BRM210 北風に負けるな 【起】

AJ群馬主催のBRM210「北風に負けるな」に参加してきました。初っ端なので、200kmです。というか、天気の選べないブルベでは、あまり距離の長いコースに出るつもりもないのですけど。

今回のコースのスペックは……

  ・距離: 201.9km
  ・最大標高差: 76m
  ・獲得標高: 119m

高崎をスタートし、利根川の北側を南東へ100km。つくばサーキットを折り返し地点に、利根川の南側を北西へ100km帰ってくるというもの。普通、ブルベの獲得標高の相場は100kmで1000m。規準の1/10。おっそろしい程にフラットコースです。

山がちな群馬において、「なんでこんなイージーなコースが?」と思われる方も多いでしょうが、そこはこのブルベのタイトルにご注目。カギは北風。冬の群馬は「空っ風」と呼ばれる強風が吹きます。その風は台風クラス。群馬の人にとっては慣れっこ。しかし、他の地域から来る人にとっては山以上に辛い壁となるはずです。


今年の初ブルベにこのコースを選んだのは、群馬の風物詩を改めて体感したかったから。ヌルい神奈川の風にならされて弱体化していないかを確認したかったのです。

もう一つの理由は、ニコ生自転車部のチームメイトがブルベデビュー戦としてここを選んだから。GIANTのシクロクロスを駆る「ぷら」さん。山が苦手とのことで、このコースを選んだと言うことですが……。前述のように群馬の空っ風は、時に山よりも高く立ちはだかります。そこで、もし風が辛かったりした場合には、群馬出身の経験を生かして風除けになろうと思っていたのでした。


これまで参加した2本のBRM(新雛鶴、ロマンチック片道)はいずれも、ソロファストランモード。しかし、今回は仲間と一緒に走るため、ファストランモードは封印。事前には、グルメポイントをピックアップして携帯に入力。楽しい楽しい「グルベ」となるはずだったのですが……脆くもこの目論見は崩れ去ることになります。


-----


ブルベ当日朝。実家のベッドで目を覚ます。……寒い!!前日夜の時点で気温は-2度。となれば当然、明け方の気温は更に低いはずだ。EDGEの温度計を見ると、-5度を指している。冬の箱根並じゃないか。しかし、外に出ても風はあまり吹いていない。ただただ空気が冷たいだけ。群馬では珍しい天気である。


伊勢崎の実家から、スタート地点である高崎・城南大橋までの距離は20km。当初の予定では自走する予定であったのだが……

  母「乗ってく?」

ハイ、心折れたー。というわけで、運動会に向かう中学生のごとく親の車に乗って会場へ。ああ、情けない。と思ったら、会場には結構家族に送ってきてもらっている人がいた。大人の運動会ってことだろうか。


183831_405334579558183_1840271728_n (1)


まずは受付へ。なんか見た顔が沢山。群馬のチーム「OneWay」の白パナさんやmenmenさん、Twitterで絡みのあるmizuhoさんがスタッフであった。VRC青葉と同様、知った顔がスタッフだと安心感がある。

夜が明けて多少気温は上がったものの、-4度。ブリーフィング中も飛び跳ねてないと寒くて仕方ない。群馬ってこんなに寒かったっけ?風が無いのが不幸中の幸いである。しかし、「空っ風は昼間吹く」ので油断は禁物だ。

そして、チームメイトと合流。件の「ぷら」さんと、山形から参加の「がんちょ」さんだ。二人ともニコ生ジャージ。自分もウインドブレイカーを着ているものの、中はニコ生ジャージ。ファストランモードの時に着るキャノボジャージではない所がポイント。今日はのんびり走るのだ。


――だがしかし、そんな思いとは裏腹に会う人会う人にこんな言葉を投げかけられた。

  「今日は当然8時間切りだよね!」

いやいや、今日は仲間と一緒にグルベですから!

  「はい、車検しまーす。ライトは……
   あ、どうせ暗くなる前に帰ってくるから別に見なくても良いか!」


いやいや、今日は暗くなるまで走ってるつもりですし!てかスタッフの人がそんなこと言って良いんですか!

そしてあまつさえ、チームメイトからも、

  「ド平坦で、風が強い。正にばるばる(愛称)のためのコースだよね!!」

いやいや、えーと……あの……その……

……解りましたよ!やります!僕がやります!僕はキャノンボーラー・ばるばるです!


