PBP 2015 エントリー準備(2014年)

PBP前年である2014年から、出場に向けて活動を開始した。

PBPに参加するには、「開催年のSR(Super Randonneur)取得」が条件とされているが、確実にエントリーするには前年度から準備が必要となる。具体的には、先行登録(Pre-registration)の優先順位が前年度の実績によって決定されるのだ。
(開催年+前年のSR取得が登録条件と思っている人も多いが、それは間違いである)


今回のPBPでは、

 「2014年に完走したBRMの中で、完走したカテゴリの長い順に先行登録を可能とする」

とアナウンスされていた。つまり、2014年に開催された1000kmブルベの認定を取得した人は、もっとも早く先行登録出来るということ。次いで、600km、400km、300km、200kmの順に先行登録の開始時期は遅くなる。具体的な日程は以下のように告知された。


 2015年4月26日 1000km(BRM) or 1200km(RM)
 2015年5月03日 600km(BRM)
 2015年5月10日 400km(BRM)
 2015年5月17日 300km(BRM)
 2015年5月24日 200km(BRM)
 2015年6月06日 本登録 & 前年認定なし



1000kmの認定があれば、確実に登録は出来る。しかし、1000kmブルベを完走している人の数はそこまで多くないはず。今回の定員は6~7000人と言われており、1000kmの認定者数だけで埋まる枠ではない。無理して1000kmを完走せずとも、600kmまでのカテゴリを完走していれば問題ないだろうと考えた。

2014年10月には、台風の接近に見舞われた「青葉600天城越え」を辛くも完走し、600kmの認定を取得。翌年の参加登録に向けて順調に2014年度を終えたのだった。


(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR