サコライドW善光寺 プロローグ

四度目のサコライド。今回のコースは「W善光寺」。甲府の善光寺と長野の善光寺の両方を参拝し、36時間以内に下北沢まで戻ってくるコースとなっている。距離は約550kmと、過去最長の距離。獲得標高も4500mと、スペック的には600kmの山岳ブルベに近い。

元々の順路は、

下北沢⇒碓氷峠⇒軽井沢⇒善光寺(長野)⇒塩尻峠⇒富士見峠⇒善光寺(甲府)⇒柳沢峠⇒奥多摩湖⇒下北沢

という反時計回りとなっている。ただ、サコライドは毎度逆周りも許可されているので、今回は逆周りを選択した。逆周りだと、コースの8割は走破済みのコースになるため、気が楽というのが第一の理由。第二の理由は、最後に高低差1200mの柳沢峠を登るのが嫌だったからだw

550kmという距離。本ブログの読者の皆様ならピンと来るのではないだろうか。東京-大阪間の距離とほぼ同じなのである。サコッシュのマスターが狙って設定したのかは解らないが、キャノンボーラーとしてはこの距離設定は燃えるものがある。

・・・ならば狙うしかないだろう。24時間切りを!!


-----


そうと決まれば事前準備。いつも通りに時刻表を作り、補給食を購入。

ロングライドを重ねる毎に時刻表も洗練されてきており、Excelで必要最低限の情報を入れれば対して頭を使うことなく目標を設定できるようになった。まして、今回のコースの9割は実走実績があり、「自分がこのくらいで走れる」という情報があるわけだ。実績から見て「24時間切りは不可能ではない」との結論が出た。

また、来るべき次期エクストリームロングライド企画のために、実験としていくつかのびっくりどっきりグッズを新規導入した。これは後々本文中で紹介していこうと思う。


前日のうちに自転車のメンテを終え、22時には就寝。前回の東京⇒大阪キャノボ以来となるスーパーロングライド、はじまりはじまり。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

サコライドW善光寺 スタート前

3時に起床し、準備開始。前回のサコライド釜飯では心拍計を忘れたので、忘れずに装着w そしてジャージは栄光のキャノボジャージ。24時間切りを狙うのに、これ以上のジャージは無い。

今回の相棒はサコライドでは初使用のLAPIERRE XELIUS。自分の持っている3台の自転車の中ではロードレース・ヒルクライム用に位置づけられる決戦マシン。ロングライド用マシンであるSPECIALIZED ROUBAIXは今回選択肢から外さざるを得なかった。

理由は、膝痛。どういうわけか前回のサコライド釜飯以来、ROUBAIXで100km以上の距離を走ると膝に痛みが出るようになってしまっていた。マッサージやポジションの見直し等の対策を取ってみたものの、一向に改善は見られず。仕方がないので、レース用のLAPIERREの出番となったわけである。

膝痛の原因はいくつか考えられるが、オーバーワークによるものであったとしたら自転車を取り替えたところで550kmは走りきれないだろう。正直なところ、今回のリタイヤ確率はかなり高い。走り出す前にリタイヤのことを考えることはしたくないのだが、輪行袋を持参することにした。ボトルケージが1つ埋まってしまうのは夏場のロングライドではキツいのだが、背に腹は代えられない。

01.jpg

午前5時。下北沢のカフェサコッシュ前に到着。写真を撮影し、Twitterでスタート宣言を入れる。次にここに帰ってくるのは24時間後。無事に走りきることを誓い、いざスタート!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

サコライドW善光寺 ①下北沢~甲府

05:05、下北沢を出発。さすがに休日の早朝ということもあり、交通量は少ない。ガラガラの井の頭通りを一路西進する。

そして走り始めてから早速後悔したことがあった。今回導入した新規グッズ・ヒップバッグである。以前、一部の業界で有名なスク水さんことflare氏がキャノボをやったときに持って行くと書いてたのを見て、「腰痛くなるからやめときー」とコメントした覚えがある。しかし、本人曰く「特に邪魔にはならなかった」とのこと。その後のサコライド伊豆でも将軍さんが使ってたのを見て、「結構便利なのかなぁ」と思ったので、今回試験的導入を決めたのだった。



・・・確かにシッティングの時には邪魔にならない。収容能力も高い。背中も蒸れない。しかし、ダンシングの時に邪魔すぎる(笑)腰を上げるたびにユサユサゆれるバッグ。こいつは失敗だったなぁ・・・。その辺に捨て置くわけにも行かないので、諦めて前に進む。

拝島を抜けて奥多摩街道を北上。いつもはそのまま新奥多摩街道を進み、青梅駅前を抜けるのだが、今回は順路どおりにR411を使用。前回のニコ生自転車部「がんちょ練」でMiagi君と勝負をした道だw

曇っているためか想像よりも気温が低く、トイレに行きたくなってしまったので古里駅前のセブンイレブンで一度目の休憩を入れる。なお、今回は大体60kmに1回の休憩でプランニングを行った。大体キャノボでもこのくらいである。

Twitterをチェックすると、同日出発の二人(@Gensuke_Hinoさん、@tourde4453さん)も自分から1時間10分遅れてスタート。一緒に走ろうと誘われていたのだが、向こうは30時間狙いとのことだったので、別々に走ることに。また今度一緒に走りましょう。>お二人


奥多摩湖を過ぎ、奥多摩周遊導路への分岐を過ぎると知らない道に突入する。道の脇の看板を見ると「大菩薩ライン」とある。なるほど、これが噂の・・・。ここから第一の峠・柳沢峠までは25kmで約1000mの高低差。富士や赤城ほどではないが、結構キツい。まぁ、塩山側から登るよりは大分マシなのだが。

登り始めこそ気温も低かったが、徐々に日が出てきて暑くなって来た。所々10%近い傾斜も出てきて、なかなかにキツい峠だ。膝に負担が掛かったら、恐らくは終わり。インナーローを意識的に使うようにして、負荷を掛けないように登る。

02.jpg

9:56、CP1:柳沢峠到着。奥多摩周遊道路の分岐から約1時間半で標高1500mまで登りきった。峠部分はちょうど最高地点より向こうが見えなくなっており、「ここから先は下りだぜ!」という事が一目でわかる「峠らしい峠」であった。

峠で写真を撮影していると、バイク乗りの人に声をかけられる。


  「結構このくらいの山でも登れるものですか?」
  「マイペースならば何とか登れますよ!」



・・・もちろんその人のレベルにもよりけりであるが。

Twitterを見ると、後発の二人組は奥多摩に到着しているようだ。何故かノンアルコールビールを飲んでいるw 時間はちょうど自分と同じくらいのペースである。追いつかれないように頑張らなくては。


柳沢峠の下りはテクニカルだが爽快なダウンヒル。ループ橋が何度も出てきて、コーナーもキツいが、風景は最高だった。多分東京側は風景がこんなに良くないはず。山梨側を下れてよかった。それにしてもチューブレスタイヤはこういう峠での安定感が段違いである。パンク時のリスクは高いが、今回はこれを選んで正解だった。


塩山まで下ってきて2度目の休憩。ここで第二の新規グッズを導入する。



先日の糸魚川ファストランで小耳に挟んだ、熱中症対策グッズである。今回は気温が高くなることが予想されたので、塩飴とこのスカーフを持参した。このスカーフ、水を吸水して逃がさない・・・恐らくおむつとかに使われるのと同じ類の素材を使用している。少しずつ中の水が蒸発して気化熱で首を冷やしてくれる仕組みである。
結論から言えばこれはかなり効果的であった。今回熱中症にならなかったのはこれの影響も大きかったと思う。コンビニに入るたびにトイレの洗面所でこいつに水分を補給。多少のタイムロスはあったが、持ってきて良かったグッズであった。


コンビニを出発し、万力公園の脇を通ってR140に入る。この万力公園、今年の糸魚川ファストランのスタート地点であった。ここから長野善光寺までは、ほぼ糸魚川ファストランのコースをトレースすることになる。頭の中はすっかり糸魚川モードに変わった。

糸魚川ファストランであれば石和温泉を過ぎた辺りでR20へと合流するのだが、今回はCP2の甲府善光寺を通らなければならない。そのままR140を直進して、甲府善光寺へ。

11:15、CP2:甲府善光寺に到着。日もいい具合に上がってきており、参拝客も多かった。Twitterを確認すると、どうやらもう一人サコライドW善光寺に挑戦していることが発覚。サコライド常連でもある@Suibyouanさんだ。自分と後発組の2人は逆周りだが、@Suibyouanさんは正規ルート。つまりどこかですれ違う可能性がある。キャノボ時の@two_six_oneさんとの邂逅を思い出し、今回もどこかで出会えることを期待した。


ここまでは予定通り。しかし、ココから計画は段々と崩れていくのであった。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

サコライドW善光寺 ②甲府~大岡物産センター

竜王立体から、R20に合流。糸魚川ファストランでは陸橋地獄で知られるこの区間であるが、竜王立体から先は自転車進入不可の陸橋は存在しない。

竜王立体は甲府盆地の「谷底」的な部分であり、ここからは富士見峠に向けてダラダラ登る区間だ。時間は12時を過ぎ、かなりいい天気だ。いや、良すぎる。日陰の無い甲府盆地で暑さがかなりヤバい。熱中症になった去年の糸魚川を思い出す。

セブンイレブン韮崎円野店で3度目の休憩を入れて水分を補給したものの、富士見峠への登り区間で見る見るボトルが軽くなっていく。それにしても今回ここで初めて購入した「ソルティライチ」はかなり美味い。結局、今回の道のりで5本もソルティライチを飲んでしまったほどだw

後もう少しで富士見峠という所で、ボトルの中身が底を突く。そんな時目に入る「ハッピードリンクショップ」の文字。道の右側だったが、迷わず渡って補給を入れる。あってよかったハッピードリンクショップ。誰かGPSで近くのハッピードリンクショップを検索できるサイトを作ってくれないだろうか・・・山梨・長野・静岡でしか使えないけど。

ボトルの中身を満たしたところで富士見峠(標高952m)到着。30kmの登りはやはり長い。糸魚川でも必ず引っかかる富士見峠交差点で一休みしてダウンヒルに入る。が、向かい風であまりスピードは乗らない。

茅野を抜けると左折するのが糸魚川FRのルートである。しかし、今回のサコライドでは上諏訪駅がチェックポイントとなっているため、そのままR20を直進となる。あまり諏訪の街中は走りたくないのだが・・・順路ならば仕方ない。

603750789.jpg

14:28、CP3:上諏訪駅に到着。予定からは11分遅れ。写真だけとって早々に出発。その後は諏訪湖周りを走ることになるのだが、こちら側を走るのは初めてだ。諏訪を抜けると岡谷の街に入る。

塩尻峠を前に、ここで大休憩を決断。残念ながら、甲府~長野善光寺までのペースは見積では無理が合ったことにここで気づいたためである。予定表を作る段階では、糸魚川FRのタイムを元に90%のスピードで走る予定で見積を立てた。しかし、糸魚川は「集団」「それなりにサラ足」「残り距離は150km」という条件で走っている。「単独」「柳沢峠を越えてきた」「残り距離は300km」ということを考えると、90%で走れないことは明らか。実測は糸魚川の80%程度であった。

岡谷のセブンイレブンについた時点で20分遅れ。塩尻峠は過去の糸魚川FRで「熱中症で足を攣った」「ダンシングしたら膝が死んだ」等、自分にとっては縁起の悪い場所。ここで遅れを取り戻そうと無理をしても自滅するだけ。ならば完走狙いに切り替えて一旦大休憩を入れたほうが得策であろうとの判断である。冷やしラーメン、アイス、飲むヨーグルト等々カロリーを大量摂取。20分ほどたっぷりと休み、塩尻峠に出発した。

今回の塩尻峠は過去の反省を生かして、ダンシングは封印してシッティングのみで回していく。塩尻峠は標高こそ1000mを超えているが、高低差はたかだか200m程度しかない。無理をしなければ楽勝であった。

塩尻峠からは爽快ダウンヒル。いつも通り高出交差点を右折し、松本方面へ向かう。この辺りから松本ナンバーの車が目に入る。「松本ナンバーの車を見かけたら注意しろ!」というのは、糸魚川FRを走る人にとっては常識。「松本走り」と呼ばれる荒い走りで有名だからである。巡航速度を30km/h以下に落として、集中力をあげて街中を突破した。

603802469.jpg

16:25、CP4:松本城に到着。予定からは30分遅れ。もう気にしないことにした。松本城から明科の辺りまでは、犀川の脇を走る快走路。いつもなら40km/h巡航で行くところだが、単独で向かい風ということもあってスピードは出ない。前を引いてくれるGさん(糸魚川2012の記事参照)は居ないのだ。

明科を過ぎると山間を抜けるアップダウン区間に突入する。一ヶ月前はここでGさんに引き回されてかなり辛かったが、マイペースで走ればそんなに辛くは無い道だ。ただ、補給が尽きかけているのが気がかりであるが・・・。日も傾いてきて、夜が近づいてきた。スタート時点から前のEL-135と後のTL-LD150-Rはスタートから付けっぱなしであるが、追加でGENTOS SG-135を点灯。完全に日が暮れたら最終兵器を点火だ。


何度目かのアップダウンを超えて280km地点の「道の駅 大岡物産センター」に到着。ここは糸魚川FRのチェックポイントでもある。補給が完全に底を突いたため、食堂でおやきでも食べようかと思っていたのだが、18時を過ぎてしまい閉まっていた。近くの商店でそば粉を使ったアンパンがあったので購入。これがかなり美味かった。次に来た時も寄るとしよう。

さて、サコライド釜飯(275km)ならもうゴールしている距離であるが、残念ながら今回はまだ折り返し地点に過ぎない。初の長野夜間走行に突入する。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

サコライドW善光寺 ③大岡物産センター~軽井沢

物産センターを出ると、またしばらくアップダウンが続く。糸魚川FRはここでどんどん膝の痛みが増してきて長野駅あたりで痛みのピークを迎えたのだった。今回は不思議と膝の痛みが出ていない。

・・・冒頭にも書いたが、今回は早々にリタイヤする予定であった。

遅くとも富士見峠までには膝の痛みが出てきて、松本あたりでリタイヤ。そうしたら松本に宿泊して膝を回復させて、翌日は美ヶ原を走ろう。次週はツールド美ヶ原だし。いい試走になるはずだ。温泉でも入ってゆっくり帰ろう。

そう考えていたのだが・・・


  疲労以外に全く痛い部分が見当たらないw


強いて言うならば坐骨が痛いくらいで、これはいつものことである。リタイヤする理由にはならない。レース用のLAPIERREであったが、思いのほか長距離でも快適であった。いつぞやの雑誌のインプレで、三船さんが「XELIUSはロングライドにもよさそう」と言っていたのを思い出した。


そんなことを考えていたら、いつの間にか長野駅近くまで来ていた。長野駅の脇、県庁前の道を北上して激坂を登れば、そこは善光寺。

19:22、CP5:長野善光寺に到着。ちょうどここでEdge705の表示が夜間モードに切り替わる。日の入りだ。善光寺も夜のライトアップに切り替わった。自分はあまり信仰心というものは無いのだが、せっかくここまで来たのである。帰路の安全を祈願して、お参りをすることにした。境内は自転車持ち込み禁止なので徒歩で賽銭箱前まで。S-Worksシューズは最高なのだけど、やはりSPD-SLは歩きづらい。

お参りを済ませたら、件の最終兵器「GENTOS HW-777H」を点灯。ランタイムは12時間、夜明けまでは持つはずなので、ここからは常時点灯で行く。

善光寺を出て、参道の石畳をダウンヒル。こんなダウンヒルでもチューブレスタイヤは快適だ。パンクしたら終わりだけど、やはりチューブレスタイヤはロングライドには最高だと思う。


長野の市街地を抜けてからは対向車線に注意を向けて走る。@Suibyouanさんとすれ違うとすればこの辺りのはずなのだ。そうしていると、千曲付近でハブ軸にライトを付けた自転車が来るのが見えた。「あれか!?」と思ったが、反射タスキをつけていない。別人か・・・。

キャノボの時と同じパターンなら、別人から数分で本物の挑戦者とすれ違うはずだったが、結局軽井沢に着くまですれ違うことは無かった。すれ違っていたのかもしれないが、道幅が広すぎて気づかなかったのかもしれない。つくづくキャノボの時の浜名湖の出会いは奇跡であったと実感した。

340km地点、テクノさかきのセブンイレブンで休憩を入れる。ここはロングライダース2.0掲載の「東京⇒直江津」で休んだコンビニだ。44君が大分グロッキーだったことを思い出す。ここで妙にガッツリしたものが食べたくなったので、カツサンドを投入。この期に及んで脂モノが食える自分の胃腸に感謝である。


テクノさかきより先は、軽井沢に向けての緩いヒルクライムが始まる。これが結構曲者で、何度もアップダウンを繰り返しながら標高を上げていくタイプの登り。富士見峠再び!と言う感じだ。もう24時間が切れないことはこの時点で確定していたので、恥ずかしげも無くインナーギヤを使いまくる。

時刻も22時を回り、2桁国道であるR18もどんどん交通量が減っていく。上田~小諸~御代田と進むにつれて寂しくなる風景。そして下がっていく気温。登りでは寒さを感じないが、下るたびに寒い。気温表示を見ると13℃。さすがに半袖ジャージ一枚では辛い気温だ。

軽井沢に辿り着く頃には腹の中のカツサンドも消化完了し、空腹が襲ってきていた。確か軽井沢駅近くにコンビニがあったはずなので、そこで一旦補給を入れようと考えていたのだが・・・


  コンビニが全部閉まっている。


後で知ったことだが、軽井沢には24時間営業のコンビニは無いらしい。昨今の節電の影響かと思いきや、1976年から街の施策として行われているとの事だ。補給を済ますなら御代田町まで。仕方が無いので空腹を我慢して軽井沢駅へ向かった。


23:18、最終CP:軽井沢駅到着。駅まで電気が消えていたらどうしようかと思ったが、さすがにそれは無かった。駅前で撮影を行い、唯一残っていた補給の飴を口に含む。

しかし寒い。気温は10℃前後だろうか。6月も後半だというのに、さすが避暑地である。しかし、極寒のフレッシュ・サコライド伊豆に比べればなんということは無い。ウインドブレーカーを羽織り、碓氷へと向かう。


暗闇のダウンヒル、再び。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR