スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

PBP 2015 プロローグ

4年に一度開かれる1200kmブルベ、「PBP(Paris-Brest-Paris)」

この大会を説明する際には、しばしば「ブルベの最高峰」という言葉が用いられる。しかし「最高峰」とは一体何を指しているのか。距離なのか? それとも過酷さなのか? その意味を確かめるべく、フランスへ向かったのだった。

-----

PBPを意識し始めたのは何時だったのか、正確には覚えていない。

一番古い記憶は、2011年9月にカフェサコッシュで開かれた、三船雅彦氏の「PBP報告会」である。当時の自分は「東京大阪キャノンボール」を双方向で達成し、次の目標を探していた。そんなタイミングで知った海外の1200km。興味を持たないはずが無かった。

その後、2012年にはPBPをオマージュした「TOT(Tokyo-Osaka-Tokyo)」を主催。あのイベントも十分に盛り上がったが、本家PBPは比べ物にならない盛り上がりだという。年々、その興味は大きくなっていった。


(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PBP 2015 エントリー準備(2014年)

PBP前年である2014年から、出場に向けて活動を開始した。

PBPに参加するには、「開催年のSR(Super Randonneur)取得」が条件とされているが、確実にエントリーするには前年度から準備が必要となる。具体的には、先行登録(Pre-registration)の優先順位が前年度の実績によって決定されるのだ。
(開催年+前年のSR取得が登録条件と思っている人も多いが、それは間違いである)


今回のPBPでは、

 「2014年に完走したBRMの中で、完走したカテゴリの長い順に先行登録を可能とする」

とアナウンスされていた。つまり、2014年に開催された1000kmブルベの認定を取得した人は、もっとも早く先行登録出来るということ。次いで、600km、400km、300km、200kmの順に先行登録の開始時期は遅くなる。具体的な日程は以下のように告知された。


 2015年4月26日 1000km(BRM) or 1200km(RM)
 2015年5月03日 600km(BRM)
 2015年5月10日 400km(BRM)
 2015年5月17日 300km(BRM)
 2015年5月24日 200km(BRM)
 2015年6月06日 本登録 & 前年認定なし



1000kmの認定があれば、確実に登録は出来る。しかし、1000kmブルベを完走している人の数はそこまで多くないはず。今回の定員は6~7000人と言われており、1000kmの認定者数だけで埋まる枠ではない。無理して1000kmを完走せずとも、600kmまでのカテゴリを完走していれば問題ないだろうと考えた。

2014年10月には、台風の接近に見舞われた「青葉600天城越え」を辛くも完走し、600kmの認定を取得。翌年の参加登録に向けて順調に2014年度を終えたのだった。


(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

PBP 2015 エントリー準備(2015年)

2015年になると、1月から慌しく準備を開始。

PBP当年は、例年よりも1~6月のBRM開催本数が大幅に増加する。人呼んで「PBPシフト」。PBP参加を目指す周りのランドヌールたちも色めき立っていた。私が5月までにエントリーしたBRMと、その結果は以下である。


 ・BRM110西東京200: DNS
 ・BRM124日本橋200: 完走 (9時間54分)
 ・BRM207たまがわ300: 完走 (15時間15分)
 ・BRM221日本橋300: 完走 (14時間24分)
 ・BRM307たまがわ400: 完走 (21時間38分)
 ・BRM404たまがわ200: 完走 (12時間20分)
 ・BRM411東京400: DNS
 ・Fleche419日本橋: 認定 (523km)
 ・BRM509神奈川600: 完走 (33時間57分)
 ・BRM606たまがわ600: DNS

 

例年なら各カテゴリを1回ずつ走る程度なのだが、今年は異常に本数が多い。認定距離も僅か半年で2500kmを超えている。単純にPBPの出場資格を得るだけならここまで走りこむ必要は無い。が、少しでも走力を維持しておきたかったこともあり、これだけの本数にエントリーをするに至った。

無事、5月9日の興津600でSRを達成。これでPBP参加がほぼ確実なものとなった。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

PBP 2015 エントリー実行

5/6にPBPの先行登録を実施。

先行登録は、単に出場権を早めに得られるだけのものだと思っていた。しかし、他にもメリットがあるらしい。制限時間と、スタート時間の選択である。


通常、1200kmブルベの制限時間は90時間。しかし、PBPでは80時間の部・84時間の部が存在する。要はこの部門はファストラン狙いの人向けの部門。制限時間が短い分、以下のようなメリットがある。


 ・80時間の部: 一番最初にスタート出来る(PCや道が混まない)
 ・84時間の部: 朝にスタート出来る(通常は夜スタート)


