スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Fleche2015 プロローグ

「東京大阪」間をチームで走りきった2014年のFlecheから1年。今年もFlecheの季節がやってきた。

-----

Flecheは1年に1度だけ開催される、チームブルベ……だったのだが、今年は「R東京」「AR日本橋」「AJ広島」の三団体による分割開催であった。通常のBRMとの差異は以下の通り。

 ・1チーム3~5人で走ること(3人以上ゴールで認定)。
 ・24時間以内に出来るだけ長い距離を走ること(360km以上で認定)。
 ・コースは各チームで作成すること。

Flecheの特徴は、各チームがコースを設定できること。ゴール地点(Nice Placeと呼ばれる)のみが決まっており、どこをスタートして、どんな道を通るかは各チームの裁量に任される。ここがFlecheの面白い点であり、難しい点だ。

-----

私たちのチームが参加したのは、今年から新設された団体「AR日本橋」のFlecheである。NicePlaceはもちろん日本橋。日本橋と言えば、「東京大阪キャノンボール」の発着点でもある。昨年は力技で日本橋をゴール地点に設定したが、今年は堂々と設定できる。「大阪・梅田新道」スタートで、「東京・日本橋」ゴールのルートで再び挑戦しようと、昨年のメンバーに声を掛けた。


ただ、昨年と同じメンバーと昨年と同じルートで走っても面白くない。


  「次のFlecheは東海道縛りでやってみませんか?」

 
昨年は、考えうる限り最短のルートを採用。大阪~名古屋間はR163~R25を使い、東海道に比べて20km程度短いルートとなっていた。東海道縛りにすると昨年に比べて20km程度距離が増えることになるが、行けないことは無いだろう。そう思って提案したのだが……






 
……なんと、ルートを縛るよりも車種を縛りたいと言い出したメンバーたち。確かに良く考えてみれば、うちのチームのメンバーはロードバイク以外でも結果を出している人たちばかりだ。

 ・ふぃりっぷさん→言わずと知れたMTBランドヌール
 ・チャリモさん→29erでロングライドばかり行ってる
 ・キクミミさん→小径車やママチャリでヒルクライム大会出場
 ・AZEさん→小径車で中山道キャノンボール達成
 
それに対して、私は基本的にロードバイクしか乗らない。ロード以外での実績と言えば、単独でクロスバイクによる「東京→大阪キャノンボール」を試みたことはある。その時は向かい風で静岡(180km地点)リタイヤに終わった。向かい風もそうだが、やはり安いクロスバイクとロードバイクでは走行性能に雲泥の差があることを、この時に思い知った。


ロードバイク以外での「大阪→東京」24時間切りを達成した人はほとんど居ない。

前述のAZEさんの小径車と、シクロクロスでの達成が一回ずつあっただけである。ポジションの自由度が低いフラットバーでの達成に至っては、この時点では一人も居なかった(2014年末にクロスバイクで達成された)。

チームで風除けを分担できるとは言え、ロードバイク以外の車種での24時間切り達成は相当に難しい。が、色々と伝説を持つこの人たちとなら、もしかしたら達成出来てしまうかもしれない。ならばやってみようじゃないか。


  「では車種混成で行きますか。
   私はクロスバイクを用意していきます。」


 
こうして、2015年のFlecheは「車種混成で大阪→東京」に決まったのであった。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Fleche2015 準備編

大阪~東京間の道のりは最短で約515km。我々のチームの申請ルートは523kmである。この距離を24時間以内に走らなければならない。それもクロスバイクで。

私のクロスバイクは「GIANT ESCAPE RX3」。定価6万円ほどの廉価なバイクだ。ただ、GIANTのESCAPEシリーズの中では剛性が最も高く仕上げられており、「ロードバイクに迫る走行性能」とメーカー側は胸を張る。しかし、やはり使われているパーツは値段なりであり、ロードバイクよりも性能は劣る。例えば以下のような点が弱い。


 ①ポジション
  →フラットバーなので、基本的に姿勢は固定。特定の場所が疲れやすい。

 ②乗り心地
  →アルミフレーム、フラットバーと言うことで路面の振動が手や尻に直接伝わる。

 ③駆動効率
  →廉価なパーツを使っており、ロスが大きい。


これらを改善するため、パーツ交換を実施。「クロスバイクである」というアイデンティティは残したいので、「フラットバーハンドルであること」「Vブレーキであること」という点だけは残す方針で改造に着手した。

baru_1392471108000_IMG_1664.jpg 
①ポジションについては、バーエンドバーを装着。これでグリップを握るポジションに加えて、もう一つポジションを取れるようになる。


IMG_6272.jpg 
②乗り心地については、ハンドル周辺と足回りで対処。ハンドルはカーボンのものに変更し、足回りは乗り心地に定評のあるSCHWALBE ONEとPanaracer R'Airの組合せ。そして最大の変化はカーボンフォークを導入したこと。シクロクロス用のVブレーキ対応フォークを付けたことで、乗り心地は劇的に改善した。


IMG_4406.jpg 
③駆動効率については、MTB用コンポからロード用のコンポに交換。グレードは105が中心である。やはりロード用コンポは効率が良いようで、特に登りで効果を実感することが出来た。


CDAIiiHUgAEX1Hf.jpg 
最終的な仕様はこんな感じに。もはや原型を留めていないが、一応フラットバーであるし、「クロスバイク」と言って良い……はず。全て取り払った重量は8.2kg、装備込みで10.3kgと、なかなか軽量になった。

-----

今回も本番前にメンバーを集めて作戦会議を実施。以下が去年の作戦である。

 ・大阪に前泊し、スタートは朝6時半
  ⇒前日、可能な限り睡眠を取り、眠くなるリスクを減らすため。

 ・スピードは上げすぎない
  ⇒平地では35km/h出ていれば、日本橋まで十分に届く。
   信号加速も出来る限りゆっくりで。

 ・休憩回数は減らし、休憩時間も減らす
  ⇒休憩間隔は60~80km間隔として休憩回数を減らす。
   2人がトイレに行っている間に2人は買い物をするなど、
   休憩時間をなるべく減らすこと。

昨年はこの作戦が見事にハマり、チームで「大阪→東京」を達成。今年も基本的にはこの作戦で行くことになった。ただし、ロードバイク以外で35km/hを維持するのは厳しいので、32~3km/hに目標を変更。その分は休憩時間をより減らすことで対応する。特に昨年は私の落車等のトラブルで約1時間の余計な停止時間があった。これがなければ、多少スピードを落とせるはずだ。

-----

毎度おなじみ、「時刻表」を今回も作成。昨年の実績を元に、少し巡航速度を落としてタイムを見積もった。

時刻表 

大体60~80kmに一度、PCを設けた。後半は休憩が増えることを考え、PCではないコンビニ休憩を組み込んでいる。PCは必ず寄ってレシートを貰う必要があるが、PCでは無いコンビニは時間が足りなくなればスルーすれば良い。ここはいざという時に使うためのバッファというわけだ。

それでも大分厳しい。23時間55分で日本橋に到着出来れば上々、と言った感じで予定を組み上げた。



(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Fleche2015 チーム紹介編

昨年の神奈川Flecheはエントリー多数により抽選となったが、今年は3団体による分割開催。参加チームは分散し、抽選もなく「Fleche日本橋」へのエントリーが許された。

-----

「Team東海道五十三次」メンバーは以下の5人。基本的には去年と同じ。違うのは、「全員がロードバイク以外を駆る」ということ。


■キクミミさん(CYCLE HEART SPARTAN)
CC0op_oUUAAO3tD.jpg 
各地のレースで初音ミクフォームで勝利を飾る有名人。今回は20インチミニベロで参加。


■AZEさん(KHS F20RA:20インチミニベロ)
e7emBKEu.jpg 
R1を一切通らない、通称「中山道キャノボ」の初の24時間切り達成者。今回は20インチミニベロで参加。


■チャリモさん(GARY FISHER Paragon)
CCY8q4EUMAEcjS7.jpg 

「1000kmからがロングライド」と公言する聖地巡礼系ロングライダー。今回は29erのMTBで参加。


■ふぃりっぷさん(GARY FISHER Paragon)
 5AMwu9ew.jpg 
MTBで各地のブルベに参戦する「MTBランドヌール」。今回は29erのMTBで参加。


■baru(GIANT ESCAPE RX)
CDSI-ZUUEAAgvpM.jpg 
東海道マニア。ルートと取りまとめ担当。今回は700Cのクロスバイクで参加。

-----

メンバーは強力だが、果たして車種を縛って24時間以内に日本橋まで辿り着けるのか?相当厳しい戦いになることは想像に難くなかった。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Fleche2015 ライバルチーム?編

今回のFleche日本橋の参加チーム数は14チーム。その中で大阪から東京を目指す酔狂なチームはウチくらいだろうと考えていた。しかし、チーム紹介を見ると、「二本橋」なるチームが。

このチーム、スタートは大阪の「日本橋(にっぽんばし)」、ゴールは東京の「日本橋(にほんばし)」。伊賀越えをする我々とは違い、京都周りの541kmのコースを採用していた。申請上の距離は我々のルートより18kmほど長い。

メンバーを見てみると、見覚えのある名前ばかり。


■Hideさん(GIANT TCR ADVANCED)
キャノンボールは双方向達成。中山道キャノンボールも達成。昨年12月にはクロスバイクでもキャノンボール達成。

■マウロさん(SPECIALIZED TARMAC SL3)
本周一周TT、最速の完走者。キャノンボールは未経験。

■くまライダーさん(DEROSA SUPERKING)
各地のブルベでよく一番時計を取っている方。キャノンボールは25時間台で完走。

■なるさん(CERVELO R3)
キャノンボールは大阪→東京を達成。国道2号線も24時間以内に走破。静岡の変態キングの異名を持つ。

■ざくさん(RAVANELLO SAT)
キャノンボールは双方向達成。本州一周TT参加。


あー、くまライダーさん以外の4人が青葉200のブルベに出ていたのはそういうことだったのね、と納得。チーム走のテストをしていたと言うことだったらしい。今年のFlecheは参加資格に「ブルベの参加経験」があるので、それを取得するためでもあったようだ(ざくさん、マウロさんはブルベ未経験)。

しかしよくもここまでの面子を揃えたものである。我々のチームもロングライド界隈の「極端な人たち」を揃えたつもりだが、同等以上の「極端」な面子。よく見ると、両チームに本州一周TT参加者が全員いたりする。

「二本橋」チームの面々とはよくTwitterでやり取りはするが、Flecheへの参加については全く匂わせていなかった。秘密裏にコトを進めて、当日我々のチームをどこかで追い抜こうという腹だろう。ついでに今年の最長距離も取ろうという狙いが見える。ブルベは勝負ではないのだが、こうも隠されると対抗したくなるのが人情というもの。

「二本橋」チームのスタートは、我々より30分後。彼らは京都周りで来るので、恐らく四日市までは追いつかれることはないだろう。しかし、その先はどうなるか解らない。


  「向こうのチームからは逃げられるだけ逃げてみよう!」
  

事前の作戦会議で全員の意志が一致したのだった。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Fleche2015 スタート前編

4月17日。新横浜から新幹線で大阪へ移動。昨年は新幹線車内で歯の詰め物は取れるわ、パンクはするわで大変だったが、今年は特に何も無く大阪へ辿り着くことができた。


CCxoRXJUsAADbAI.jpg 
軽く大阪観光。通天閣へ行ってたこ焼きを食べる。その後は、大阪の自転車屋巡り。大阪のワイズロードでVブレーキ用のシューを購入。これまでブレーキの鳴きに悩まされていたが、シューを変えたら音は一切無くなった。梅田のウエムラサイクルパーツでチューブレスタイヤの取り付け講習も何故か受講。


CCybVZiUsAE9jpB.jpg 
その後は、ゲンを担いで?トンカツ屋でチーム揃って夕食を食べた。


CCydjAZUkAAm_h_.jpg 
ヒゲがトレードマークのふぃりっぷさん、「エアロ対策です」と、ヒゲを剃って登場。誰だ、あなたは。

21時にはホテルに戻り、22時には就寝。

-----

翌朝5時に起床。窓を開けると、外は薄曇りながら、晴れ間も覗いている。天気予報を見る限りでは、走行中に降りだすことは無さそうだ。

そそくさと朝食を食べ、準備。チェックアウトを済ませ、近くのローソンに向かう。要らない荷物を自宅へ送り返すため。しかし、荷物を預けて店の外に出た後、あることに気付く。

  「携帯が無い!」
 
少なくともホテルでトイレに入るまでは持っていたはず。ホテルに戻りトイレと部屋を確認したが、見つからない。一体どこへ……と思ったら。

  「あった!携帯ありましたよ!」
 
ホテルの受付のお姉さんが指差していたのは、ロビーの机の上だった。確かに自分の携帯。そういえばロビーでふぃりっぷさんと話をした時に携帯をここに置いたのだった。時刻は6時。梅田新道の集合時間を過ぎている。お姉さんにお礼だけ言って、急いで梅田新道へ。

梅田新道に着くと、既に見送りの方々が。七式さん、ねれいどさん、takeさん。takeさんは以前、リカンベントでキャノンボールに挑戦された方で、お会いするのは初めて。見送りにもリカンベントで来てくれた。ハイレーサーという奴だろうか。迫力がある。

七式さんは差し入れとして、アミノバイタルゼリーとアミノバイタル粉末を持ってきてくれた。しかし、ポケットは既にほぼ満杯。ゼリーを入れられる場所もないので、粉末だけいただく事にした。ありがとうございます。


KIMG1311.jpg 
記念撮影。当たり前だが、まだまだ皆元気である。


KIMG1312.jpg 
撮影後は信号を渡って、スタート地点の「ファミリーマート曽根崎二丁目店」に移動。補給食を買い、レシートを貰う。多少バタバタしたが、ここまでは昨年よりもスムーズだ。

6:30、「Team 東海道五十三次」出発! 5本の矢が東へと放たれた。


(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。