スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

大阪→東京 プロローグ

10月10日は予報通りの雨だった。しかも土砂降り。我が家から一番近い新幹線の停車駅は新横浜なのだが、いかんせん電車で行くと乗り換えが3回も必要だ。仕方ないので、品川まで東海道線で出て、そこから新幹線で大阪に向かうことにした。

大阪までは品川から約2時間半。これから24時間で走ろうという距離を1/10で移動するというのは少々侘しい物がある。

RIMG4284.jpg

朝10時に新大阪に到着。まずは自転車を駅の手荷物預かり所に預けた。手ぶらになったところで、会社の同期と遊びにいく。折角大阪まで来たのだ。ただ自転車でトンボ帰りするのは損。大阪で食べ歩きを堪能した。

RIMG4295.jpg


その後は聖地(?)巡礼。数時間後にスタート地点となる「梅田新道」交差点にある大阪府の道路元標を訪ね、達成を誓う。この時間にはすっかり雨も上がり、日が差し始めていた。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

-----


夜21時。東三国のビジネスホテルに15時にチェックインしたが、結局2時間ほどしか眠ることが出来なかった。糸魚川にしろ、前回のキャノボにしろ、イベントの前はいつも眠れない。いそいそと身支度を整えて、ホテルをチェックアウトした。


ホテル前で輪行袋を解き、自転車を組み立てる。前回破損したキシエリは封印し、今回はユーラスでの挑戦だ。

  (あと1時間もしないうちにスタートかぁ)
  
そう考えるとにわかに緊張してきた。


東三国から梅田までは、地図上では新御堂筋一本で行けることになっている。そう思っていたのだが・・・実は新淀川を渡る橋の車道は自転車通行不可。仕方ないので階段を自転車を担いで登る。無駄な体力を使ってしまった。

なんとか新淀川を超えたところで、空腹に気づく。

  (そういえば昼から何も食べてない・・・)
  
走り始めてすぐにハンガーノックなんてかっこ悪すぎる。スタート時間は予定より多少遅れてしまうが、腹ごしらえをしておくことにした。「なか卯」で和風牛丼とうどんのセット。何故か関西に来ると「なか卯」が食べたくなる。関東にもあるのにね。



そんなこんなで梅田に到着したのが22時20分ほど。まずは大阪中央郵便局から、荷物を自宅へ向けて送付する。輪行袋も纏めて送ってしまったので、もう引き返せない。あとは達成するだけだ。

スタート地点である梅田新道交差点へ行くと、見知ったクライマー体型の人が立っていた。会社の先輩・Kさんである。元乗鞍の年代別王者を取った生粋のクライマーであり、自分をロングファストランの道へ引き込んだ張本人。今回の挑戦の話を聞いて、奈良の自宅からわざわざ駆けつけてくれた。前回はスタートもゴールも一人だったので、見送りは凄く嬉しかった。


スタート直前、携帯を開き、キャノボスレとTwitterにそれぞれ出発予告を書き込む。

  「22時40分出発します。 一応barubaru24で呟く予定です。宜しくお願いします。」
  
現在ではキャノボではTwitter実況をするのは半ば当たり前となっているが、当時はまだまだTwitterでの実況は少数派だった。確か初めてTwitter実況をしたのは、鉄人・もみあげさん(CannonballまとめWiki管理人)である。今にして思うと、臨場感のある書き込みが残せたのでやって良かったと思う。



そして予告通りの22時40分、Kさんに背中を押され、梅田新道交差点を出発した。今度こそは・・・!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。