という訳で、グルベの目論見はスタート前に霧散したのであった。結局今回もファストランモード。そういうキャラを作ってきたのは自分なわけで仕方が無い。いつも通り、事故らないように出来る限り速く走ることにした。

7:15、第6ウェーブで城南大橋下をスタート。まず目指すは、10分前にスタートしたチームメイトの背中だ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

BRM210 北風に負けるな 【承】

スタート直後、いきなり道に迷う。最初からファストランモードで走ることが解っていれば、コマ図とルートを熟読してシミュレートする。しかし、今回はいきなりの方針変更。事前知識を何も入れていない。頼りはルートラボのGPSデータを入れたEDGE800のみだ。

後からスタートした集団に混ぜてもらい例弊使街道まで向かう。江戸時代、京都からの朝廷の使いが日光東照宮に御幣を捧げるために通った道。現在では大部分がR354となっている。古河まではこの例幣使街道をひたすら走るのが今回のルートだ。この道、伊勢崎出身の自分には感慨深い。伊勢崎の人間にとって、国道といえばR354かR17なのだ。後になってR462が出来たが、イマイチ地元の道という感じはしない。

幼い頃から走り慣れた道を抜け、境町~尾島町と走る。この辺りでは有名な「朝からやってるラーメン屋」である「ラーメンショップ尾島店」に入りたくなるが、定休日。やっていても食べている暇はないのだが。

スタートから20kmを過ぎたが、まだニコ生自転車部一行に追いつかない。確かに追い風が吹いており、物凄く快調に走れている。あちらも風に乗って良いペースで走れているということか。

太田市を南北に貫くR407を越えた所で、ついにニコ生ジャージを眼前に捉える。がんちょさんとぷらさん、両方とも快調そうだ。ここまで自分のAveは26km/h。彼らのAveも23km/hほど。ブルベは15m/hあれば十分。かなり余裕があるようだ。

  「先行っていいよ~」
  
と言われたので、そのまま先を行く。館林を過ぎると、見覚えのある風景。先日の「サコライドNewYear」で走った場所だ。佐野ラーメンの誘惑にも駆られるが、やはり先を急ぐ。


60km地点を越えた所で、マズいことに気がついた。


  補給が……足りないッ……!

  
のんびり休憩を入れながら走るつもりだったので、補給は最小限しか持っていなかった。かといって止まるのもタイムロス。というか、それ以前にコンビニを暫く見た覚えがない。板倉町ってこんな田舎だったのか……。ポケットを見ても出てくるのは補給食のゴミのみ。最後の望みを託してサドルバッグを開けると……


  親方!中からチョコレートが!!

  
実家で母に貰ったチョコレートであった。熱量は400kcal。助かった、これだけあれば残り40kmはイケる。かくして、PC1まではノンストップで辿り着いたのであった。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

BRM210 北風に負けるな 【転】

11:00、今回のコース唯一のPCである「ココストア石下篠山店」に到着。実は、着くまでPCがココストアだと知らなかった。折角Edyをチャージしてきたのだが、ココストアでは使えず。現金で復路分の補給食を購入した。

gunma.jpg


ここまで100km/3時間45分。往路はAve27km/hとかなりのハイペースだ。と言っても、大半は追い風の効果によるもの。きっと復路は大きくスピードダウンするはず。8時間切りは厳しいか。休憩13分で出発。


だがしかし。復路を走りだしても大した風は吹いていない。もしかして、今日は北風不発?そうなると、ただのど平坦である。いささか物足りない気もしたが、波乱なく終わるのもまた一興か……と思ったその時。


  ぴーーーー!
  
  
音を出しているのはEDGE800。まさかの「Batteries Low」。なん……だと……!?充電が不完全だったのか、電池が残り20%しかない。残り距離90km、さすがにこの電池の量では持たない。モバイルバッテリーをつなぐが、何故か反応してくれない。こちらも充電に失敗したらしい。予備のバッテリーはもう無い。となればアレしかない。


左手にあったファミマに入り、1分で離脱。携帯電話用のUSB電源(単三2本タイプ)を購入したのだ。今ではモバイルバッテリーに切り替えたが、以前はこのタイプのUSB電源を使用していた。EDGE800に接続し、無事充電を確認。しかし、残念ながら50%まで充電した所で電池が力尽きた。残り80kmほど、何とか持つか?


茨城と千葉の境である境大橋を横切ると、利根川のサイクリングロードに入る。風の強い日は、正に吹き飛ばされそうな風が吹くこの場所。しかし、本日は至って平穏。一体どういうことだってばよ!!一定ペースで栗橋に掛かる利根川橋で埼玉へin。ここからは利根川の南を行く。

妻沼に入ろうかという所で、良いペースで走る3人の集団を前方に捕捉。最初は付いて行こうかと思ったが、ペースが合わないので先行。すると、一人だけ付いてくる御方が。スタート地点で「カッコイイな~」と思って写真を撮ったSUPERSIX EVO+ENVEの豪華バイク乗りの方だった。

写真


コレ。カッコイイ。BENTO BOXが自分と同じハーフサイズな所にシンパシー。しばらく先頭交代をしつつ走っていたものの、「ドリンク切れたので~」ということでEVOの方離脱。またしても単独走行になる。そして人の後ろはやっぱり楽である。


深谷市に入った所で、こちらもドリンク切れ。キャノボ風に、信号で停まった隙に自動販売機へ。手持ちの補給食のカロリーも心もとなかったので、500mlの赤コーラを購入した。残り30km、これでイケるか?
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

BRM210 北風に負けるな 【結】

岡部を超え、本庄近辺からR17にin。ここで白パナさんを乗せたスタッフ車が追い付いてきた。写真を何枚か撮られる。

R17に入ればもう見知った道。ゴールの城南大橋はR17沿い。きっとこのままR17をひたすら行けばゴールだろ!!


  びーーーーーー
  
  
EDGE800からルートミスを報せる通知音。どうやら新町駅前からK178に入るのが正解らしい。うーん、気持よく走れていたのになぁ……まぁ、ルート通りに走るのがブルベなので仕方がない。案内にしたがってK178を走る。

倉賀野駅前で、往路に通った道と合流。ここからは来た道を戻るだけ!残り2km地点で、渋滞に引っかかっていたスタッフ車に再度追いつかれる。既に日は傾いてきているが、とりあえず明るいうちに帰ってこれた。

ゴールまで1km。上毛電鉄の踏切を越えようとダンシングをした所で脚が攣った。同時にEDGE800さんの電池が切れた。文章では余裕そうに書いているが、結構一杯一杯で走ってきたため、この状態もやむを得ない。とりあえず道はもう分かるので、だましだましゴールへと向かう。


15:02、城南大橋下にゴール!!7時間47分で完走。山岳が無いとはいえ、この時間で走りきれるとは思わなかった。何故か全く吹かなかった風のおかげかな。

64864_445082765561819_872282255_n.jpg


暫く後に、途中で別れたSUPERSIX EVOの方がゴール。が、なんと「ブルベカード失くした!」との声。ついこの間もゲス男さんが似たようなことをしていたけど、ゴールしてブルベカードが無いというのは辛い。ご本人は「良いネタになった」と仰ってましたが、自分も無くさないように気をつけないと。


BCuigndCYAAMgK-.jpg


ゴール地点では、嬉しい豚汁のサービス。これがかなり濃厚で美味い!!更にはお菓子にドリンクも大量に用意されていて、AJ群馬のホスピタリティの高さを感じた。2年目にして、既に完成されているんじゃなかろうか。


その後、次々に帰ってくるランドヌールたち。Twitterで絡みのあるサバキャンさんや、Takkunevoさん、ニコ生自転車部のキロキロさんも帰ってきた。

BCvByNiCcAARutv.jpg


日もとっぷりと暮れ、19時過ぎになった頃。ニコ生自転車部の二人が帰還!!初ブルベのぷらさんも膝の痛みはあるものの、見事12時間を切って完走した。ずっと前を引いていたがんちょさんは大分余裕そうである。さすが。


-----


こんな感じで、初参加の群馬ブルベは終了。故郷だからというのもあるかもしれませんが、アットホームで良いブルベでした。特に最後の豚汁がすごく美味しかった。またスケジュールが合えば走りに来たいですね。次は300kmかな……。


【走行データ】
通算距離: 201.9km
走行時間: 7時間47分(メーター読み: 6時間40分)
平均時速: 26.2km/h(メーター読み: 30.1km/h)
平均心拍: 152bpm
獲得標高: 396m
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR