東京→糸魚川ファストラン2013 ①START~CP1:岡谷

936320_202641889882953_1113813354_n.jpg

我々のスタートは朝4:55。同じウェーブには知った顔も多い。この後のウェーブで出発するキャノンボーラーのしるえらさんも見送りに来てくれた。人数が多いということで、4:55組と4:57組に分けてスタートすることが直前に伝えられる。我々のチームは全員4:55発だった。


-----


4:55きっかりに万力公園をスタート。まずは雁坂みちを降りる。ここは下り基調なのでスピードは乗るのだが、あえて先頭に出て40km/h程度に抑える。いきなり50km/h巡航をされては堪らない……と考えていたら、我慢できなくなったMさんがスッと前に出る。速いって!w

順路通りであれば十郎橋で曲がってR20に合流するはずだが、前の人達はそのまま直進してしまう。アレ?と思ったけれど、誰も曲がらないので着いて来てしまった。若干登り基調の道だが、千切れ無いように頑張る。そういえば、この道は何か見覚えがあるな……と思ったら、サコライドW善光寺で通った道であった。山梨の善光寺がすぐ近くに見える。これから長野を目指すわけで、今日もW善光寺の前を通ることになる。

双葉IC脇からR20に合流するわけだが、その前の小さな丘でMさんがアタック的な動きを見せる。そこで脚をかなり使ってしまう愚行。Mさんとざくさん、登りでは2人のペースに着いていけない。まだスタートして20kmも走っていないのに、これはヤバイ。

R20に合流すると、本格的に我がチームのトレインが稼動。序盤のうちは自分もローテーションに加われたが、ナチュラルに速いMさんと、エアロバー装備のざくさんに着いていくのが難しい。ローテーションに加われない時間が続く。


韮崎に入り、旧チェックポイントである「まるのや」前を抜ければ序盤の難所、富士見峠のはじまりだ。ただ、ここで後ろで脚を貯めていた他チームが一気に抜いていく。

  「さんざん利用してこの仕打ちかよ!w」

と声が漏れる。まぁ冷静に考えれば勝手にローテしてただけなので、他のチームが悪い事をしてるわけではまったく無いのだが。そんな力があるなら少し前を引いてくれてもなーと思ったりもした。

富士見峠への緩いアップダウンでも、Mさんとざくさんのスピードが緩まない。チームカーが先回りして写真を撮ってくれていたが、後で写真を見返すと自分は後ろでうな垂れてるだけ。正直一杯一杯。やはり体重が重すぎるのか(83kg)、登りでは相手にならなかった。


緩い区間は終わり、180度のUターンから富士見峠の登りの本番が始まる。ここまでアウターで頑張ってきたがインナーに落とそうとしたところで、

  ガコッ

チェーン落ち。路肩に止まって直そうとするが、中々上がってくれない。チェーンキャッチャーをつけてもあまり意味は無かったようだ。何とか復旧したものの、チームメイト二人は遥か先に行ってしまっていた。辛うじて遠くに見えているが、追いつくのは厳しい。元々、全編着いていけるとは思っていなかったし、ここで千切れるのも止む無しと判断……しようと思ったが、視界に見えているのに千切れるのは悔しい。……やれるところまでやってみるか。

ギヤはインナーのまま、回転数を上げて富士見峠を駆け上がる。多分、前週にふぃりっぷさんと登った時よりも速い。かなり本気モードで登っていると、何とか2人の背中が近付いてくる。普通にやって追いつけるはずも無いので、多分ペースを落としてくれていたのだろう。峠手前で何とか追いつき、下りでは再びトレインに戻る。

一気に峠を駆け下り、トンネルを抜ければ諏訪湖だ。諏訪大社の前を抜け、順路とは少し違う道を通る。そしてここで、物凄い勢いで追いついてきた人がいた。アンディ・ウッド氏。一昨年まで3年連続優勝をしていた「Mr.糸魚川」。昨年は一番時計を奪われたため、今年はリベンジに燃えているようだ。

好戦的なMさん、ざくさんの2人は果敢にアンディトレインに着いて行くが、こちらはそんな元気はない。湖畔の道で信号スタートと同時に千切れた。とはいっても、次のチェックポイントは目の前だ。すぐに追いつくだろう。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR