Fleche2014 本編⑧元箱根~GOAL1:茅ヶ崎

夜の箱根旧道ダウンヒルは相変わらず怖い。走り屋の出現する時間にはまだ早いものの、黒いブレーキ痕が不安を煽る。ライトを全点灯し、慎重に下った。

旧道を下り切った所の、セブンイレブン箱根湯本店で作戦会議。箱根は80分で登る想定だったが、90分掛かっている。加えて、芦ノ湖でコンビニに寄ったこともあり、30分程度足が出てしまった。日本橋まで、あと94kmで残り4時間10分。必要なAveは22.3km/h。ギリギリだ。

気がかりなのはチャリモさんの体調である。残りのメンバーの余力を考えると、日本橋到達は可能だと思われる。しかし、箱根でのチャリモさんを見る限り、そこまでの余力は無さそうだ。

こうなると、選択肢は2つ。

 「最後まで5人で走って出来うる限り距離を伸ばす」
 「4人で走って日本橋到達を目指す」


フレッシュで多くのチームが直面するであろう問題。仲間を優先するか、目標を優先するか。

個人的にはチームの目標を優先すべきだと考える。フレッシュでは5人中3人がゴールすればよい。言い換えれば、2人までは見捨てることが可能だ。

ただ、今回は落車の件などで時間を使ってしまった負い目がある。さらに、チャリモさんにはパンクの修理もしてもらった。ここで見捨てて先に行けるほど、私もドライでは無かった。

 「チャリモさんどう?日本橋まで行ける?」

結局、判断は本人に委ねることにした。ここで「無理」との答えが返ってくれば、目標を下方修正しようと思っていたのだが。

 「行く!!」

と即答。顔は疲れきっているが、まだ瞳の奥には闘志が感じられる。

 "全員で日本橋を目指す!"

作戦は決まった。そうなれば、うかうかしては居られない。さっさと出発し、まずは申請上のゴールである茅ヶ崎を目指す。

午前2時を過ぎていることもあり、車はほとんど走っていない。走行風は期待できないが、渋滞も無い。小田原~国府津~大磯と快調に歩を進める。R134に入ると、キクミミさんとふぃりっぷさんの引き。この期に及んで40km/h近く出ている。やはりこの二人、強い。

真夜中のR134を駆け抜け、セブンイレブンに飛び込んだ。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR