Fleche2014 懇親会

せっかく走り終えても、ゴール受付をしなければ認定とはならない。


fleche93.jpg
しばし元標前でダラけた後、東京駅から横須賀線で鎌倉を目指す。十分に時間はあるので、輪行のパッキングものんびりと行う。

電車に乗った途端に全員爆睡。気が付くと鎌倉駅だった。ここでものんびりと自転車を組み立てた。


海沿いのR134をパレードラン。日曜朝の海岸沿いはローディーが多く、次々と自分たちを追い抜いていく。Flecheの最中は追い抜くばかりで、追い抜かれたことは無かったのだが、もう急ぐ必要は無いのだ。ゆっくりと、ゴール受付地点の鎌倉プリンスホテルを目指す。


fleche94.jpg
鎌倉プリンスホテルの入口には「Fleche」の文字。AJ神奈川スタッフの井手マヤさんに歓迎を受ける。


Cimg7998.jpg 
そして写真を撮って頂きました。


fleche95.jpg
駐車場には全国から集まった参加者たちの自転車が所狭しと並べられている。ここでようやくゴールした実感が沸いてきた。

個人的には3回目となる今回のFleche。前々回はリタイヤ⇒認定外完走。前回は認定されたものの、本来のゴール70km手前でストップ。こんなに晴れやかな気持ちでNice Placeに辿り着いたのは今回が初めてだった。落車で諦めなくて、本当に良かったと思う。

-----

ゴール受付も無事終了。527kmの距離が認定された。今年のFlecheの最長距離とのこと。嬉しい。

そしてここで、キクミミさんはとんぼ返り。なんでも、群馬の某ショップの試乗会のゲストに呼ばれているんだとか……寝ずに走ってそのまま試乗会のゲストって!!芸能人もびっくりのハードスケジュール。さすが皆のアイドルであった。


fleche96.jpg
ゴール受付が終われば、お待ちかねの懇親会の始まり。全国から集まってきたランドヌールが一堂に会す。言うなれば変態大集合の場。

色々な人から話を聞いてみると、どのチームも大きな天候の崩れは無く、しかも追い風の区間が多かったと言う。去年、一昨年は天候が荒れたことを思うと、今年は当たり年だったということだろうか。


fleche97.jpg
懇親会では、特徴のあるチームを主催者が紹介するというイベントも。もっとも高齢なチーム、女性だけのチーム(ランドヌーズ大奥)、もっとも遠方(和歌山スタート!)などなど。そして、私たちのチームも最高距離ということで紹介を頂いた。

認定527km。どうやら、2012年の「Fleche Japon(604km)」に次ぐ、国内Fleche歴代2位の距離らしい。信号の多い、日本の三大都市圏を抜けての527kmなので、これはかなり頑張ったほうだと思う。

同時に、「東京~大阪を24時間以内に走る」というチャレンジが、公的に認定されたという事実が個人的には嬉しかった。これまでに2度、東京~大阪間を24時間以内に走りきってはいるが、あくまで個人的な挑戦。公的な認定を受けるというのは、また別の感慨があった。

まもなく懇親会もお開きになり、それぞれの帰路へ。

Fleche2014、(落車はしたけど)無事終了。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR