スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

東京→糸魚川ファストラン2013 プロローグ

東京→糸魚川ファストラン クラシック。今年で第42回を数える、日本最古のロングライドイベントである。

第40回までは、高尾山口→糸魚川の283kmであったが、昨年から山梨→糸魚川のコースに変更。直江津周りのコースとなることで、再び距離は300kmを越えた。

本イベントはレースではない。しかし、制限時間を一杯に使って走るイベントでもない。交通ルールを守って、自分の精一杯の速さで目的地にたどり着く「ファストラン」イベントである。

-----

昨年は靴の劣化に気づかず使い続けたことで膝を故障。150km地点で大失速し、目標である11時間を切ることが出来なかった。11時間01分という、かなりギリギリで悔しい記録。少なくとも、昨年の自分を超えたい。今回は最低限の目標は11時間を切ること。裏目標は10時間半を切ることである。


例年であれば時刻表を作って臨むのだが、今回はあえて何も作らなかった。

理由は、チームメイトのざくさん(旧名261さん)、Mさんと同じ時刻にスタートとなったため。事前の打合せで「もし同じウェーブでスタートすることになったら、協力して走ろう!」ということになっていた。これまでの傾向から、同じウェーブで同じチームの人がスタートすることは稀だったため、どうせ一人で走ることになるだろうと思っていたのだが……。

Flecheの時は、全員の力量の差はそこまで無いし、全力も出さなくて済むペース設定だった。しかし、糸魚川の方が負荷は全然高い。そして、今回の面子の中では残念ながら一番実力的に劣るのが自分である。特に登りの遅さが顕著で、二人との体重差は20kg近い。果たして付いていけるのか。


ダイエットをしようとは考えていたのだが、2月に落車してから練習量は伸びず、体重を減らすことは出来なかった。更に、直前に膝を痛めるトラブル発生。原因は昨年と違い、クランクの緩みであった。本番前日、フロントがアウターに入らなくなったので自転車屋に持って行くと、

  「クランク外れかけていましたよ。
   右だけ3mm外に出てました。」


危なかった……このまま走っていたら、今年も膝を壊すところであった。原因は取り除いたが、これまでの歪みが膝に蓄積されている可能性がある。本番で痛みが出ないと良いのだが……。



そうこうしているうちに本番当日。さて、今年はどうなるか。


-----


例年通り、武蔵小杉駅に集まり、レンタカーのハイエースに乗り込んでスタート地点の万力公園へ。我がチームは昨年よりも参加者が減り、ライダーが6人、サポートが2人と言う構成。

■パピコさん(TREK MADONE6)
チームリーダー。今年はブルベにも精力的に出場し、調子を上げて臨む。

■アイスさん(EDDY MERKCX EMX5)
昨年より参加。最近はランにご執心のようだが、糸魚川は本気モード?

■Mさん(SPECIALIZED TARMAC SL3)
南米の超特急。昨年は調子を落としていたが、今年は毎日100km乗っているらしい。

■ざくさん(RAVANELLO SAT)
永遠のライバル。今年はGWでお遍路を自転車でコンプリートしてきたらしい。

■Wさん(VENT)
御年65歳なのに異様に元気な「鉄人」。ホイールを新調して今回に臨む。

■baru(LAPIERRE XELIUS)
落車したり、直前にショックなことがあったりで調子↓↓。今年で5回目。


今回はLAPIERRE XELIUS+FFWD F6Rの本気仕様。装備的な面では全く言い訳が効かない。問題は自分自身の体調と、精神状態。お世辞にも良い状態とはいえなかったが、無理やり気分を盛り上げて当日を迎えた。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

東京→糸魚川ファストラン2013 ①START~CP1:岡谷

936320_202641889882953_1113813354_n.jpg

我々のスタートは朝4:55。同じウェーブには知った顔も多い。この後のウェーブで出発するキャノンボーラーのしるえらさんも見送りに来てくれた。人数が多いということで、4:55組と4:57組に分けてスタートすることが直前に伝えられる。我々のチームは全員4:55発だった。


