スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

PBP 2015 エピローグ

飛行機が少し遅れた以外は、大したトラブルも無く帰国。自転車も無事だった。

ただ、体のほうはそこまで無事では済まず。

 ・足の付け根の出来物
 ・手足の痺れ

 
これらが帰国まで残った。特に足の痺れはしぶとい。一ヶ月経ってようやく良くなってきた所だが、この後にランドヌール宮城の1000kmブルベに挑戦するので再発は避けられないだろう。何か対策を考えないといけない。

PBPも、走り終われば目標から通過点に変わった。多少の燃え尽き感はあるが、まだまだ改善の余地はある。ロングライドは本当に奥が深い。


-----


冒頭で書いた「ブルベの最高峰とは何か?」という疑問について。実際に参加してみて、自分なりの答えは出た気がする。

コースの難易度で言えば最高峰ではない。日本よりも道中の施設は少ないが、少なくともPCに行けば寝食に不自由しないという点では楽なコースと言える。獲得標高は多いものの、激坂の類も無い。無理に登りで攻めすぎず、下りで稼ぐのがコツだろうか。ゴール後のベロドロームで、「PBPは一番楽な1200km」だと、稲垣さんが言っていた。確かにそうかもしれない。

では何が最高峰か。曖昧な答えになってしまうが、この大会の「雰囲気」こそが最高峰なのだと思う。


  スタート前の盛り上がり。
  何kmも続くテールライトの列。
  各PCでの参加者との交流。
  常に前後を走っている他の参加者。
  沿道の人々の応援。


 
どれも、「ブルベをやってきて良かった」と感じさせるには十分な魅力がある。参加のハードルは決して低くないにも関わらず、何度も参加する人が絶えないのも納得だ。

昼夜を問わず自転車で走るという行為は、奇異の目で見られることが多い。そんな人たちが、沿道を走る人たちに賞賛され、走ることだけに没頭出来る最高の場。それが4年に1度のPBPという舞台なのだ。


次回2019年のPBPに出られるかどうか、現段階では解らない。しかし、周りの環境が許すならば、是非次回も参加したい。その際には、84時間の部で朝スタートを選び、出来うる限り早くゴールすることを目指そうと思っている。


baru_1440513091000_04_69.jpg

4年後、またあの「最高の舞台」に立っていたいものだ。

(終わり)

【走行データ】
通算距離: 1242km(ミスコース4km含む)
走行時間: 85時間46分
平均時速: 21.6km/h
平均心拍: 116bpm
獲得標高: 12301m
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。