BRM509興津600 プロローグ

600kmブルベは苦手だ。

過去3回参加し、完走できたのは僅か1回だけ。失敗した2回の原因は以下である。


 ・群馬600安房峠
  →残り50kmでブルベカード紛失。認定外完走。
 ・たまがわ600木崎湖
  →スタートから大雨でやる気喪失。100kmリタイヤ。

  
「キャノンボールを達成していれば600kmなんて普通に完走出来るんじゃ?」と言われるが、話はそう単純ではない。キャノンボールとブルベでは決定的な違いがある。「走る日を選べないこと」である。

勝手なロングライドなら条件の良い日を選べばよいが、開催日時の決まったブルベではそうも行かない。そして600kmともなれば、ほぼ必ずどこかで雨が降る。それに獲得標高も多めに設定されているため、確実に睡眠を入れる必要がある。


 ・天気への備え
 ・睡魔への備え


 
こういった特有のノウハウが求められる。同じロングライドとは言え、キャノンボーラーが600kmブルベを完走できるとは限らないのだ。

-----

例年ならば、600kmブルベは避けている。SRは取れるなら欲しいものの、そこまでの拘りは無い。やはり苦手意識が先に立ってしまう。

しかし、今年は避けて通るわけには行かない。今年の目標である「PBP(パリ・ブレスト・パリ)出場のためには、当年のSR取得が条件となるからである。しかも、期限が厳しく、6月前半までには取得しなければならない。

最近は雨天走行にも慣れたとはいえ、出来れば雨の中は走りたくない。となると、梅雨に入る前の600kmブルベを狙う必要がある。しかし、5月は自転車イベント目白押し。既にエントリーしてしまったイベントが幾つもあり、出場出来そうなのは1つだけであった。


BRM509神奈川600興津。

従来は沼津出発だったが、諸般の事情により現在は興津の「駿河健康ランド」発着となっている。沼津時代のコースをほぼ踏襲しており、飯田線沿いに北上し、安曇野で折り返し、身延線で南下してスタートに戻ってくる600km。難易度はそこまで高くないとされ、人気のあるコースだ。


出来れば400km以上のブルベは家の近くから出発する「R東京」「AJたまがわ」のブルベで取得したいと考えていた。これはやはり睡眠時間確保の問題から。スタート地点が近ければ近いほど、直前まで寝ていられる。ゴール後もすぐに寝られるのは大きい。

今回エントリーした興津600は、家から150km以上離れた「駿河健康ランド」発着。スタート前は前泊出来るし、ゴール後は風呂+仮眠をしてから帰ることが出来る。移動費+宿泊費は痛いが、条件的にはかなり良い。

天気予報をこまめにチェックしつつ、久々の600kmブルベを迎えることになった。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR