スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

富士由比バイパスルート(由比~興津)

富士由比バイパスを走るルートです。このコースは一例として挙げますが、推奨は致しません。

主ルートでは、寺尾交差点~新興津川橋までの区間は富士由比バイパスを通らずに、太平洋自転車道を行くことを推奨しています。ただし、富士由比バイパスのこの区間には明確な「自転車通行不可」の交通標識がありません(恐らく自治体が設置した自転車は太平洋自転車道を走れ」的な看板はありますが)。

RIMG5979.jpg 

寺尾交差点より北側には明確な自転車通行不可標識があります。

RIMG5981.jpg 

また、富士由比バイパスの各所には「歩行者・軽車両(静清バイパス)この先 XXXm」という規制予告標識があります。規制予告標識は、「交通規制が前方で行われている事を予告する」標識であり、この標識の設置場所は規制対象ではありません。また、「静清バイパス」と書いてあることから、「新興津川橋を越えた先の静清バイパスから自転車は通れない」と言うことです。距離の表示を見ても、静清バイパスの始点と、規制の開始場所は合致しています。


以上より、「寺尾交差点~静清バイパスの入り口までの富士由比バイパスは、自転車通行不可ではない」と解釈することが出来ます。AJ神奈川のキューシート(沼津600)を見ても、この区間は「側道の走行を推奨」「新興津川橋先で静清バイパスへ入らないこと」とあります。

ただし、この区間は大型車がひっきりなしに走る区間なので、太平洋自転車道を走ったほうが賢明と言えます。当ブログでは主ルート(太平洋自転車道)を推奨いたします。





■メリット
・歩道を通らないのでスピードが出せる。
・砂や石が大量に落ちている太平洋自転車道を通らなくて済む。

■デメリット
・路肩は広くない。
・交通量が多く、危険。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

【ポイント】「寺尾」交差点
寺尾交差点を渡り、車道を走行します。歩道に入るように求める看板がありますが、これは正規の標識ではありません。

【ポイント】新興津川橋
この橋は路肩が非常に狭いです。橋の手前にガードレールの切れ目があるので、ここから太平洋自転車道に入ることをオススメします。橋をそのまま車道で越えた場合は、青看板の「R52 甲府 身延」方面へ左折して主ルートに合流します。直進するとそのまま静清バイパスに入ってしまうので必ず左折してください。


(調査日: 2012/11/2)

(富士由比バイパスルート・完)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。