スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

PBP 2015 スタート前々日

8/14 12:40、無事にフランスの表玄関、シャルル・ド・ゴール空港に到着。着陸時は結構揺れたが、初の飛行機だったので「こんなものか」と思っていた。ふぃりっぷさんによると、結構ヤバかったらしい。知らぬが仏。




空港の荷物受け取り場に行くと、「AJたまがわ」のartsさん、がんちょさん、ぜっとさん、K内さんの姿が。羽田からの直行便ということで、やはりこの便に参加者は多い。「果たして、無事に自転車が出てくるのか?」と、全員が緊張していたように見えたが、無事に全ての自転車が運ばれてきた。内部を確認しても破損無し。箱は少し潰れていたが許容範囲だろう。




空港の出口で、AJたまがわメンバーとはお別れ。先に到着していたRayさん、そしてふぃりっぷさんの叔父さん・叔母さんと合流した。今回の旅には、日本からふぃりっぷさんのご両親が同行している。ふぃりっぷさんの叔父さんと叔母さんはフランス在住。

叔父さん、叔母さんに「Bonjour」と挨拶をしつつ握手。この国では男性も女性も握手が力強い。

PBPでは公式にサポートカーが認められており(事前登録必須・PC前後5km以外でのサポート禁止)、ふぃりっぷさんの叔父さんがそのドライバーを務めてくれるとのこと。叔母さんと、ご両親も同乗するようだ。と言っても、ドロップバッグ等のサービスは既に外部のサービスに依頼済み。リタイヤの際以外にお世話になることはないだろう。

空港からホテルまでは、サポートカーに乗って移動。空模様は、晴れたり雨が降ったりを繰り返している。「ヨーロッパは空の色が違う」などと言われるが、雲の低さの方が印象に残った。このくらい目まぐるしく天気が変わるとなると、一体どんな装備で走れば良いのか……スタートは2日後だというのに、既に頭は実走モードに入っていた。




今回泊まったのは、Trapという街にあるBalladinというホテル。スタート地点であるSaint-Quentinまでは3kmと、中々の好立地。チェックインを済ませたら自転車の組立て。懸念された変速周りも異常なく、一安心。愛車が故郷の地を踏んだ記念に写真を一枚撮影した。

組立て作業を終えると、キャノンボーラーのHideさんがホテルに帰ってきた。彼は既に数日前にヨーロッパ入りしており、ピレネーでSR600を走ってきたそうだ。これから1200kmを走るというのに、前菜で600kmを走ってしまうのだから恐れ入る。




宿でしばしダラダラした後、SIMカード調達&夕食へ。セットメニューの主食をライスにしたが、これは大失敗。量は少なく、風味もプラスチックのよう。以後の補給でもライスだけは絶対に食べないことを誓った瞬間だった。

ホテルに戻り、倒れるようにベッドへ。時計は22時を指しているが、日本時間では朝5時である。間もなく意識が落ちてフランス1日目が終わった。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。