スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

真・R246ルート(戸塚~東田子の浦)

箱根を回避するルートです。戸塚から長後街道でR246へ。そこから御殿場を回って沼津に至ります。

長後街道~R246ルート(戸塚~沼津)との差は、桃園トンネルまでR246で行き、そこから側道に降りてR246に復帰する点です。そのまま富士バイパスに入り、東田子の浦で主ルートの復帰します。左記のルートよりも3.5kmほど短縮になります。@uscar_fさん提案のコース。





■メリット
・獲得標高はR1ルートに比べて-300m、箱根旧道ルートに比べると、-200m。
・インナーが必要な登りがない。アウターのみで行ける。
・下り距離が長く、直線でのダウンヒルのためスピードが乗りやすい。

■デメリット
・距離が長い。R1ルートとほぼ同じ。箱根旧道ルートに比べると+5.0km。
・R246は路肩が狭く、走りづらい。
・白線の上にデコボコのある区間あり。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

【ポイント】長後街道入口
戸塚の踏切を越えた後、「バスセンター前」交差点を右折。長後街道へ。


【ポイント】用田
「新用田辻」交差点で突き当たりを左折し、すぐに「用田」を右折。K22で道なりに行き、R246と合流。


【ポイント】松田駅周辺
R246のバイパスその1。「新籠場」から先のR246は自転車通行禁止なので、その一つ先の「籠場」交差点を右折。K72で「庶子」でR246に復帰。


【ポイント】駿河小山駅周辺
明確な交差点名は無いが、Y字路になっている交差点(「静岡県にようこそ」の看板あり)を左手に行く。K394で御殿場方面へ。このまま沼津までK394で行くことも可能だが、適当な場所でR246に復帰。K394よりもR246の方が道幅も広く、舗装もよくて走りやすい。


【ポイント】桃園トンネル
R246をそのまま降りていくと、「桃園」交差点周辺で自転車通行不可となり、担ぎで階段を降りる。暫くR246の高架沿いに走る。


【ポイント】花園橋交差点
右折する。


【ポイント】富沢南交差点
ここの辺りで遮音壁が途切れており、R246に復帰可能。マクドナルドが道の対向車線に見えるのが目印。


【ポイント】沼津IC南陸橋
陸橋だが、自転車通行不可の標識なし。裾野バイパスの上を越える。しばし道なり。


【ポイント】共栄町交差点
沼津バイパスに合流した所で右折。沼津バイパスは自転車通行可。


【ポイント】中里西交差点
沼津バイパスならどこでも良いが、左折してK380に合流する。自分の場合は「中里西」(ガソリンスタンドが目印)を左折し、東海道本線の線路を越えて主ルートに復帰する。


(調査日: 2012/10/06)

(真・R246ルート・完)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。