スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

東京→糸魚川ファストラン2015 ①START:山梨~CP1:岡谷

雁坂みちを3人パックで一路西へ。さすがにマウロさんもふぃりっぷさんも慎重で、そこまでスピードを出さない。おかげで問題なく着いていく事ができる。ただ、二人とも泥除けをつけていないので、跳ね上げられた水が顔を直撃する。これだから雨の日は嫌だ。


山梨の善光寺脇を抜け、小さな登りを終えるとR20に合流する。ここからは川沿いで直進ばかりなので、路面に気をつける必要は無い……と思っていたが、所々現れる橋の継ぎ目が怖い。昨年秋、雨レースで落車してからというもの、グレーチング・マンホール・白線の類の上を抜けるときは自転車を倒さないと決めている。当然、減速しなければならないわけで、追いつくのに脚を使う。何度目かの継ぎ目を越える際に、ついにチームメイトからは千切れてしまった。


富士見峠は単独行で登っていく。大きめの列車が来たものの、付いていく気も起こらなかったので見逃し。一人で峠を越える。

峠の先はダウンヒル。富士見峠のダウンヒルは道幅も狭く、路面も良くない。ウェットだと気を使って神経が疲れる。ランドヌールの端くれゆえ、雨天走行はそれなりにこなしてきた。しかし、慣れないタイヤで、ある程度のスピードを出すのはリスキーである。この辺りから「もうやめたいなぁ」という気持ちが強くなっていた。

このまま走り続けて落車という事態は避けたい。そうなればPBPの出場に黄色信号が灯ってしまう。「糸魚川」はエントリーするために1500km走る必要は無いし、毎年開催される。しかし、PBPは4年に一回。苦労して獲得した出場機会を棒に振りたくはなかった。

  チェックポイントで雨が降っていたらリタイヤしよう。

雨脚は弱まる様子もない。次のチェックポイントの岡谷までの距離は約30km。ここまでに雨が上がらなければ、大事を取ってやめてしまおう。7年目にして初リタイヤとなるのは悔しいが、怪我をするよりはマシである。あと一時間も頑張れば楽になれる。そうなると、心なしか脚が軽くなった。


しかし、諏訪湖の湖岸を走っていると、雨が弱まってきた。若干の晴れ間も見える。アレレ、どういうことだ……。釈然としない気持ちのまま、岡谷のチェックポイントに到着した。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。