-----


4:55きっかりに万力公園をスタート。まずは雁坂みちを降りる。ここは下り基調なのでスピードは乗るのだが、あえて先頭に出て40km/h程度に抑える。いきなり50km/h巡航をされては堪らない……と考えていたら、我慢できなくなったMさんがスッと前に出る。速いって!w

順路通りであれば十郎橋で曲がってR20に合流するはずだが、前の人達はそのまま直進してしまう。アレ?と思ったけれど、誰も曲がらないので着いて来てしまった。若干登り基調の道だが、千切れ無いように頑張る。そういえば、この道は何か見覚えがあるな……と思ったら、サコライドW善光寺で通った道であった。山梨の善光寺がすぐ近くに見える。これから長野を目指すわけで、今日もW善光寺の前を通ることになる。

双葉IC脇からR20に合流するわけだが、その前の小さな丘でMさんがアタック的な動きを見せる。そこで脚をかなり使ってしまう愚行。Mさんとざくさん、登りでは2人のペースに着いていけない。まだスタートして20kmも走っていないのに、これはヤバイ。

R20に合流すると、本格的に我がチームのトレインが稼動。序盤のうちは自分もローテーションに加われたが、ナチュラルに速いMさんと、エアロバー装備のざくさんに着いていくのが難しい。ローテーションに加われない時間が続く。


韮崎に入り、旧チェックポイントである「まるのや」前を抜ければ序盤の難所、富士見峠のはじまりだ。ただ、ここで後ろで脚を貯めていた他チームが一気に抜いていく。

  「さんざん利用してこの仕打ちかよ!w」

と声が漏れる。まぁ冷静に考えれば勝手にローテしてただけなので、他のチームが悪い事をしてるわけではまったく無いのだが。そんな力があるなら少し前を引いてくれてもなーと思ったりもした。

富士見峠への緩いアップダウンでも、Mさんとざくさんのスピードが緩まない。チームカーが先回りして写真を撮ってくれていたが、後で写真を見返すと自分は後ろでうな垂れてるだけ。正直一杯一杯。やはり体重が重すぎるのか(83kg)、登りでは相手にならなかった。


緩い区間は終わり、180度のUターンから富士見峠の登りの本番が始まる。ここまでアウターで頑張ってきたがインナーに落とそうとしたところで、

  ガコッ

チェーン落ち。路肩に止まって直そうとするが、中々上がってくれない。チェーンキャッチャーをつけてもあまり意味は無かったようだ。何とか復旧したものの、チームメイト二人は遥か先に行ってしまっていた。辛うじて遠くに見えているが、追いつくのは厳しい。元々、全編着いていけるとは思っていなかったし、ここで千切れるのも止む無しと判断……しようと思ったが、視界に見えているのに千切れるのは悔しい。……やれるところまでやってみるか。

ギヤはインナーのまま、回転数を上げて富士見峠を駆け上がる。多分、前週にふぃりっぷさんと登った時よりも速い。かなり本気モードで登っていると、何とか2人の背中が近付いてくる。普通にやって追いつけるはずも無いので、多分ペースを落としてくれていたのだろう。峠手前で何とか追いつき、下りでは再びトレインに戻る。

一気に峠を駆け下り、トンネルを抜ければ諏訪湖だ。諏訪大社の前を抜け、順路とは少し違う道を通る。そしてここで、物凄い勢いで追いついてきた人がいた。アンディ・ウッド氏。一昨年まで3年連続優勝をしていた「Mr.糸魚川」。昨年は一番時計を奪われたため、今年はリベンジに燃えているようだ。

好戦的なMさん、ざくさんの2人は果敢にアンディトレインに着いて行くが、こちらはそんな元気はない。湖畔の道で信号スタートと同時に千切れた。とはいっても、次のチェックポイントは目の前だ。すぐに追いつくだろう。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

東京→糸魚川ファストラン2013 ②CP1:岡谷~CP2:大岡物産センター

07:43、CP1:ファミリーマート岡谷山下町店に到着。いつもであれば、塩尻峠を下った小坂田公園がCPなのだが、今年は塩尻峠前のこちらがCP。少々違和感があったが、塩尻峠前に一息をつけるのは有り難かった。

CPに入る前に2人には追いついた。やはりアンディトレインは速くて二人とも千切れたらしい。CPでタイムカードを記入し、飲み物を補充する。バナナが美味しい。置いてあったカロリーメイトを2つ、ポケットに入れる。一応、トイレにも行っておくか……と思ったら案の定並んでいる。とはいえ、ここで出して置かないと次のCPは60km先。多少ロスはしても仕方ない。素直に順番を待って用を足した。

トイレから出てきて、外に出るとチームメイト2人は消えていた。……おい!!そりゃーないでしょ……まぁ、これで地獄のトレインに着いていかなくて済むのでホっとしたのも事実だが、ここからはトレインに頼れないと言うことでもある。11時間切りは厳しくなったか。


結局、CPには5分ほど滞在して出発。すぐに塩尻峠の激坂近道を通る。昨年まではインターの方を迂回するルートが正式だったが、今年からはこの激坂が正式ルートとなっている。昨年はここの激坂でダンシングをした瞬間、膝に激痛が走った。以後、縮退運転となったのは、過去の記事に書いたとおりである。今年は27Tを入れてきており、特に問題なく乗り切ることが出来た。軽いギヤは、正義。

峠を越え、下り区間に入る。ここの下りは直線的で好きだ。いつもと違ってチューブラータイヤなので、コーナーも楽々クリア。途中、前週登った「高ボッチ」の登り口を見つける。天気は良いし、登ったら綺麗だろうな……と思いながらも先を急ぐ。


旧CPである小坂田公園を通過し、R20の終点である高出交差点に到着。すると、後ろから、

  「あれ?(baru本名)くん、何でここにいるの!?」

ざくさんとMさんだった。てっきり先に出発したと思っていたけれど、まだチェックポイントに残っていたと言うことだろうか?話を聞いてみると、

  「トイレが混んでたから先に出たんだよ。
   小坂田公園でトイレに行ってたんだけど。」


CP1のトイレが混んでいたから先に出たらしい。ただ、自分が追い抜いていると言うことは、素直に待った方が早かったと言うことか。


さて、塩尻の市街地に入った。ここから松本を抜けるまでは恐怖の区間である。何が恐怖かというと、運転マナーの悪さ。何度も書いた気がするが、松本には「松本走り」なるローカル走行ルールがあるらしい。信号が変わると即右折してきたり、ウインカーを出さずに右左折を行うなど、自転車に取っては危険極まりない場所。巡航速度を抑え、気を引き締めて走る。


明科を過ぎれば、川沿いのアップダウンの道に入る。ここまでは平地であるため、Mさんとざくさんに着いていけたが、この先は厳しい。ちょっとしたアップダウンでも千切れそうになってしまう。暫くは頑張っていたが、次のチェックポイントまであと数キロとなったところでついに千切れた。ただ、今回もCP間近なので、CPで追いつけるはずだ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

東京→糸魚川ファストラン2013 ③CP3:大岡物産センター~CP3:黒姫

09:53、CP2:道の駅 大岡物産センターに到着。ここでちょうど150km。150km走ってきたのにスタートから5時間経っていないことに戦慄した。グロス30km/h……信号がほとんど無いとはいえ、恐ろしい速さだ。先に出発していたチームメイトのパピコさん、Wさんもここのチェックポイントで捕捉。タイムカードを記入して、ボトルに水を補給したところで、

  「いくぞ!」

と、ざくさん。「いや、そっちは数分前に着いただろうから良いけど、こっちは着いたばっかりやで……」と思ったけれど、しゃべる気力も無い。一息付く間もなく、自転車を起こして跨った。ただ、この後の長野市街までもアップダウンは多い。そこまでは付いていけない気がしていた。



最初の登りでMさんが抜け出し、ざくさんがそれに続く。やはり、それには付いていけず、どんどんと差が開く。しばらく行くと、先発したパピコさん、Wさんの姿も見えた。間もなく、Mさんとざくさんが2人に追いつき、チームトレインは4人に。折角だからそれに加わろうとしたが、目の前の信号が赤になってしまって追いつけなかった。

間もなく、トレインから落ちてきたWさんを捕捉。前に出ると、あちらも負けじと前に出る。チーム内なのに、対抗されている気がする……いや、チーム内だからこそか。60代も半ばになって、この闘争心は凄い。

長野市内に入った辺りで、これまたトレインから落ちてきたパピコさんを捕捉。平地だと自分のほうが速い自信はあるが、アップダウンだと軽量なパピコさんとスピードはほとんど変わらない。さすがブルベのSR保持者というか、熟練の走りが見て取れる。2人、連れ立って長野市の街中を行く。


長野市の中心部に入ったところで、予定外の休憩。この先にヒルクライムが控えているにもかかわらず、CP2からの約30kmで飲み物を使い切ってしまったため。素早く飲み物をボトルに入れる。用件を済ませたら、さっさと出発。

正規ルートでは、長野市街からR18⇒アップルラインを辿り、黒姫高原に登る。ただ、10km以上短いルートがあるため、時間短縮を狙う人たちはそちらの「坂中トンネル」を行く。無論、短い距離で登るわけなので勾配は急だ。

一人で行くつもりだったが、パピコさんも同行。善光寺裏の道を抜ける。これでW善光寺制覇だ。道は徐々に斜度を上げて行き、8%程度で安定した。前回はここで本格的に膝を壊したため、34-27Tのインナーローでユルユル登る。どうやっても前二人には追いつけないし。……しかし暑い。この坂中トンネルへの登りは南面であり、時刻は11時、天気は快晴。Garminの示す気温は30度を超えていた。


トンネル直前、斜度が10%を超える。ラストが一番急という嫌なレイアウトだが、27Tは強力だった。膝を悪化させること無く登りきり、トンネルの中に入る。このトンネルは、トンネルなのにずっと登っている変なトンネル。登りのトンネルは、車とのスピード差が恐いものだが、ここは路肩もそれなりに広く恐くは無い。トンネルの中は涼しく、ヒルクライムでじりじりと熱せられた体を冷やしてくれた。

数キロに及ぶトンネルを抜ける。眩しくて暫くは目がチカチカする。後ろにいたパピコさんはいなくなっていたが、そのまま進む。ここまで来れば、あと少しでチェックポイントだ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

東京→糸魚川ファストラン2013 ④CP3:黒姫~GOAL

12:01、CP3: セブンイレブン信州信濃町穂波店に到着。Mさん、ざくさんの姿は無い。着いて早々、サポートメンバーに声をかける。

  「先の2人はいつ出ました?」
  「2分くらい前かな?」


2分くらい前に出たということは、7分くらいまえに来たと言うこと。既にそれだけ離されたか……この時間にこの場所にいる人はまだ少ない。トレインもほとんど出来ないはずだ。これは追いつくのはもう難しい。そうと決まればゆっくり休む。コンビニで大量に補給を買って休憩を決め込む。10分くらいは休んでいこう。膝が痛むこともあり、ストレッチを入念にやっておく。


10分ほど休んで出発。これでゴールまではチェックポイントは無し。さて、頑張るか……と思ったその時。

  プシューーーーー

後輪から空気の抜ける音。なんてこった、下ろしたてのGP4000チューブラーがたった200kmでパンクなんて……。このタイヤは装着するのが大変なことでも有名。値段も安くない。シーラントも入れていたのに役に立たず。パンク一発で1万円が飛ぶチューブラーは、やっぱりロングライドでは使えないな、と思った。


運が良いのか悪いのか、パンクしたのはCP3のすぐそば。歩道を引き返し、サポートカーに駆け寄る。

  「すいません、ホイールお願いします!」

今回、ありがたい事にサポートカーにはMAVIC KSYRIUM ELITEが積まれていた。一応、パンク時用にFastRepairと言うチューブラー用の修理剤は持っていたが、この距離ならばホイールごと交換した方が早いと判断して引き返したのだ。付いているスプロケットはSHIMANO 10s。自分のマシンには問題なく使える。付いているスプロケも11-23Tだが、ココから先は下りと平地。むしろ、平地でギヤが選べるクロスレシオはありがたい。

速攻でホイールを交換し、サポートメンバーにお礼を言って出発する。この時点でスタートから7時間が経過。あと90kmを4時間以内に走れれば、とりあえずは目標の11時間は達する。ここから直江津までの50kmはひたすら下り。あとはなるべく膝を痛めないように走るだけだ。


野尻湖を越えた辺りで、タンクトップのローディーを抜かす。同時に後ろにピッタリと着かれる。下り基調ながら向かい風であり、「まぁ風除け欲しいよね」ってことで知らん顔をして前を引く。一応、向かい風は得意分野なので。

時々、川を越えるために橋の上を走るわけだが、横風が辛い。後輪はリムハイトの低いキシリウムになったが、前輪はリムハイト60mmのディープ。横風の煽りをモロに受ける。Flecheの時のMiagiくんはもっと大変だったのだろうなぁ……と思いつつ、上半身で無理やりホイールを押さえ込んだ。


下り始めてから間もなく1時間が経過。タンクトップの人は未だ後ろにピッタリと着いている。普段、後ろに着かれても対して気にしないのだが、今回ばかりはそろそろ前を代わって欲しかった。


 ……オナラができねぇ!!


どうしてもロングライドというのは腹にガスがたまる。後ろに居なければ、気にせずそこで出してしまうのだが……。向かい風の下りで後ろに着かれていれば、当然直撃は必至。軸をずらしても着いてくるし。さすがに直撃させるのは悪いなぁと思って耐えていたが、一時間も経つと我慢の限界であった。信号が赤になったタイミングで前に行かせ、腹圧を解放する。……が、タンクトップの人は単独だと下りが遅く、すぐに追いついて前に出てしまう。で、後ろに着かれて以下繰り返し。あー、もう!


「乙吉」という交差点まで下ってきた辺りで左折。正規ルートだともう少し先で曲がるのだが、こちらもショートカットルート。こちらに曲がってしまえば後ろは着いて来ないはず……と思ったら着いてきた。さてはコイツ、ルートを覚えずに、前の人に着いて行ってるだけか!

ここまでのルートは去年走ったのと同じだが、このショートカットを使うのは初めて。携帯でルートを確認する路肩に停止。その間にタンクトップの人は行ってしまった。さよなら~……道解るのかな?

細い道を抜け、R8に合流する。その間にタンクトップの人に追いついて抜かしたが、今回は着いてこなかった。ここまで来ればあと40km、ひたすら海岸線の平地TTである。去年はここでトレインを組めたのだが、今年は一人。下ハンドルを持って頑張るしかない。時々、脚が攣りそうになるため、芍薬甘草湯を流し込む。膝の痛みも相変わらず続いているため、信号で止まったタイミングでストレッチを入れた。


最初は向かい風だったものの、暫く行くと追い風基調に。ここに来て、スピードはメーター読みで37km/hを指していた。

……あれ、これ10時間半切れるんじゃないか?

残り距離は30km。経過時間は9時間45分。あと1時間15分で30km走るのは決して不可能な数字じゃない。下ハンドルを握りなおし、再びの巡航体制。これで後は速いトレインでも来てくれれば……と思うが、結局最後まで誰とも会うことはなかった。

糸魚川市街に差し掛かったところで、進路を北へ。これで後3km!ここで、一台のハイエースに抜かされた。うちのチームのサポートカーだ!手を振って、応援に応える。そしてその勢いのまま、ゴールである「ホテル国富アネックス」に飛び込んだ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。