スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Fleche2015 ゴール受付&懇親会編

ゴールをしても、受付をしなければ認定とはならない。ゴール受付開始は8:30からなので、まだ2時間程度余裕がある。

恐らく、30分遅れでスタートした「二本橋」チームもそろそろゴールするはずなので、「7時まで元標前で待とうか?」と話していたのだが。Twitterを確認すると、こんな書き込みが。


なんと、途中までは余裕で先行していたはずの「二本橋」チームが、時間内に日本橋まで走ることを諦めた模様。一体何があったのか調べてみると、どうやらHideさんが落車していたらしい。沼津で彼らが止まっていたのは、パンクではなく落車だったということだった。昨年、落車で完走すら危ぶまれた身としては、人事とは思えない。大事は無かったようで、一応走り続けてはいるようなのは不幸中の幸いであった。

Flecheは先頭を引く時間が5分の1で済む一方、トラブルの確率は5倍になる。我々のチームはほぼノートラブルだったのに対し、「二本橋」チームはパンクも多かったらしい。やはりFlecheは難しい。


CC6PPUIVAAACgu1.jpg

「二本橋」チームの到着を出迎えるのは諦め、リフレッシュのために秋葉原の銭湯「江戸遊」へ。しかし、入場は7時までで入れず。あと30分早く来ていれば……!仕方ないので、受付までの時間を神田のデニーズで過ごすことに。全員、凄い勢いで食事を平らげる。チャリモさんは定食を2食も食べていた。一応ゴールではお弁当が出るはずなのだが……。

  チャリモ「きっと去年みたいに量は少ないでしょ。
       大丈夫、大丈夫」

       
ふぃりっぷさんは食べ終わると即寝落ち。私も10分ほどウトウトさせてもらった。
       

08:15、ゴール受付兼懇親会の会場である「ルポール麹町」へ移動開始。先頭は土地勘のあるふぃりっぷさん。神田から麹町に向かうには皇居の周りを走る。日曜の朝なので、自転車乗りも多い。ゆっくり走っているはずの彼らに、簡単に追い抜かれる我々。さすがにもう力が残っていない。


8:30、予定通りにルポール麹町に到着。一昼夜走ってきたままの格好で入るのが躊躇されるくらい綺麗なホテルだ。

KIMG1332.jpg 
自転車を指定された駐輪場所に置いていると、二本橋チームがやってきた。24時間の地点は鶴見(519km)。タイムオーバーしてからも走り続け、25時間台で日本橋まで走ったとのこと。あれだけのトラブルがあってそこまで走るのは素直に凄い。


CC6nGKNVIAArSCo.jpg 
受付でスタッフの方にレシートとブルベカードを渡そうと思ったのだが、今年はブルベカードはセルフ記入とのこと。懇親会の会場でカードの記入を行い、全員分を纏めて提出。これでようやく全ての手続きが終わった。


KIMG1333.jpg 
落ち着いて、弁当を食べる。なお、チャリモさんはやはりファミレスで食べ過ぎたらしく、弁当を食べきるのに苦戦していたw

ほどなくして、今回のFlecheに参加した各チームの挨拶が始まった。今年も昨年同様に天気に恵まれ、雨に降られたチームはほとんど無かったようだ。西側スタートのチームは概ね追い風に助けられて楽な行程だったのに対し、北側スタートのチームは大変だったらしい。強烈な南風で、3時間で40kmしか進まなかったそうだ。Flecheは「矢のごとく」一方向に走ることが望ましいとされている。風向きに嫌われると厳しいな、と改めて思ったのだった。

今回の懇親会での挨拶順は、認定距離順ではなく申請距離順だったため、我々のチームがトリから二番目、「二本橋」チームがトリであった。だが、今年も昨年から2年連続で最長距離認定だった点はちょっとこの場でアピールしておきたい。

-----

懇親会が終わり、三々五々解散。それぞれの帰路へ着いた。

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。