伊賀越えルート(関~関目)

鈴鹿峠を通らず、関から大阪までをほぼ一直線で結ぶコースです。R163~R25を使う、いわゆる非名阪と呼ばれるルートで、伊賀の里を越えます(ちなみに、主ルートでは甲賀の里を越えます)。
距離の大幅な短縮を見込める上、車も少ないですが、アップダウンは多く道路の舗装も良くないのが特徴です。特に、加太駅周辺の区間には二桁国道にも関わらず、未だダートが存在していることでも有名です。夜にこのルートを使うのは避けるのが賢明でしょう。





■メリット
・主ルートより距離が20km短い。
・信号が少ない。
・交通量も少ない。

■デメリット
・名物、加太のダート。
・路肩が狭い&大型トラックが走っている。
・アップダウンが多い。
・補給所が少ない。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

【ポイント】新所町交差点
関駅の前を過ぎて、R1とR25に分岐します。直進すると主ルート、左折すると伊賀越えルートの始まりです。ここから少しずつ上り始めます。


【ポイント】加太駅手前の踏切
JR関西本線の踏切を越えます。月に一度メンテナンスのため運休するほどの赤字路線であるため、可能性は低いですが、運悪く引っかかる可能性もあります。


【ポイント】ダート区間
関西本線の下を通るトンネルを越えてしばらく行くと、路面の状況が悪くなり、最後にはダートになります。この近くには採石場があり、大きなダンプが走り続けて舗装が剥がれてしまったと言われています。
乗って越えることも不可能ではないですが、完全ダートの区間は約200mと短いのでパンクのことを考えると歩いた方が良いです。


【ポイント】伊賀IC付近
加太のピークから下り、昭和シェルの先でT字路に行き当たります。ここを左折した後、すぐ後ろに入り、そのままR25の旧道を行きます。


【ポイント】印代交差点~小田西交差点
伊賀上野駅の手前、「印代」でR25は左折しますが、そこを直進します。R25方面に行ってしまうと伊賀上野の中心部に行ってしまい、遠回りです。「小田西」(ローソンがあります)でR163に合流します。


【ポイント】月ヶ瀬周辺
小さいですが、丘越えが4連発します。その後も、清滝トンネルへの上りが残っています。体力配分に注意。


【ポイント】上狛四丁目交差点
「上狛4」で綾鷹で有名な京都福寿園を右手に見ながらT字路を左折します。すぐに木津川を越えます。


【ポイント】木津交差点
木津川を渡りきったら、木津交差点を右折します。道は細いです。「川ノ尻」でR163に合流します。


【ポイント】清滝トンネル前
清滝トンネルの手前にR163への分岐があります。左に曲がると清滝峠を越えるR163に入りますが、標高も高く、距離も伸びるので、清滝トンネルを通ります。清滝トンネルは自転車通行不可ではありませんが、左側に広い歩道があるので、そちらに入ったほうが賢明です。


【ポイント】清滝トンネル後
清滝トンネルを出て、しばらく下るとR163方面と清滝峠方面への分岐があります。R163は自転車通行不可となるので、側道の清滝峠方面へ行ってください。


【ポイント】楠公里交差点
「楠公里」を過ぎると、陸橋部分をアンダーパスで抜けられる箇所があります。青看板で「R163 大阪門真」と出ているので、ここを入ります。直進禁止の場所なので多分間違えないはず。

【ポイント】関目5交差点
「関目5」で左折し、主ルートに合流します。


(伊賀越えルート・完)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR