PBP 2015 参加準備

PBP参加にあたっては、エントリー以外にもやるべきことが多かった。

私は今年で31歳になるが、海外旅行経験無し。それどころか、飛行機すら乗ったことが無い。そんな状態から、海外に自転車を持っていって1200kmを走ろうと言うのである。今考えても相当無茶である。

準備にあたっては、ふぃりっぷさんに大いに助けられた。これまでも、TOT・本州一周・フレッシュ等々の記事で事あるごとに登場頂いたふぃりっぷさん。何を隠そう、彼は海外ブルベの第一人者でもある。これまで3本の海外ブルベに参加しており、飛行機輪行の経験も豊富だ。往復の航空チケット手配や、現地の宿の手配等々、全てを行ってくれた。今回の旅で最もお世話になった一人である。


■パスポート取得
海外へ行ったことがないので、パスポートも当然持っていない。航空チケットの手配にはパスポートの番号が必要とのことで、2015年1月にパスポートを申請。2月にパスポートを受け取った。……写真の人相が悪い。


■航空チケットの手配
基本的に航空チケットは、「予約が早ければ早いほど安い」らしい。ふぃりっぷさんの助言に従い、出発半年前の2月上旬にはチケットを購入した。エールフランスの直行便、成田ではなく羽田発で往復127,090円。お盆の時期にこの値段は格安と言える。

ただ、自転車は特殊な荷物ということで別料金。往路100ドル、復路100ユーロの料金が別に取られることになった。往復の運賃は合計で150,000円ほどと、中々抑えられたほうだと思う。


■輪行箱の準備
今回の飛行機輪行には、Takeshi Katoさん考案の「プラダン輪行箱」を使用。

2014年12月にKatoさん主催の「プラダン輪行箱 作成ワークショップ」に参加。市販されている輪行箱よりも幾分軽く、1.5kgほどに仕上がった。材料費は3000円ほど。普通に買うと10000円は下らないので、中々お得だ。

本番直前の2015年7月には、Katoさんのお宅に伺い、パッキングのコツを伝授頂いた。これで完璧。


CMI9mJeUAAEbWtU.jpg

最終的に出来上がった輪行箱はこんな感じに。


CMULs29UsAArqz4.jpg

空港での計量によると、自転車+周辺装備を含めて14.5kgとやたら軽量だった。他の参加者の方のブログを見ると、上限ギリギリの23kgで通過している人が多かったようだ。皆一体何を入れているのだろう?


■仕事の調整
PBPにおいて一番大変な調整は、10日間前後の休暇の取得だと思う。お盆の時期とは言え、社会人に取って10連休の取得は相当にハードルが高い。

私の場合は数ヶ月前から調整していたにも関わらず、本来は7月末で終わるはずだったプロジェクトが8月末まで延長して一時期は参加が危ぶまれた。しかし、何とか約束の期日までに作業を終え、無事出発が確定。中々に綱渡りであった。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR