スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

本州一周TT プロローグ

2013年秋。「青森⇒東京」のチャレンジを終え、しばらくロングライドから離れていたある日のこと。チャリモさんが不意にこんなことを言い出した。

  「本州一周やろうぜ。年末年始で。
   日本橋出発で日本橋に戻ってくるやつ。3500km!」

  
何言ってんだこの人は。
  
  「1日400km走れば9日あれば走れるよ。」

1日400km。ワンデーならまだしも、何日も連続で走るなんて非現実的な話だ。第一、冬の東北なんて雪で走れたものではないはず。まぁ、たぶん彼なりのジョークなのだろう。軽く流すつもりで、こう切り返した。

  「年末年始とか、東北は雪だから無理でしょ。」

  「……じゃあ、
    雪が降ってなければいいんだね?」

  「お、おう……」
  
やられた。最初からこれが狙いだったのか。

こんな数回のやり取りで3500kmを走る謎イベント「本州一周TT」にエントリーが決まった。200、300、400、600kmを当年に走らないと参加できないPBPに比べて、あまりにもあっさりと3倍の距離を走ることになってしまったわけである。

-----

本州一周といえば、大学生が夏休みを丸々使って走るようなコースだ。東京⇔大阪にしろ、日本縦断にしろ、既にファストランとして走っている人は大勢いる。しかし、本州一周をファストランで走ったという話は聞いたことがない。

開催は2014年のGWと決まった。幸か不幸か曜日の並びはよく、一般的なサラリーマンならば2連休を取得出来れば11連休(!)となる。9日はさすがに無理としても、10日ならば1日350km走れば完走できる。かなりキツいが無理とは言えないギリギリの数値だ。

  「もしかしたら行けるかも……」
  
可能性が示されれば、実現に向けて検討をするのがロングライダーの性(さが)。本番に向けて、走行計画や装備を煮詰めて行ったのだった。

-----

honsyu.jpg

本州一周TTのレギュレーションは以下の通り。

 ・東京をスタートし、半時計周りに本州を一周して東京に帰ってくる。
  (TTはTokyo to Tokyoの意もあるとかなんとか)
 ・ルートは、一桁国道準拠。
  ①国道4号(東京→青森)
  ②国道7号(青森→新潟)
  ③国道8号(新潟→京都)
  ④国道9号(京都→門司)
  ⑤国道2号(門司→大阪)
  ⑥国道1号(大阪→東京)
 ・9日以内で達成、9日以上で完走とする。

ブルベと違って厳密なキューシートは無く、必ず通らなければならない場所も無い。「大体一周していればOK」という緩い縛り。ただ、距離は全く緩くない。短めに引いたとしても、3400kmを超えてしまう。

果たして、この距離を10日間で走ることが出来るのだろうか?

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

本州一周TT 参加者紹介

参加メンバーは当初、主催者のチャリモさんと、いち早く手を挙げたふぃりっぷさん、そして見事にハメられた私の3人だった。そこに、「休みが取れたら参加」と手を挙げたのが、これまで何度かレポートに登場頂いた261さんこと、ざくさん。そして、ひょんなことからもう1人の強者が参加することになった。

私とざくさんが所属するチームの新年会でのこと。ざくさんが、チームメイトを前にこんな話を切り出した。

  「本州一周ってのがあるんですけど、出ませんか?」

  「お、楽しそう!休み取れたら出る!!」
  
即答かよ!!

そのチームメイトの名前はマウロさん。これまでに「東京~糸魚川ファストラン」のレポートに何度か登場頂いた、「Mさん」その人である。南米出身の彼は、とにかくタフで速い。連日の走行も苦にしない回復力の持ち主でもあり、年末のRaphaの企画「Festive500」では、1週間で1580kmを走破している。これは日本人としては2位、世界6位という驚異的な記録だ。

彼には、多くのロングライダーにありがちな「辛いけど乗ってる」感がまるで無い。そんな彼だから、本州一周という普通ならばビビってしまう目標に関しても即答したのだと思う。

-----

かくして、「本州一周TT」の面子が出揃った。いずれも連続1000km以上の走破経験を持つ手練ればかりだ。

 ■チャリモさん(愛車: Salsa La Cruz)
honsyu_02.jpg
  今回の主催者。「ロングライドは1000kmから」と公言する。これまでの最高距離は4日で1500km(海老名~長崎)。

 ■マウロさん(愛車: Specialized Tarmac)
honsyu03.jpg
  ファストランを得意とするオールラウンダー。これまでの最高距離は7日で1580km(Festive500)。

 ■ふぃりっぷさん(愛車: Focus Cayo)
honsyu04.jpg
  MTBランドヌールとして有名ながら、今回はロードで参戦。これまでの最高距離は90時間で1200km(ブルベ)。

 ■ざくさん(愛車: RAVANELLO SAT)
honsyu05.jpg
  お遍路ライダーにしてキャノンボーラー。これまでの最高距離は5日で1460km(三島~宗谷岬)。

 ■baru(愛車: Specialized Roubaix)
honsyu06.jpg
  キャノンボーラー。これまでの最高距離は3日で1075km(東京~大阪~東京)。

  
この5人はフルコースエントリー。うち3人(チャリモ、ふぃりっぷ、baru)は、2週間前にフレッシュで大阪→東京を走ったメンバーである。まだ疲れが残る中、どれだけ走れるか。


そして部分参加として名乗りを上げたのは、キクミミさん&なるさんの2人。キクミミさんは日本橋~仙台まで。なるさんは、日本橋~青森まで参加することとなった。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

本州一周TT スタート前

honsyu12.jpg
4/25 23:30。日本橋の道路元標前は大いに賑わいを見せていた。参加者7人に加え、見送りの人たち。1年半前の「TOT(東京~大阪~東京)」を思い出す光景だ。

ただあの時と違うのは、チャリモさんが既に姿を見せているところだろうか。TOTの時はスタート5分前まで姿を現さず焦ったものだが、今回は主催者として遅れるわけには行かないということなのだろう。

4月後半ではあるが、気温は高くない。ゴアテックスのジャケットを羽織り、その上から反射ベストを着る。装備についての義務付けは特に無かったが、他の参加者もライトや反射装備を大量積載していた。

 「ホントに走るんだよね?」
 
と、ざくさんが口走る。正直ドッキリであって欲しくはあるが、ここまで来たらもうやるしかない。


honsyu14.jpg
4/25 23:55。元標前に7人で並び、記念撮影。10日後、またここに戻ってこられるんだろうか?その時、手や足や首は無事なんだろうか。そんなことを考えながら写真を撮られていた。

4/25 23:59。車道に降り、スタートに備える。いつもであれば、向かうのは大阪方面。しかし今回向かうのは逆方向の青森方面。「知らない天井」ならぬ、「知らないスタートライン」。緊張感が高まる。

4/26 00:00。信号が青に変わったと同時に7人が北へ走り出す。


本州一周TT、スタート!!

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

本州一周TT 1日目(東京都・日本橋~福島県・白河)



青森までのルートは、基本R4。スタート後はすぐに昭和通りに入る。信号には多く引っかかるものの、巡航速度は40km/h前後。集団なので心拍はそこまで上がってはいないが、明らかにこれから3500kmを走ろうというペースではない。ただ、TOTの経験からこういう展開になるのは織り込み済み。とりあえず都内脱出までは付いていくことにする。

上野駅あたりで、後ろに付いていたキクミミさんからこんな指摘があった。

 「そのサドルバッグ、フリフリ動くね。」
 
"そのサドルバッグ"とは今回耐久テストとして借りていたsuewのReraという大容量サドルバッグである。私はかなり後ろ乗りということもあり、太腿がペダリングの度にサドルバッグに当たって揺れてしまう。もっとも必要以上に揺れてしまうのは私の取り付け方法に問題があったかららしいのだが……。このサドルバッグの揺れについては、最後まで悩まされることになった。


R4で都内から脱出するまでには、自転車が通れない橋が3箇所存在する。千住大橋と千住新橋は、私が前に出て先導して回避。

北千住を過ぎたあたりで、信号によって集団は分断。前を行く集団にはR4を通して走ったことがある人はいなそうだが、残り1つの橋(毛長川橋)の回避は大丈夫だろうか。こちらの集団には、この道を日常的に使っているキクミミさんがいたので、スムーズに毛長川橋をクリア。ここからは埼玉県だ。

埼玉に入ってしばらく走ったところで前の集団に追いつく。しばらくは集団のペースも落ち着いていた。

利根川を越えると道幅も広くなり、バイパス然とした道になる。風は追い風基調。こうなるとスピードはもちろん上がる。巡航速度は40km/hを軽く超え、心拍数も160bpmを超えた。そして、ざくさんが先頭に出てエアロバーを持って巡航を始める。メーターは45km/hを指していた。


……そろそろ潮時か。

ペダリングを緩め、自主的に集団から離脱する。何しろ3500km、10日間の長丁場である。ここで距離を多少稼ぐより、体力の温存を優先すべきと考えた。特に、自分の場合は膝とアキレス腱に不安がある。踏みすぎたことにより、これらの場所に痛みが出ればリタイヤは確実。であれば、マイペースで行くべきだろう。「ウサギとカメ」のカメ作戦だ。

古河のセブンイレブンで最初の休憩を取る。気温も落ちてきていたので、ハンバーガーを購入。頬張りながらストレッチを行う。

5分ほどの休憩で走行再開。30km/hほどで飛ばしすぎないようにマイペースで走る。栃木に入り、宇都宮はバイパスでクリア。徐々に空も白み始めてきた。ここから鬼怒川沿いに北上するわけだが、曲がる手前のコンビ二でコーヒーを飲む見覚えのある人。チャリモさんである。彼も集団から千切れたとのこと。挨拶だけして先に行くことにする。長い道中、すぐにどこかで合流するはずだ。

鬼怒川を渡る橋の上では、宇都宮在住の片岡さんが応援に駆けつけてくれていた。こちらも挨拶だけして先を急ぐ。無愛想でスミマセン。

honsyu15.jpg
氏家のセブンイレブンで2度目の休憩。マーボー丼をガッツリと食べ、英気を養う。Twitterを確認すると、先頭集団とは既に10km以上の差がついているようだ。そんなペースで最後まで持つんだろうか……と、人の心配をしていても仕方ない。ストレッチをして再出発する。

矢板を過ぎると、那須高原に向けて徐々に登りが始まる。逆方向から来ると程よい斜度で楽しいダウンヒルなのだが、こちらから登るとダラダラと長い登りがひたすら続く印象。正直退屈である。


honsyu16.jpg
那須の最高標高点を越えると、福島県。関東ステージが終わり、東北ステージの始まりだ。本来盛り上がる所だが、那須の登りですっかり退屈してしまい、睡魔が頭をもたげてきていた。意識が落ちるほどではないものの、このまま走り続けるとヤバイ気配。「青森→東京」の経験から、R4上の仮眠可能場所は押さえている。あそこに行こう。

白河女石のミニストップで、うどんを食べながら寝落ち。何気にこの場所で寝るのは三回目。もはや定宿と言っても良い。20分くらい眠れたようで、眠気はとりあえず飛んだ……かに見えた。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

本州一周TT 1日目(福島県・白河~宮城県・古川)



コンビニで仮眠完了。リフレッシュして走行再開。栃木の北あたりから街路樹の中に桜が目立ち始めた。


honsyu16_2.jpg
東京ではとっくに散ってしまった桜だが、東北の方ではまだまだ花見シーズン。この先、桜前線をどこで追い抜かすのかが一つの楽しみとなった。


honsyu17.jpg
郡山はバイパスを使わず、街中を抜ける。安達太良山がすっきり見えるほどに晴れているが、その分気温は高い。長袖の冬用インナーに半袖ジャージという出で立ちでは正直暑かった。汗をかきながら丘を登り、「道の駅 安達」前のローソンで休憩。時間はちょうどお昼時。塩分を取り戻すために、冷やしラーメンを食べる。Twitterをチェックしてみると、前を行く集団とは30km以上の差がついているようだった。

再び走り出すが、暑さと共に再度睡魔が襲ってきた。しかし、道の駅は既に過ぎてしまった。どこでも良いから寝られる場所はないか……と考えていると、二本松市でよい感じの公園を見つけた。

  このベンチ……寝れるッ!!

ということで、持参した空気枕を膨らませて横になる。ものの数分で意識が落ちた。

20分ほど眠れただろうか。実は、屋根の無い野外で寝るのは初めての体験だったのだが、思いのほか良く眠れた。相変わらず暑いが、睡魔は完全に飛んでくれたようだ。これで夜まで走り続けることが出来る。


honsyu18.jpg
4/26 14:17、宮城県入り。走行距離は300kmを超えた。

4/26 15:00、白石のファミリーマートにチェックイン。先行する集団はちょうど2時間前にここに来たことが解った。そして驚いたのは、更にその1時間前になるさんがここに来ていた事。1つの集団かと思いきや、なるさんが一人だけ先行したらしい。あの猛スピードの集団に更に1時間差を付けるとは、一体どんなペースだったのか……。

ここでキクミミさんからのリプライがあることに気付く。この先数kmの場所で、私設エイドを作ってくれた方がいるという。その話の通り、少し進むと「本州一周TTガンバ」と書いた紙が下げられた自転車を発見。


honsyu19.jpg
自転車でキャンプツーリングをするのが趣味だと言う「ちゃりきゃんぱー」さんがお茶とお菓子を振舞ってくれた。

  「他にも色々会ったんですけど、さっき徒歩で本州一周してる人が来て。
  その人にほとんど差し入れをあげちゃったんですよ。」

  
自転車で本州一周も相当頭が沸いていると思ったが、上には上が居たらしい。R4を北上する人々を描いた小説「男たちは北へ」のことを思い出す。あの小説の登場人物も車や自転車、ヒッチハイクでひたすら北を目指していた。「構図的には同じだな」ということに気付き、少し楽しくなった。

ちゃりきゃんぱーさんに別れを告げ、夕暮れ迫る仙台の街へ。今回はR4バイパスを走るため、中心街はスルー。折角なのでR6の終点を拝むつもりだったが、どうやら気付かないうちに通り過ぎていたらしい。

4/26 17:07、仙台通過。走行距離は350kmを超えた。グロス20km/hは想定より少し速い程度ののペース。悪くない。


honsyu20.jpg
仙台の市街地を越えたところにあったミニストップで一時休止を取る。1日目にどこまで走るかを検討するためだ。追い風であることを考えると、当初の仮眠予定地よりも少し先に進んでおきたい。目星をつけていたのは、24時間開放の休憩所を持つ「道の駅 三本木」だったが、この分だと19:00には着いてしまいそうだ。

検討の結果、予定よりも10km先にあるスーパー銭湯で仮眠をとることにした。1日目のうちにもう少し距離は稼いでおきたかったのだが、それから先には満足に仮眠できそうな施設が見つからない。それならば風呂のある所でゆっくり休もうということで、この場所に決定。

4/26 19:05、390km地点の「極楽湯 古川店」に到着。目立たない場所に駐輪し、中へ。この日は偶然にも26日=風呂の日ということで、普段の半額で利用することが出来た。少し得した気分。後から知ったことだが、この店舗は極楽湯の中で最初にオープンした店舗らしい。妙に仮眠所が広かったのも納得である。おかげでよく眠ることが出来た。

1日目までの進捗、390km/3400km。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。