上を通る橋の風景を堪能する。
 
その後はお約束の箱根越えからのキャノボルートだが、静岡県内はなるべく観光要素を盛り込んだ。距離は370㎞と、ほぼ最低限の距離。大きな峠も箱根のみ。参加メンバーの脚力を考えると、かなりリスクの低いルートと言える。

ルートの審査も問題なく通り、あとは開催日を待つのみとなった。


(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR