スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

本州一周TT プロローグ

2013年秋。「青森⇒東京」のチャレンジを終え、しばらくロングライドから離れていたある日のこと。チャリモさんが不意にこんなことを言い出した。

  「本州一周やろうぜ。年末年始で。
   日本橋出発で日本橋に戻ってくるやつ。3500km!」

  
何言ってんだこの人は。
  
  「1日400km走れば9日あれば走れるよ。」

1日400km。ワンデーならまだしも、何日も連続で走るなんて非現実的な話だ。第一、冬の東北なんて雪で走れたものではないはず。まぁ、たぶん彼なりのジョークなのだろう。軽く流すつもりで、こう切り返した。

  「年末年始とか、東北は雪だから無理でしょ。」

  「……じゃあ、
    雪が降ってなければいいんだね?」

  「お、おう……」
  
やられた。最初からこれが狙いだったのか。

こんな数回のやり取りで3500kmを走る謎イベント「本州一周TT」にエントリーが決まった。200、300、400、600kmを当年に走らないと参加できないPBPに比べて、あまりにもあっさりと3倍の距離を走ることになってしまったわけである。

-----

本州一周といえば、大学生が夏休みを丸々使って走るようなコースだ。東京⇔大阪にしろ、日本縦断にしろ、既にファストランとして走っている人は大勢いる。しかし、本州一周をファストランで走ったという話は聞いたことがない。

開催は2014年のGWと決まった。幸か不幸か曜日の並びはよく、一般的なサラリーマンならば2連休を取得出来れば11連休(!)となる。9日はさすがに無理としても、10日ならば1日350km走れば完走できる。かなりキツいが無理とは言えないギリギリの数値だ。

  「もしかしたら行けるかも……」
  
可能性が示されれば、実現に向けて検討をするのがロングライダーの性(さが)。本番に向けて、走行計画や装備を煮詰めて行ったのだった。

-----

honsyu.jpg

本州一周TTのレギュレーションは以下の通り。

 ・東京をスタートし、半時計周りに本州を一周して東京に帰ってくる。
  (TTはTokyo to Tokyoの意もあるとかなんとか)
 ・ルートは、一桁国道準拠。
  ①国道4号(東京→青森)
  ②国道7号(青森→新潟)
  ③国道8号(新潟→京都)
  ④国道9号(京都→門司)
  ⑤国道2号(門司→大阪)
  ⑥国道1号(大阪→東京)
 ・9日以内で達成、9日以上で完走とする。

ブルベと違って厳密なキューシートは無く、必ず通らなければならない場所も無い。「大体一周していればOK」という緩い縛り。ただ、距離は全く緩くない。短めに引いたとしても、3400kmを超えてしまう。

果たして、この距離を10日間で走ることが出来るのだろうか?

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。