スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Fleche2013(日本橋→三条大橋)~プロローグ

悪夢のFleche2012から一年。今年もFlecheの季節がやってきた。

Flecheは1年に1度だけ開催される、チームブルベである。通常のブルベとの差異は以下の通り。

・1チーム3~5人で走ること。
・24時間以内に出来るだけ長い距離を走ること(360km以上で認定)。
・コースは各チームで作成すること。

Flecheの特徴は、各チームがコースを設定できることである。ゴール地点(Nice Placeと呼ばれる)のみが決まっており、どこをスタートして、どんな道を通るかは各チームの裁量に任される。ここがFlecheの面白い点であり、難しい点だ。昨年は日本海側スタートを選んだばかりに、雪地獄に陥ったことはこちらに書いたとおりである。


今年のNice Placeは京都。これを聞いた瞬間、頭の中でコースは固まった。

  東海道を端から端まで走る。

制限時間は24時間。走行距離は500km。次の挑戦は「チーム・キャノンボール」だ。





Flecheを走るためには、メンバーが必要である。今回は私baruがリーダーとなり、Twitterでメンバーを募集。「24時間で500kmを走る」という厳しい条件ではあったが、4人のロングライドの達人が集ってくれた。

■キクミミさん
各地のレースで初音ミクフォームで勝利を飾る有名人。昨年はTOTにも参加し、圧倒的な走力でトップタイム完走。ロングもレースもヒルクラもこなせるオールラウンダー。

■チャリモさん
「1000kmからがロングライド」と公言する聖地巡礼系ロングライダー。キクミミさん同様、TOTに参加して完走。平地とアタックが得意なパンチャー系?

■ゲンスケさん
昨年はキャノボ完走、サコライドも多数クリア。今年からブルベも始め、Fleche直前には大雨の400kmも見事に走りきった。私と同じくルーラー系?

■Miagi君
サコライド伊豆を一緒に走りきったGagazine記者。今年は仕事が忙しくてあまり乗れてない感じ?登りに情熱を燃やすクライマー。


全員、余裕を持って24時間で500kmを走れる強者ぞろいだ。ただし、それはソロの話。チームとなると話が違う。「複数人で走ればローテーションが出来るから速いんじゃないの?」と思う人も多いと思う。しかし、それはノンストップのレースに限ってのこと。信号停止や、休憩が不可避なロングライドの場合はロスの方が大きい。

 ・ペースが合わないことによる疲労。
 ・休憩のタイミングが合わないことによる疲労。
 ・トイレ休憩の時間は人数分掛かる。
 ・パンクのリスクやトラブルの確率も人数分増える。


Flecheはチームライドであるため、基本的に固まって走ることになる。しかし、今回の面子はソロ走行が得意であるメンバーが多く、集団でのロングが初めてに近い人もいる。本番前には2回の練習走行(日本橋~箱根まで)を行い、ペースや休憩について確認を実施し、ルールを決めた。具体的に決めたのは以下である。


 ・先頭は平地では飛ばしすぎないこと。上限35km/h。
 ・先頭は傾斜面は勢いで登らず、ギヤを落として登ること。
 ・前走者に付いていけないと判断したら、千切れること。
 ・先頭は後ろが来なかったら待つこと。
 ・停止からの発進は、後ろが付いてこられるようにゆっくりスタートすること。
 ・トイレ休憩や眠くなったらすぐに申し出ること。


ネット上ではあるが、議論も重ね、コースも時刻表も決定。後は走るのみとなった。

このメンバーで、これだけ準備を重ねたのだから、必ず京都まで完走できるはず。この時はそう思っていた。しかし、現実はそんなに甘くなかったのである。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Fleche2013(日本橋→三条大橋)~スタート前

4/26 23:30。終電が近付く東京駅 日本橋口。

案の定というか何と言うか(笑)チャリモさんからの迷子連絡。TOTのスタート前を思い出す。キクミミさんからの電話で無事、定刻に遅れることなくチャリモさんも合流し、全員が集合した。更に、見送りに来てくれたメイドさん学科自転車部のミヤコさんも。

全員にブルベカードを配り、記入。初めてのブルベの人もいるので、書き方の要領を教える。


fleche_2013_01.jpg


スタート前の記念撮影。この頃は皆元気だった……。本来であれば、東海道の起点である日本橋で撮影したかったのだが、諸事情によりそれが出来なかったのが残念である。

23:50、ブルベカードに一通りの記入を終えて、スタート地点:ファミリーマート三越前店へ向かう。店の前には、これまた見送りのよしごみさんの姿が。差し入れとしてアミノバイタルゼリーを頂く。さすが同じキャノンボーラー。欲しいものを解っている。


4/27 00:00。全員がレシートを手にいれ、スタート。長く、苦しい24時間が始まった。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Fleche2013(日本橋→三条大橋)~①日本橋~三島

先に書いたように、今回のルートは「東海道を端から端まで走る」ものである。京都・山科までのルートは、基本的にキャノンボールのR1ルートを辿る。まずは、R15(旧東海道)だ。


金曜深夜ということもあり、タクシーは多い。キャノボ時にも同様の時間帯にスタートすることが多いため、慣れっこのつもりだったが。新橋に差し掛かったところで、2車線を占有するタクシーに驚いた。こんな置き方、法律上大丈夫なんだろうか?警察にもちゃんと取り締まって欲しいものだ。

新橋を超えると、多少は道が空いたが、今度は品川で酔っ払いに絡まれる。そして、その後は信号地獄。TOTの時と曜日もスタート時刻も一緒のはずなのに、やたら信号に引っかかる。「イライラしても仕方ないよな」と、最初は思っていたが、蒲田に差し掛かる頃にはあまりの停止の多さにイライラが募っていた。


東京と神奈川の境にある六郷橋を越えたのは01:01のこと。ここまでスタートから61分。TOTの時は53分だったことを考えると、かなり遅い。スタートした曜日も時間も一緒なのに何故だろうか?思い返してみると、TOTからの半年間にはR15にいくつかの大きな工事が入っている。


 ・札の辻交差点の自転車レーン敷設
 ・蒲田駅の路上踏み切りの撤去
 ・蒲田駅南にアンダーパスの新設


少なくともこれだけの変化があり、信号のパターンが変わったのではないかと推測される。個人的定説だった「キャノボは深夜スタートが良い」というのは、もう通用しないのかもしれない。



神奈川に入ると、進路は南から西へと変化する。この日の予報は西風。残念ながら京都までずっと向かい風の予報となっていた。まだ風は強くないが、恐らく箱根を越えた辺りで風は強くなるのだろうな・・・・・・と思いながら先へ進む。そして川崎でもまた、信号に引っかかりまくった。

01:30、横浜駅前を通過してR1に合流。この時、停止時間を見てみると、なんと40分。ここまでの経過時間のうち、約4割は停止していたということになる。メーター読みのAveは30km/h近いのに、これでは進まないわけだ。「信号峠酷すぎだよね」と皆で笑い合う。

戸塚を過ぎると、ようやく信号も少なくなってストレス無く走れるようになった。遊行寺坂でR1を外れ、R134方面へ。ここはスピードが乗るため、35km/hの制限速度を引き上げ、37km/h制限に。ここはキクミミさんが安定した引きを見せる。

03:50、小田原城向かいのPC1:セブンイレブン小田原南町店に到着。多少は遅れを取り戻したものの、予定時間からは30分も遅れていた。余裕を持って設定したつもりだったが、ここまで信号に引っかかるとは思っていなかった。1人ではギリギリ抜けられるタイミングでも、複数人だと後ろが抜けられない可能性が高く、早めに停まらざるを得ない。もちろん信号パターンの変更による影響もあっただろうが、ギリギリで抜けられなかった信号の時間が積もり積もってここまでの遅れになったのだろう。チーム戦であるフレッシュと、都市型コースは思った以上に相性が悪いのかもしれない。

予定からは遅れているが、この後はルート上最大の難所・箱根。しっかりと10分間の休憩を取る。

  「どこまで行くの?」

と、深夜コンビニにたむろしてる兄ちゃんに話しかけられる。

  
  「ちょっと京都まで!」
  「え、一日で?」


いつものやり取り。


きっかり休憩10分で出発。三枚橋から箱根旧道に入る。冒頭にも書いたとおり、今回は「東海道」がテーマ。となると、旧街道である箱根旧道を通るのが作法と考え、今回はこちらを選んだ。しかし、これは結果として失敗だったかもしれない。

ヒルクラはペースが合わないため、頂上の畑宿入り口まではフリー走行とした。早く上り終わった人は上で待つという感じ。とりあえず自分が先頭で登り始めたが、誰も追いついてこない。面子の中ではダントツにヒルクライムが速いキクミミさんがぶっ飛ばすかと思いきや、いつまで経っても追いつかれることは無かった。

箱根旧道は56分でクリア。1時間掛けようと思っていたが、予想以上に早く登ってしまった。このダメージが後半効いてこなければ良いが……と考えていると、チャリモさん、ゲンスケさんが登ってきた。恐らく面子では一番速いキクミミさんと、二番目に速いMiagi君がしばらく遅れてゴール。どうも、Miagi君の調子が悪く、キクミミさんが一緒に走っていた格好らしい。

当然のように「全員、箱根旧道を登ったことがある」と思っていたのだが、Miagi君は下ったことはあっても、登ったのは今回が初めてだったことが発覚。事前のチーム練習の際も雨が降ったので、箱根旧道は登らずに引き返していた。登ったことの無い激坂を登り、かなり消耗してしまった模様。R1ルートの方が賢明だっただろうか。


畑宿入口交差点から芦ノ湖に降りる。寒い。もう4月も終わりだというのに、Garminの温度計は0度を指していた。一昨年のキャノボも同時期だったが、それでも気温は2度あった。冬用のインナー+長袖ジャージとはいえ、0度は想定外。やはり今年は冬が長い。

そしてこの後待っているのは……15kmのダウンヒル。ウインドブレイカーを着込み、朝焼けに染まる三島の町に駆け下りていくのだった。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Fleche2013(日本橋→三条大橋)~②箱根~静岡

下界は暖かかった。三島と沼津の間にあるPC2:セブンイレブン清水町黄瀬川店で、ホットココアを飲みながら、その暖かさに感謝した。

箱根からのダウンヒルは極寒だった。実際の気温は0度でも、体感気温はもちろんマイナス。寒さで手が痺れたので、何度か停まりつつ下っていく。やはりオーバーグローブを持って来れば良かった。そして、そんな時でもチャリモさんは素手であった。おかしい。この人、やっぱりおかしい。

遅れは多少取り戻し、予定からは20分遅れに回復。先を目指す。

沼津から富士へ向かう旧東海道は快走路。平地が得意なチャリモさんが35km/hで淡々と前を引く。向かい風は思ったほどではなく、精々1~2m/sと言った所。これくらいならば問題はない。

  「向かい風予報だったけど、これなら大丈夫そうだね~」

などと、のんきな事を話していた。しかし、この後一行は自然の脅威を知ることになる。



新富士川橋を歩道で越える。富士山がくっきり見えるほどいいお天気。風も微風。これは貰ったな、と思っていると、橋の終わりにカメラを構える人が。

  「お疲れ様~」

IMG_4510.jpg 


TOTでも往路復路両方でエールを頂いたShunzzyさんだった。予想外の応援に力を貰う。ありがとうございます。


富士由比バイパスも歩道で通過。駿河健康ランドの脇から興津へ入り、静岡の街を目指す。

この辺りから、Miagi君の様子がおかしくなっていた。かなり疲れている感じ。ここ最近、仕事が忙しくて乗れていなかったようだが、その影響だろうか。

清水駅前を越え、大曲交差点を曲がった辺りから、今度は風に異変が発生。強い風が吹き始めた。先頭を引くキクミミさんのスピードが目に見えて落ちる。静岡駅前を通過する頃には、風は完全に向かい風となっていた。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Fleche2013(日本橋→三条大橋)~③静岡~袋井

08:30、PC3:ローソン静岡黒金町店に到着。向かい風でメンバーに疲れが見えたため、当初の予定より5分ほど長めに休憩を取って出発した。


宇津ノ谷トンネルを出ると、風はより一層強くなっていた。風速にして5~8m/sといった所だろうか。トンネルを出たところで振り返ると、ゲンスケさん以外の姿が無い。

  「やっぱり、Miagi君の調子が悪いみたいで、
  キクミミさんとチャリモさんの二人は
  一緒に走ってるみたいですよ。」

  「うーん、そうですか・・・・・・」

まだここまでの距離は1/3に過ぎない。ここでペースが崩れれば京都までの到達は絶望的である。

  「そこで提案なんですけど、これは400kmゴールも
  考えた方がいいんじゃないでしょうか。」


Flecheもブルベである以上、出走前に決めたルートを走り切るのが原則となる。しかし、追い風で進みすぎてしまったり、逆に天候で思うように進まないこともありうる。そこで、定められている特別ルールが、通称「20%ルール」。最初に申請したルートの走行距離の±20%以内の距離を走れば、「完走」と認定されるのだ(+20%以上走っても、+20%までの距離が認定距離となる)。

今回、我々のチームが申請した距離は500km。-20%の距離は400kmとなる。これだけ走れば、一応ブルベとして認定はされる。ゲンスケさんの言う「400kmゴール」とはこのことだった。それも考えなくてはいけないな、と思いつつ、追いついてくる3人を待って出発した。


以前にも書いたが、藤枝~島田は退屈な区間だ。東京→大阪キャノボの時も一番眠くなったのがここだった。あの時も向かい風だったが、今回は明らかに風が強い。それでも、30km/hで先頭を引きながら前に進む。


大井川を越えると、中盤の難所、金谷峠だ。しかし、今回は難所という悲壮感は無い。

  「やった登りだ!!風の影響が無い!!」

ゲンスケさんが叫ぶ。後から振り返っても、静岡~名古屋までで一番走りやすかったのが金谷峠である。この表現で、どれだけ向かい風が強かったか解って頂けるのではないだろうか。ハイテンションになった一行は、かなり良いペースで峠を登っていく。そして頂上前では、チャリモさんが謎のスプリント。KOMは彼の手に。

  「金谷峠を越えたら風が弱まるといいんだけどなぁ……」

と、チャリモさんがこぼす。峠を越えると天気が一変することは良くある。しかし、風の予測図を見ると、その可能性は薄かった。小夜の中山トンネルを抜けると一気にダウンヒルに突入するが、風に押し戻されそうになる。静岡の風が本気を出し始めた。これが「遠州の空っ風」という奴だろうか。


11:50、PC4:セブンイレブン袋井川井店到着。予定より一時間遅れ。店の前にあるノボリが恐ろしい勢いではためいている。ここまで来ると、「強風」というより「暴風」になってきた。事実、この日は静岡に暴風波浪警報が出ていたようだ。

そしてここで、一つの決断が下されることとなった。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。