 
PBPは6000人という人数が参加するイベントであり、各PCでのチェックは全て有人チェックとなる。必然、チェックには行列が出来る。PCには食堂・トイレ・仮眠所と言った施設があるが、これらも人が増えれば待たなくてはならない。ということで、ファストランをしたい人たちは80時間の部にエントリーし、一番最初にスタートを切る。

84時間の部は、逆に一番遅い時間にスタートする。80時間の部は「8/16 16:00~」、90時間の部は「8/16 18:00~」、84時間の部は「8/17 5:00~」。翌朝5時スタート。夜スタートは睡眠のバランスが崩れやすく、苦手と言う人も多い。別に眠かったら寝れば良いわけだが、ファストラン的観点から見ると無駄である。そういった人たちは朝スタートの84時間の部にエントリーするというわけだ。

今回、私がエントリーしたのは、90時間の部。最も一般的なカテゴリーである。ファストランに挑戦してみたい気持ちもあったが、初の海外ブルベの私には不安が先行した。右側通行、ラウンドアバウト、その他の交通ルール……全てにおいて未知の環境でファストランを行うのはリスクが大きすぎる。まずは安全に完走を狙おうと考えた。


制限時間ともう一つ、先行登録で選べたのが「スタート時間」。「80時間の部」「90時間の部」「84時間の部」の中でも、スタート時間は分かれる。スタートの待ち時間の削減&道の混雑を避けるため、300人ずつに区切られて15分ごとにスタートする仕組みだ。

90時間の部は18~20時の枠から選べたが、私は18時45分のスタートを選択した。何度も参加している人にとっては戦略上スタート時間は重要なようだが、初参加の私はさっぱり解らず。一緒に参加するふぃりっぷさんと同じ時間にしただけである。実に日本人的。


5/9には無事SRを確定させ、6月初旬には本登録が完了。一年半に及ぶエントリー峠をようやく越えることが出来た。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

PBP 2015 参加準備

PBP参加にあたっては、エントリー以外にもやるべきことが多かった。

私は今年で31歳になるが、海外旅行経験無し。それどころか、飛行機すら乗ったことが無い。そんな状態から、海外に自転車を持っていって1200kmを走ろうと言うのである。今考えても相当無茶である。

準備にあたっては、ふぃりっぷさんに大いに助けられた。これまでも、TOT・本州一周・フレッシュ等々の記事で事あるごとに登場頂いたふぃりっぷさん。何を隠そう、彼は海外ブルベの第一人者でもある。これまで3本の海外ブルベに参加しており、飛行機輪行の経験も豊富だ。往復の航空チケット手配や、現地の宿の手配等々、全てを行ってくれた。今回の旅で最もお世話になった一人である。


■パスポート取得
海外へ行ったことがないので、パスポートも当然持っていない。航空チケットの手配にはパスポートの番号が必要とのことで、2015年1月にパスポートを申請。2月にパスポートを受け取った。……写真の人相が悪い。


■航空チケットの手配
基本的に航空チケットは、「予約が早ければ早いほど安い」らしい。ふぃりっぷさんの助言に従い、出発半年前の2月上旬にはチケットを購入した。エールフランスの直行便、成田ではなく羽田発で往復127,090円。お盆の時期にこの値段は格安と言える。

ただ、自転車は特殊な荷物ということで別料金。往路100ドル、復路100ユーロの料金が別に取られることになった。往復の運賃は合計で150,000円ほどと、中々抑えられたほうだと思う。


■輪行箱の準備
今回の飛行機輪行には、Takeshi Katoさん考案の「プラダン輪行箱」を使用。

2014年12月にKatoさん主催の「プラダン輪行箱 作成ワークショップ」に参加。市販されている輪行箱よりも幾分軽く、1.5kgほどに仕上がった。材料費は3000円ほど。普通に買うと10000円は下らないので、中々お得だ。

本番直前の2015年7月には、Katoさんのお宅に伺い、パッキングのコツを伝授頂いた。これで完璧。


CMI9mJeUAAEbWtU.jpg

最終的に出来上がった輪行箱はこんな感じに。


CMULs29UsAArqz4.jpg

空港での計量によると、自転車+周辺装備を含めて14.5kgとやたら軽量だった。他の参加者の方のブログを見ると、上限ギリギリの23kgで通過している人が多かったようだ。皆一体何を入れているのだろう?


■仕事の調整
PBPにおいて一番大変な調整は、10日間前後の休暇の取得だと思う。お盆の時期とは言え、社会人に取って10連休の取得は相当にハードルが高い。

私の場合は数ヶ月前から調整していたにも関わらず、本来は7月末で終わるはずだったプロジェクトが8月末まで延長して一時期は参加が危ぶまれた。しかし、何とか約束の期日までに作業を終え、無事出発が確定。中々に綱渡りであった。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。