スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

BRM804ロマンチック片道 プロローグ

2011年6月。キャノボを両方向達成した自分は次の目標を探していた。

そんな時見つけたイベントが、AJ宇都宮のブルベ「ロマンチック片道」である。毎年AJ宇都宮が夏に開催している「山岳」ブルベの一つで、2011年に新設されたコースがこの「ロマンチック片道」。宇都宮森林公園を出発し、ロマンチック街道をひた走った先に待つ日本国道最高地点「渋峠」を目指す。超級山岳の頂上ゴールという、「それどこのツール・ド・フランス?」といった風情の難コースだ。

コースの難しさの指標となる獲得標高は5300m。ヒルクライムのメッカ「乗鞍」の高低差が大体1200m。乗鞍を4回登って、更にまた半分くらい登るだけの獲得標高である。200km走る間にそれだけの山が各所に散りばめられているのだ。


これは面白い。

山岳はあまり得意ではない自分。距離こそ少し物足りないが、これだけの登りを一気に走ったことはない。しかし、ブルベでは獲得標高は考慮されない。どれだけ登っても、200kmブルベは13:30の制限時間内にクリアしなければならないのだ。これは次の目標にちょうどいいのではないか?


だがしかし。開催時期を見て考えが変わる。7月の後半、おそらく気温は35℃を超えてくる。5月の糸魚川で熱中症に陥った自分は夏にあまり強くないことが解った。糸魚川ほどの速さで走るわけではないが、山岳を登る以上、必然的に運動強度は上がる。その状態で果たして熱中症にならずに走りきれるのか?と。


・・・結局そんな感じで迷っているうちにエントリーは締め切られていた。


-----


そして2011年7月17日。この日、自分と自転車仲間2人+いしこうさんの4人は渋峠にいた。実はこの日がロマンチック片道の本番の日ということはすっかり忘れていたのだが、偶然にもツーリングの行き先が渋峠だったのだ。Twitterを見ていると、いしこうさんがゴールを迎えに来ていることを知り、せっかくなので自分たちもゴールで参加者たちのゴールを見届けることになった。

ちらほらとゴールをしている人はいるものの、ほとんどの人は獲得標高と暑さにやられ、途中リタイヤ。このまま8割以上がリタイヤ・またはタイムアウトのまま規定時間の13時間半を迎えるのか・・・と思いきや。13時間を過ぎてから次々とゴールしてくるランドヌールたち。計算されつくした走り・・・とでも言うのだろうか?TTではない、「ブルベの走り」だ。

そうこうしているうちに目を疑う光景が。


RIMG4950.jpg


  MTB…だと…!?
  
なんと、フラットバーのMTBが渋峠に現れたのだ。しかもビンディングではなくフラットペダル。ロードバイクでもリタイヤ続出の中で、重いはずのMTBでクリアする人がいることに驚いた。・・・と思ったら、これはまだまだ序の口だった。


RIMG4952.jpg


  ママ…チャリ…!?!?
  
どう考えても日本国道最高地点に似つかわしくないママチャリが、確かにそこにいた。ホイールこそDURA-ACEが付いていたが、その他はどノーマルのママチャリだ。ライダーは「カゴに補給を入れられてイイ」などとうそぶいていたが、恐ろしい健脚でなければこのコースをママチャリでクリアすることは出来ないはずだ。



MTB、ママチャリでこのコースをクリアする人がいる。結局エントリーもせずに逃げた自分が恥ずかしい。彼らのようにハンデ付きでは難しいだろうが、ロードならやれないはずがない。


2012年6月。「今年こそは」の思いを込めて「BRM804 ロマンチック片道」のエントリーのボタンを押した。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

BRM804ロマンチック片道 スタート前

120803_1708~01

2012年8月3日。前日のうちに宇都宮入り。まずは腹ごしらえということで、定番の餃子屋「みんみん」へ。

120803_1728~01

やっぱり美味いなー。これで一人前240円っていうのがいい。その後、これまた定番の「正嗣」で2人前の餃子を平らげた。エネルギー補給はこれでカンペキ。


宿泊先の「ホテル鶴」にチェックイン。ここはスタートのすぐそば。ギリギリまで寝てられるというわけだ。

ML_SH3J0664.jpg

自転車もそのままロビーに置かせていただけた。さすが「自転車の街」宇都宮、しかもジャパンカップコースの中にあるホテルである。

3つ隣の部屋に偶然にも居たカマノ隊長に挨拶もそこそこに、21時半には就寝した。


-----


翌朝2時半起床。準備をしてカマノ隊長と合流。すぐそばの森林公園駐車場を目指す。ジャパンカップのゴール地点であるこの場所に次々とランドヌールが集う。

SH3J0666.jpg

時刻は午前3時半。まだ真っ暗だ。

スタートリストにサインをし、ブルベカードを貰う。Edge800のナビゲートもスタートしておく。前週の新雛鶴では車検後に即スタートということを知らなかったので慌ててしまったが、今回は大丈夫だ。

4:01。車検を受けて、いざ第2ウェーブで森林公園をスタート。最凶山岳ブルベ、開始。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

BRM804ロマンチック片道 ①START~PC0

今年の「ロマンチック片道」は全部で8つの峠を越える。昨年に比べて峠がひとつ増え、獲得標高は5300→5500mへ。完走率が30%となった昨年よりも更に厳しくするなんて、AJ宇都宮はちょっとおかしいw

スタート直後に越える第一の峠は「古賀志林道」。毎年10月に行われるジャパンカップではレースの明暗を分けるポイントだ。高低差は167m。カテゴリーは3級と言ったところか。路面には去年の応援の跡がくっきり。「柿沼頑張れ!」「GO!BLITZEN」など、地元宇都宮のファンが書いたと思われるメッセージが。中には「ジャパンカップ反対」などと言うメッセージもあったけれど、わざわざこんな所まで来て書くなんて暇な奴らも居たもんだ。


間もなく峠を越えて、下りに入る。月明かりがあるとはいえ、まだ辺りは真っ暗。ライトはGENTOS閃を持ってきたものの、力不足である。夏場なので、4時だったら明るいかと思ったのだが、そんなことは無かった。前走者のテールライトを頼りにゆっくりと下る。

下りきった所で県道70号に合流。一応信号があるのだが、そのまま右折する人が多かった。ブルベと言えどそんなもん?押しボタンで信号を変えてから二段階右折をする。

ここで快速で飛ばすBMCの人が居たので、その人にくっついていく。文挟駅あたりで、おそらく先頭と思われる集団と合流。ここからは次の峠、滝ヶ原峠を目指しての登りが始まる。しばらくは緩い勾配での登りが続くが、徐々に道は細くなっていく。先頭集団とは千切れてしまい、同じく千切れたRoubaix乗りの人の背中も徐々に遠くなっていく。やはり登りは苦手だ。

滝ヶ原峠はラスト2kmの平均勾配が11%にもなる激坂。体重の重い自分は体が後ろに引っ張られるようだった。そんな時、バックミラーに映る影。独り言をブツブツ言いながら登ってきたのは・・・同じロングライダースのところでさんだった。結構静かなイメージのある方だったのだが、走ってる途中はキャラが変わるらしいw 


 「あれー、こんな所で何してんの?」
 
 
自分より5分後に出発したところでさん。スタート地点では「もう会えないねー」とか言っていたが、しっかり追い付いてきてるじゃないですか。まぁ、自分が遅い+ところでさんがクライマー系というのもあるのだろうが、開始30kmで5分差を詰められるとは。やはりトリプルSR保持者は伊達ではない。

結局、そのまま峠までご一緒することとなった。しかし、ダウンヒルでは恐ろしい速度でかっ飛んでいくところでさん。その後も度々思ったが、ブルベに多く出ている人たちはとにかくダウンヒルが速い。自分の知人でも登りはすぐちぎれるのに、下りではあっという間に追いついてくる人がいる。その知人もダブルSRのランドヌールだ。

日本のブルベはとにかく山を登らされることが多い。ということはその分、下りも多くこなさなくてはいけないわけだ。また、登りで失ったタイムを取り戻す必要もある。そういうわけで、ブルベ歴の長い人たちはダウンヒルが速いのだろう。


峠を下りきり、清滝の街を通り抜ける。ボトルに水を補給しようと思ったが、まだ十分に残量があるため、そのまま進むことにした。まだ時刻は5:30ということもあり、気温が低いのが幸いした。

ここからはかの有名な「いろは坂」を登り、第ニの峠・明智平を目指す。群馬生まれの自分だが、何気にいろは坂を登るのは初めてである。普通はバス旅行で来るような場所だが、まさか自転車で初めて来ることになるとは思わなかった。斜度が上がってきたところで、徐々にところでさんとの差が開いていく。やはり、坂では勝負にならない。

いろは坂の各カーブには「いろはにほへと」の看板が設置されている。一体何文字目まであるのかな?と思ったが、「そ」より先は見つけることが出来なかった。実際には登りでは「ね」までの看板があるらしい。もう一本の登りである「第一いろは坂」には、「な」から「ん」までの看板があるそうだ。今度機会があれば見に来よう。


登り切ってトンネルを抜けると、そこは中禅寺湖。ここで自動販売機を見つけたため、一旦休止。ボトルにアクエリアスを補充する。同じくところでさんも休止し、赤コーラを飲んでいた。



中禅寺湖から戦場ヶ原を越えると、第三の峠・金精峠への登りが始まる。昨年、多くの人がここに設置されたシークレットPCでタイムアウトとなったらしい。今年もシークレットPCがあるのかな・・・と思いながら登っていく。

しかし涼しい。というか寒い。Edgeの気温表示を見ると・・・

11970.jpg

なんと12℃。8月で夏真っ盛りのこの時期にこの気温。奥日光は素晴らしい避暑地だった。天候もすっきりと晴れており、日光の街がよく見えて気持ちよかった。


120804_0738~01


7:39、清滝の街から都合1100mほど登って、ようやく今回の前半の山場である金精峠に到着。トンネルの脇にはスタッフの方が。


  「シークレットPCです!」
  
  
やはりあった。ブルベカードを渡し、サインを頂く。とりあえずこれで前半をクリア。貯金もそれなりにある。出力を抑えた走りをしてきたこともあり、体へのダメージも少ない。なんとか行けそうだ。

この段階で獲得標高はまだ2500m。実はまだ半分も登っていない。その事実に少し絶望しながらも、金精トンネルを抜けて群馬へのダウンヒルを開始した。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

BRM804ロマンチック片道 ②PC0~PC1

金精トンネルから片品までは30kmものロングダウンヒル。この辺りはカーブもキツく、路面も悪い。あとで知ったことだが、このダウンヒルで落車してリタイヤした人もいたそうだ。

慎重に慎重に下りていくが、幾つ目かのカーブで大きな衝撃が自転車に走る。路面の段差だ。そして次の瞬間、自転車から転がり落ちていくものが。・・・POLARの保冷ボトルだ。まだ一度も口をつけていない満タンのボトルは素晴らしくよく転がり、そのまま谷底へと消えていった。

・・・うーむ、真夏の山岳ブルベで生命線とも言えるボトルが消えてしまった。以後はシングルボトルで戦わねばならない。ここまでトラブルなく来ていたが、一転暗雲が立ち込める。まぁ、ネガティブになっても仕方がない。800gほど軽量化が出来たと思い直し、先へ進むことにした。


95km地点、ほぼ下りきったところで右手にセブンイレブンが見えた。迷わず立ち寄る。なんと、本日の初コンビニだ。ここまでの約100kmの道のりでコンビニは1軒もなかった。実は清滝の街にコンビニが2軒あるのだが、わざわざそこを避けてルートが作られている。ルートを遵守せねばならないブルベにおいて、コース作成者のいやらしさが垣間見えるルートであるw

ここで桐生限定「ソースカツおにぎり」を補給していると、「追いついた~!」と、Roubaix乗りの人がやってきた。よくよく顔を見れば先週の新雛鶴で「冷やしきゅうりが補給食に良い!」と力説していた方ではないか。同じく2週連続ブルベとは、お疲れ様です。


そう長く休んでばかりもいられないので、とっとと出発し、すぐの所にあるPC1へ向かう。

8:51、PC1: 花咲の湯(101km地点)に到着。100km走ってようやくPC1とは。ブルベカードをスタッフに手渡して辺りを見ると、一足先を行っていたところでさんが何やらインタビューを受けている。最近ブルベの記事ばかりを書いている雑誌「シクロツーリスト」の取材だそうだ。自分もストレッチをしているところを写真に撮られたので、もしかしたら次の号には載るかも?


この時点でちょうど半分の距離。経過時間は4時間51分。2時間ほど余裕はあるが、油断は禁物。気を引き締めて次の山へと出発した。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

BRM804ロマンチック片道 ③PC1~PC2

PC1を出た直後・・・というよりはPC1は既に次の峠、背嶺峠の途中にある。この日はマラソン大会なのか?中学生と思われる男女が大量に道を走っていた。夏の峠を走るマラソン大会とか、絶対出たくないw

背嶺峠までは4km・6%ほどと、さほど難度は高くない。ただ、日陰が全くない。徐々に気温は上がってきており、日差しがキツくなってきている。気温は高くないが、直射日光下では汗がダラダラ。PC1前に補給したドリンクがどんどん減っていく。ボトルは1個しかない。節約しなくては・・・。


トンネルにたどり着いて背嶺峠はクリア。ここはトンネルの中に「片品村」「川場村」の地名標識がある不思議な場所だ。トンネルの中に標識があるという例を他に知らない。


SH3J0667.jpg


ここから再びの大きなダウンヒル。沼田の市街地まで22kmを一気に駆け下りる。この途中、しばらくぶりに他のランドヌールと出会う。序盤でぶち抜かれたAVEDIO乗りの人だ。ジャージには「BEAR BELL」と書かれており、「クマー」のイラストが載っている。チーム名は聞いたことがあったが、ジャージから見るに2ch発祥のチームなのかしらん?ちなみにこの日、自分はキャノボジャージであった。

疲れてきているのか?スピードダウンしている様子。前に出て、引っ張る。沼田の市街地は、今回のコースでも唯一といっていい「街」の部分。広い道を避けるため、コース中もっとも道が分かりにくい場所でもある。Edgeの表示に気をつけながら道を曲がっていく。市街地だけあってコンビニはたくさんあるが、ここで止まるのは惜しいので走り続ける。


利根川にたどり着くと、ダウンヒルは終了。ここから次の峠:権現峠への登りが始まる。しかし、沼田の街で補給を怠ったツケか、ボトルが空に近い。登りの途中にあった自動販売機でストップし、BEAR BELLの方には先に行っていただく。うーん、この先のことを考えるともう少し一緒に走っておきたかった。まぁ、登りじゃちょっと付いていけそうになかったけど。

権現峠はたかだか5kmの登りだが、そろそろ足が辛くなってきている。それもそのはず、ここまでで獲得標高は3000mを超えた。先週の新雛鶴ならもうゴールしている獲得標高だ。休むダンシングを多用しながら登っていく。

峠には10:29到着。これで第六の峠をクリア。残す所あと2つ!

そして峠のすぐそばには「ロックハート城」なる施設があった。道中何度も看板を見かけたらラブホテルかなんかだと思っていた。ホラ、金谷峠の頂上にはラブホテルがあるしね?実際は石のテーマパークで、そこそこ賑わっていた。うん、群馬出身だけどこんな所があるなんて知らなかった。故郷の知られざる一面を見られるのも、ブルベの魅力の一つかもしれない。


ここからまた12kmほどの下り。テクニカルな下りでは無いので、気持ちいいダウンヒルだ。しかし、さっきから登るよりも多く下っている気がする。そう、下りきった中之条の標高は400mしか無い。ゴールの渋峠は2170m。ここからまた1700m以上も登らなければならないことを認識して気が滅入った。


10:47、ほぼ下りきったところで、PC2: セーブオン中之条平店(146km)に到着。ここまでの所要時間は7時間を切っている。ということはグロス20km/hを超えているということだ。まさかこのコースでグロス20を超えるとは思わなかったが、よく考えてみると信号が極端に少ない。キャノボにおいてもタイムロスのほとんどは休憩時間と信号停止時間であることを考えると、このコースはタイムロスが少なく、走りやすいコースなのかもしれない。もちろん、登りによる足へのダメージは半端無いが。

27547.jpg

今回のコースで最も暑いのがこの中之条周辺。標高は400mほどと低く、時刻も昼が近づいてきている。Edgeの温度計は35℃を指していた。つい数時間前まで10℃台前半の所にいたなんて嘘みたいだ。


暑さにやられたら、以後の復活は望めない。先んじて手を打っておく必要がある。ここで登場したのが、今回持参した秘密兵器「手ぬぐい」。ジップロックに氷を詰めて、この手ぬぐいで包んで首に巻くのである。熱中症対策として、ところでさんを始めとしたランドヌールの方に聞いた手法。これが強力で、首筋の血管を冷やしてくれて心地良い。更に、余った氷は同じくジップロックに入れてヘルメットに入れた。頭も冷やすと効果的。


15分ほどグダグダして、PC2を出発。ちなみにここでもシクロツーリストさんに取材された。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。