スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Fleche2017 準備編

「AR日本橋」主催のチームブルベ、「フレッシュ日本橋 2017」に参加してきた。

2016年は参加していないので、2年ぶりの参加となる。AR日本橋主催としては過去最高の43チームが参加し、30チームが完走。天候には恵まれなかったが、非常に盛り上がるフレッシュとなった。

-----

2015年に「ロードバイク以外で大阪→東京フレッシュ」と言う、ある意味極北なことをやってしまい、燃え尽きてしまった感がある。それで、昨年はフレッシュには参加しなかった。

しかし、2017年1月。フレッシュ参加にお誘いを頂いた。

声を掛けてくれたのは、宮城1000で一緒に走ったNAOさん。BAJ2400(日本縦断ブルベ)や、PBPもクリアしている猛者だ。昨年もフレッシュに参加しているが、残念ながら証跡の不備によって認定されず。今年こそ初のフレッシュ認定取得を狙っているらしい。

フレッシュは辛いことも多いが、非常に面白いブルベ。久々に参加してみようと思い立ち、承諾の返事をしたのだった。

-----

フレッシュはチームで走るブルベである。最低3人、最高5人のメンバーを揃えなければならない。

言いだしっぺのNAOさんが私以外のメンバーにも声を掛けており、以下の4人でチームを結成することになった。

 ・NAOさん (@i7015)
  →BAJ2400、PBP2015完走。今回のリーダー。
 ・はるさん (@KSR1450)
  →台湾やタイなど海外でのブルベ経験あり。台湾版キャノボ「一日双塔」を達成。
 ・コトノハさん (@Nd2CuO4)
  →PBP2015完走。東京大阪キャノボを達成している。
 ・baru (@barubaru24)
  →フレッシュは5回目。今回はルート設計担当。
  
今回のメンバーは、私を除いて国内フレッシュの完走経験が無い。NAOさん&はるさんは昨年同じチームで最後まで走ったが、前述の証跡の不備によって認定されなかった。今回のフレッシュが認定となれば、NAOさんとコトノハさんは「ランドヌール5000(※)」の要件を満たすことになる。何事も無く完走し、彼らが認定を得られるようにサポートをしようと思ったのだった。


※ランドヌール5000

ブルベの主催団体ACPが認定する称号で、4年間の間に所定の条件を満たすと授与される。PBPやフレッシュを完走している必要がある。



-----

フレッシュのユニークな点は、チームごとにルートを決められる点である。

ルート担当は私。前回まではチャレンジングなコースを設定してきたが、今回はなるべく認定が取りやすく、観光名所を通る楽しいルート設計を心がけた。




そして出来上がったルートが「伊勢帰り」

 ・スタート前日は伊勢を観光。
 ・鳥羽から伊勢湾フェリーに乗船し、優雅なクルージング。
 ・伊良湖岬では、名物の巨大アサリを食べる。
 ・御前崎では、「地球が丸く見えるん台」で海を眺める。
 ・焼津では、新鮮な海の幸を食べる。
 ・新トンネルが開通したばかりの大崩海岸を通り、海の上を通る橋の風景を堪能する。
 
その後はお約束の箱根越えからのキャノボルートだが、静岡県内はなるべく観光要素を盛り込んだ。距離は370㎞と、ほぼ最低限の距離。大きな峠も箱根のみ。参加メンバーの脚力を考えると、かなりリスクの低いルートと言える。

ルートの審査も問題なく通り、あとは開催日を待つのみとなった。


(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Fleche2017 前日編

スタート前日。新幹線と在来線を乗り継ぎ、伊勢入り。


ise.jpg

天気は生憎の雨であり、翌日の予報も雨。自転車には前後の泥除け、雨具も持っている中で一番強力なものを持参した。


yamamoto.jpg

伊勢での観光予定は特に立てていなかったが、いつも通り現地の老舗自転車店に行ってみることに。立ち寄った「ケーケー山本自転車店」は創業108年を迎える国内屈指の老舗。

以前のランドヌ東京のブルベ「伊勢1000」の際に参加者が立ち寄ったとのことで、店員さんもブルベをご存じであった。話題は自然に、明日出発のフレッシュに。

 「明日は伊勢湾フェリーに乗って伊良湖に行く予定なんです。」

それを聞いた店員さんの顔が曇る。どういうことだろう。

 「うーん、今日のこの天気だと、もしかしたら欠航かもしれませんよ。
  濃霧や風だとフェリーが出ないこともあるんです。」

  
なんと、そんな可能性が。さすがに欠航までは考えていなかった。そうなった場合、ルール上はどうなるのだろう。緊急回避で、陸路を取って名古屋周り? しかし、それでは距離が……。まぁ、地元のライフラインだろうし、そうそう簡単には欠航には至らないだろう。

この時点では、割と楽天的に捉えていたのだが、いささか心の隅に引っかかりも残っていたのだった。

-----

夜。ホテルでチーム会議を行った。今回は全員が同じホテルを予約していたので、ロビーでの会議となった。

「雨天であるので路面状況に気を付ける」と言った事や、道中寄る予定の場所などを確認する。雨ではあるが、皆当然のように走る気である。さすが鍛えられたランドヌール。踏んだ場数が違う。

そろそろ会議もお開きとなった頃、昼間に聞いたフェリーの欠航のことが頭をよぎった。

 「……多分大丈夫だと思うんですけど、一応。
  地元の自転車屋さんが"フェリー欠航もあるかも"と言ってました。
  一応、想定しておいてください。」

  
そして、その嫌な予感は現実のものになるのであった。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Fleche2017 本編①伊勢~鳥羽(15km)

スタート当日。雲は重く、今にも雨が降り出しそうだ。全員、最初から雨装備をフルで固めての出陣となった。


KIMG0256.jpg

4/8 8:00。伊勢神宮・内宮前にある「サークルK 伊勢内宮前店」でレシートを貰い、スタート。

間もなく雨が降り出す。前日から降ったりやんだりの天気で、既に路面はウェット。ウェット路面の場合、気をつけることが増えるのが厄介である。金属製のグレーチングや白線は滑りやすくなるし、路肩に異物が集まり、パンクしやすくもなる。

-----

フレッシュ特有の問題が、前走者の跳ね上げる泥水である。

フレッシュは「チームブルベ」であるので、一緒に走らなければならない。となると、先頭の走者以外は前走者のタイヤが跳ね上げた、泥を含む水しぶきを浴び続けることになる。

サイクルキャップを被っていれば、斜め上から降ってくる雨はツバの部分が防いでくれるが、タイヤが跳ね上げた水しぶきは下から来る。すぐにアイウェアが汚れてしまうのだ。それに、顔に水しぶきが掛かり続けるのは気持ちのよいものではないし、ストレスフルである。

こうした事態を防ぐため、うちのチームでは全員がフルフェンダーを装着。以前のフレッシュで泥除けの必要性を痛感した私からお願いして、事前に用意していただいた。その甲斐はあって、後ろについても飛んでくる水しぶきは少ない。この天気で泥除けを付けてきたのは大正解であった。

-----

さて、ここから目指すのは15km先の、鳥羽フェリーターミナル。愛知県の渥美半島とを結ぶ伊勢湾フェリーの港だ。フェリーの出港時間は9:20。20分前までに乗船手続きを終えなければならないので、1時間でフェリーターミナルに到着している必要がある。

伊勢市から鳥羽市の間には小さな峠があり、少々のヒルクライムとなる。ウェット路面のダウンヒルを終え、先頭でしばらく走っていると、後続のコトノハさん&はるさんが大きく離れている。どうやら、はるさんがパンクしたようだ。前日の作戦会議で「まさかフェリーに乗るまでにパンクしないよね?」と言っていたことが現実になってしまった。

この時点で8:45。残り1kmほどでフェリーターミナルとは言え、そこまで余裕は無い。しかし、そこは流石の早さでパンク修理を終えて復帰。8:55にはフェリーターミナルに到着することが出来た。

自転車を壁に立てかけて、向かうはチケット売り場。そこで、はるさんが「あっ!」と声を上げる。

 「やばい、アイウェアをパンク現場に忘れてきた……」
 「チケットは買っておくから、取りに行ってきて!」

 
そそくさとアイウェアを取りに戻るはるさんを見送る。では、その間にチケットを買おうと受付に向かった所……

 「大変申し訳無いのですが……
  本日濃霧で出港が見合わせになるかもしれません。
  9:10に最終決定を放送します。」

  
受付のスタッフの方の衝撃の一言に、言葉を失うチームメンバー。

そして、9:10。ターミナルに放送が流れる。

 「お客様にご連絡致します。
  本日、9:20の便は……
  濃霧のため、欠航致します。


スタートからまだ1時間。早速、DNF(リタイヤ)の危機が訪れた。


KIMG0259.jpg

どうなる、2017年のフレッシュ。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Fleche2017 本編②鳥羽フェリーターミナル

欠航が決定された、伊勢湾フェリーの9:20便。次の便は1時間10分後の10:30である。


*C82ceiWUMAA-mOP.jpg 
ここで、アイウェアを回収して戻ってきたはるさんを加えて、臨時チーム会議を開く。せっかくの空き時間を無駄にしたくないので、名物の伊勢うどんを食べながら。

ここまで来た以上、フェリーには乗りたい。1時間10分のロスは痛いが、うちのチームの走力(たぶん、全員24時間あれば500km走れる)があれば、なんとか巻き返すことは可能のはず。

結論は、「次の便までは待つ。それも欠航ならば陸路で迂回する。」ということになった。

-----

うどんを食べながら、窓の外の様子を眺める。霧は濃く、湾の入口すら見えない。店の方によれば、「ここ最近で最悪の霧」とのこと。風がほとんど吹いていないので、霧が散ってくれないらしい。

もしもの際に備えて、迂回ルートを検討しておくこととなった。通行止めの際の詳細な決まりがわからないので、AR日本橋の代表・坂東さんの番号に電話してみるも、残念ながら不在。確か、代表自身もフレッシュを走っているはず。なかなか繋がらないのは仕方ない。




迂回ルートは、基本的には元の申請ルートをなぞることが望ましいはず。私達のチームは、フェリーで伊勢湾を渡った後、御前崎を通るルートを申請していた。陸路で迂回した場合、まずは名古屋まで行き、東海道で潮見坂へ。ここで元のルートに合流することが出来るはず。ただ、そこまでの迂回距離は200km。かつて、フレッシュにおいてここまで長距離の迂回をしたチームは居ないだろう。

窓の外の様子を見ていると、少しずつ霧が晴れてきた。先程までは見えなかった湾の入口が、うっすらと見える。風が出てきたようだ。

  「これは行けるかもね!」
  「行けるといいですね~」

  
と話しながら、次の便に関する放送を待つ。

-----

そして、10:20。放送が流れた。

 「お客様にご連絡致します。
  本日、10:30の便は……
  濃霧のため、欠航致します。

  

一報を聞くや否や一斉に立ち上がり、自転車へと向かうチームメンバー。

海路は閉ざされた。ここからは陸路。1時間半の借金を背負い、いざ北へ。


(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Fleche2017 本編③鳥羽~名古屋(144km)

フェリーターミナルのロビーから出て、自転車まで戻る。外は既に雨が降り出しているため、雨具を纏う。

そんな中、リーダーのNAOさんが何かを手に持っていることに気づいた。土産売り場で何かを買ってきたらしい。


C82mFA_V0AAwW8y.jpg

  「伊勢海老せんべい。これを東京まで運ぶよ!」
  
他のチームメンバーは皆「やれやれ」という空気にもかかわらず、NAOさんは明るい。リーダーにして、チームのムードメーカー。30cmはあろうかと言う伊勢海老型のパッケージをサドルバッグに括り付け、フェリーターミナルを後にした。

-----

フレッシュのルールの中には、こんな一文がある。

 「同じルートを通ってはいけない」
 
出来うる限り一直線ルートを取ることが望ましいフレッシュならではのルールである。厄介なのは、鳥羽フェリーターミナルが袋小路のような場所にある点。北へ向かう主要道は、国道42号線しかないが、この道は伊勢から走ってきた道。既に通った区間を回避しつつ、北へ向かわなければならない。

どう見ても生活道路である裏道を繋ぎ、既に通った道を通り過ぎたところで国道42号線に復帰。「伊勢1000」に出場経験のあるコトノハさん以外は土地勘がまるで無かったが、「大きい道を行けばなんとかなるだろう」という事で、深く考えず先に進む。

二見浦駅のあたりまでは海沿いを走ることになるが、霧が凄い。一瞬、霧が晴れたように見えたが、この様子であれば欠航もやむなしと言った所だろう。内陸に入ってからは国道23号線に接続。バイパス的な道で、交通量は多いが路肩も広く走りやすい。雨も小康状態となり、借金タイム(※)を順調に返済していく。

※借金
ブルベでは、休憩を含めた平均速度が15km/hで制限時間が設定されている。
例えば、90㎞地点でのボーダーラインのタイムが6時間ということ。
90㎞地点までで7時間かかっていた場合、「借金1時間」となる。



四日市市に入ったところで、一旦休憩。雨具を着て走るのも暑くなってきたので脱ごうとしたが……雨雲レーダーを見ると、背後に大きな雨雲が迫っている。四日市を抜けるまでは雨に降られそうだ。休憩が終わると、予報通りに雨が降ってきた。脱ぎ掛けた雨具を再度纏って出発。

四日市の中心部で、国道1号線に合流。ここからは勝手知ったるキャノボルート。しばらくは私が先頭固定でルート案内をする。

四日市~桑名の区間は、路肩が狭く交通量が多い。時間も昼時なので、ロードサイドの店に入る車が多く神経を使う。そして、一番厄介なのが、木曽三川を渡る橋。車道は路肩があまり広くなく、歩道はスピードを落とさせるための段差が設けられている。しかも、記憶では、その段差部分は金属だったはず。雨は上がっているとはいえ、濡れた金属板の上は走りたくない。

西から木曽三川を越える場合、まずは伊勢大橋を渡る。この伊勢大橋、段差部分のみが金属だと記憶していたが、歩道全体が金属であった。これは雨の日にはちょっと通るのは難しい。車道を行くことにした。次の尾張大橋も、歩道自体はアスファルトだが、やはり金属板の段差がある。ここも車道で。

まもなく、名古屋。このまま天気が持ってくれると良いのだが……。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。