スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

東京→糸魚川ファストラン2013 ④CP3:黒姫~GOAL

12:01、CP3: セブンイレブン信州信濃町穂波店に到着。Mさん、ざくさんの姿は無い。着いて早々、サポートメンバーに声をかける。

  「先の2人はいつ出ました?」
  「2分くらい前かな?」


2分くらい前に出たということは、7分くらいまえに来たと言うこと。既にそれだけ離されたか……この時間にこの場所にいる人はまだ少ない。トレインもほとんど出来ないはずだ。これは追いつくのはもう難しい。そうと決まればゆっくり休む。コンビニで大量に補給を買って休憩を決め込む。10分くらいは休んでいこう。膝が痛むこともあり、ストレッチを入念にやっておく。


10分ほど休んで出発。これでゴールまではチェックポイントは無し。さて、頑張るか……と思ったその時。

  プシューーーーー

後輪から空気の抜ける音。なんてこった、下ろしたてのGP4000チューブラーがたった200kmでパンクなんて……。このタイヤは装着するのが大変なことでも有名。値段も安くない。シーラントも入れていたのに役に立たず。パンク一発で1万円が飛ぶチューブラーは、やっぱりロングライドでは使えないな、と思った。


運が良いのか悪いのか、パンクしたのはCP3のすぐそば。歩道を引き返し、サポートカーに駆け寄る。

  「すいません、ホイールお願いします!」

今回、ありがたい事にサポートカーにはMAVIC KSYRIUM ELITEが積まれていた。一応、パンク時用にFastRepairと言うチューブラー用の修理剤は持っていたが、この距離ならばホイールごと交換した方が早いと判断して引き返したのだ。付いているスプロケットはSHIMANO 10s。自分のマシンには問題なく使える。付いているスプロケも11-23Tだが、ココから先は下りと平地。むしろ、平地でギヤが選べるクロスレシオはありがたい。

速攻でホイールを交換し、サポートメンバーにお礼を言って出発する。この時点でスタートから7時間が経過。あと90kmを4時間以内に走れれば、とりあえずは目標の11時間は達する。ここから直江津までの50kmはひたすら下り。あとはなるべく膝を痛めないように走るだけだ。


野尻湖を越えた辺りで、タンクトップのローディーを抜かす。同時に後ろにピッタリと着かれる。下り基調ながら向かい風であり、「まぁ風除け欲しいよね」ってことで知らん顔をして前を引く。一応、向かい風は得意分野なので。

時々、川を越えるために橋の上を走るわけだが、横風が辛い。後輪はリムハイトの低いキシリウムになったが、前輪はリムハイト60mmのディープ。横風の煽りをモロに受ける。Flecheの時のMiagiくんはもっと大変だったのだろうなぁ……と思いつつ、上半身で無理やりホイールを押さえ込んだ。


下り始めてから間もなく1時間が経過。タンクトップの人は未だ後ろにピッタリと着いている。普段、後ろに着かれても対して気にしないのだが、今回ばかりはそろそろ前を代わって欲しかった。


 ……オナラができねぇ!!


どうしてもロングライドというのは腹にガスがたまる。後ろに居なければ、気にせずそこで出してしまうのだが……。向かい風の下りで後ろに着かれていれば、当然直撃は必至。軸をずらしても着いてくるし。さすがに直撃させるのは悪いなぁと思って耐えていたが、一時間も経つと我慢の限界であった。信号が赤になったタイミングで前に行かせ、腹圧を解放する。……が、タンクトップの人は単独だと下りが遅く、すぐに追いついて前に出てしまう。で、後ろに着かれて以下繰り返し。あー、もう!


「乙吉」という交差点まで下ってきた辺りで左折。正規ルートだともう少し先で曲がるのだが、こちらもショートカットルート。こちらに曲がってしまえば後ろは着いて来ないはず……と思ったら着いてきた。さてはコイツ、ルートを覚えずに、前の人に着いて行ってるだけか!

ここまでのルートは去年走ったのと同じだが、このショートカットを使うのは初めて。携帯でルートを確認する路肩に停止。その間にタンクトップの人は行ってしまった。さよなら~……道解るのかな?

細い道を抜け、R8に合流する。その間にタンクトップの人に追いついて抜かしたが、今回は着いてこなかった。ここまで来ればあと40km、ひたすら海岸線の平地TTである。去年はここでトレインを組めたのだが、今年は一人。下ハンドルを持って頑張るしかない。時々、脚が攣りそうになるため、芍薬甘草湯を流し込む。膝の痛みも相変わらず続いているため、信号で止まったタイミングでストレッチを入れた。


最初は向かい風だったものの、暫く行くと追い風基調に。ここに来て、スピードはメーター読みで37km/hを指していた。

……あれ、これ10時間半切れるんじゃないか?

残り距離は30km。経過時間は9時間45分。あと1時間15分で30km走るのは決して不可能な数字じゃない。下ハンドルを握りなおし、再びの巡航体制。これで後は速いトレインでも来てくれれば……と思うが、結局最後まで誰とも会うことはなかった。

糸魚川市街に差し掛かったところで、進路を北へ。これで後3km!ここで、一台のハイエースに抜かされた。うちのチームのサポートカーだ!手を振って、応援に応える。そしてその勢いのまま、ゴールである「ホテル国富アネックス」に飛び込んだ。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。