スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

東京→糸魚川ファストラン2012 プロローグ

東京→糸魚川ファストラン クラシック。今年で第41回を数える、日本最古のロングライドイベントである。

元々、このイベントは「太平洋の水を日本海に注ぐ」というクレイジーなネタの実現のために、とある学生が東京から糸魚川まで走ったのが始まりとされている。その後、明治大学の新人しごきのイベントとなり、今では多くの社会人が参加するイベントとなった。

去年までは、タイトルの通り「高尾(東京)」をスタートして「糸魚川(新潟)」をゴールとしたイベントであった。しかし、諸事情により今年からコース変更。山梨の甲府スタートで、直江津を経由して糸魚川に至るコースへと変更。年々道が良くなるに連れて短くなっていた距離も283km→308kmと、再び300kmの大台を超えるコースとなっている。

本イベントはレースではない。しかし、制限時間を一杯に使って走るイベントでもない。交通ルールを守って、自分の精一杯の速さで目的地にたどり着く「ファストラン」イベントである。

元々、自分がキャノボ的な走りに目覚めたのはこの大会がキッカケであり、今でも一年で一番楽しみなイベントである。今年も一層の気合を入れて臨んだのであるが・・・。


-----


大会一週間前にサコライド釜飯を11時間台で完走。膝の痛みや胃の違和感等、若干の不安の残る内容ではあったが、本番に向けては概ね問題なしと判断した。いつも通りルートとにらめっこしながら時刻表を作成。今回のコースは308km。例年より獲得標高は減っているが、25kmも長い。例年のコースならば10時間以内を目標とするが、今年は+1時間の11時間を目標とした。

昨年は10時間切リを目標としたものの、汗のかきすぎで200km地点で脚が攣り、以後はgdgd。しかしそれでも10時間46分での完走であった。トラブルがなければ例年コースの10時間以内は今の自分にとっては現実的な数値であるはず。であれば、慣れない今年のコースでも11時間はなんとかなるはずだ。

・・・しかしいざ時刻表を作ってみると、あまりのAveの速さにびっくりする。キャノボですらAve23.8kmだったのに、308kmを11時間で走った場合はAve28km/h。しかもこれはネットタイムではない。グロスタイムだ。さすがに厳しいか?と思ったが、12kmショートカット可能なコースがあることを知る。ただし、代償の激坂付き。しかし12kmの短縮は大きい。12km短くなれば296km/11時間。Aveは27km/hで良い。Ave1km/hの違いはとてつもなく大きいので、この前提で時刻表を作成した。

さて、今年のテーマは何か。昨年は「10時間切り」であったが、今年のコースでそれは難しい。今の自分の実力ではグロスAve30km/hをこのコースで出すことは出来ない。

しかしタイムより、今年は負けたくない相手が居た。キャノンボーラー・261(@two_six_one)さんである。何度もこのBlogには登場頂いているので、お馴染みかと思うが一応紹介しておくと、私の大阪⇒東京キャノンボールにて、浜名湖ですれ違ったお方。それが縁となり、うちのチームに勧誘。昨年の糸魚川では初出場ながら、持ち前の「本番の強さ」を発揮し、私よりも30分近く早くゴール。第一回、キャノンボーラー同士の意地の張り合いに私は見事に敗れたのだった。

あれから一年。昨年は自転車を盗まれてしまって欠場していた我がチームの正エース・Mさんも復帰。Mさんは日系のパラグアイ人で、めちゃくちゃ早いお方。数年前の某イベントでは、あの宮澤崇史より速く走っていた区間もあったという生粋のスプリンターである(もちろんプロが素人のイベントで本気を出すはずも無いが、それでも恐ろしい)。そのMさんが手に入れたのはニューウェポン・Tarmac SL3。鬼に金棒とは正にこのこと。

261さんには対抗できる目もあるかもしれない。幸い(?)天気予報は向かい風である。向かい風が強ければ強いほど有利になる群馬人の性質を発揮すれば何とかなるかもしれない。残念ながらMさんに関しては、向かい風でも自分より速かった(3年前の糸魚川)実績があるので、どう考えても先行は出来ないであろう。


さて、今年の糸魚川。どうなるか。

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

東京→糸魚川ファストラン2012 スタート前

本番前日。スタート地点である、山梨市の万力公園の向けて出発。例年は5~6人しか参加しない我がチームの参加者であるが、今年は10人という大所帯。ハイエースをレンタルしたものの、全員は乗り切れないため、車組と電車組に分かれて会場入りすることになった。私は車組。夜の中央高速を走り、2時半ごろ会場入り。

既に会場には多くの自転車乗りが集まっている。いいね、この雰囲気。しばらくして、電車組も合流してくる。ここで、我がチームのメンバーを紹介。

■パピコさん(TREK Madone6.X)
チームリーダー。糸魚川出場が15回を超える。ニューMadoneで初めての糸魚川。
■Mさん(SPECIALIZED Tarmac SL3)
先述のスプリンター。「最近乗ってない」と嘯いていたが、地足が半端無いので、今年も恐ろしく速いはず。
■261さん(@two_six_one)(LOOK 695)
本番の爆発力が凄いキャノンボーラー。今回のライバル。
■アイスさん(@ice_bicycle)(EDDY MERCKX EMX-3)
今回私がお誘いしたお方。自転車暦は短いが、進化スピードが恐ろしく早い。一緒に走ったことは無いので脚質不明。
■Takernikovさん(@Takernikov)(Cervelo S1)
会社の自転車仲間。今回は大幅なダイエットをして登場。スリム化羨ましい。
■Sさん(SPECIALIZED Roubaix SL3)
こちらもアイスさんと並んで進化スピードの早いお方。ダウンヒルめっちゃ速い。
■Wさん(VENT)
64歳にして糸魚川に出場し続ける鉄人。自転車もVENTの鉄。
■baru(LAPIERRE XELIUS)
去年より大幅な体重の増加(+5kg)と熱中症による弱体化でピンチな27歳。


今回は長距離向けのSPECIALIZED Roubaixではなく、レース向けのLAPIERRE XELIUSでの参戦。理由は、チーム内にSPECIALIZEDの最高級モデルに乗ってる人が二人もいるから。その中に下位モデルなんて乗っていけない(笑)というわけで、急ごしらえでXELIUSをロングライド仕様に仕立て直したのであった。


-----


スタート時間は5時20分。261さんより10分速いスタートだ。ということは、ずっと261さんの影に怯えて逃げ続けることになる。追いかける方が気楽だ。スタートまでは、車の中で仮眠。4時40分に目を覚まし、スタート地点に行くと、ちょうどMさんのスタート時間であった。4時55分、Mさん出発。このままゴールまで姿を拝むことは無いだろうな・・・。

5:10。スタート位置に着く。261さんが「頑張ってー」と白々しい笑顔で言う。ちくしょう、追い抜かれないぞ!w

(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

東京→糸魚川ファストラン2012 ①スタート~CP1:小坂田公園

5:20、チームメイトに見送られ、ゆるゆるとスタート。万力公園から、R20を目指して出発する。序盤は同じ時間に出発した人としばらく同行。信号で何度か分断されながら、R20へ到着した。ここから松本までは、例年と同じコース。走りなれた道なので、何も考えなくて良い。

この段階で一緒に走っていたのは、チームCRSの2人、坂バカ日誌のNさん、そしてキャノンボーラーの「しるえら」さん(@ciruela_no)だ。彼とは、自分の二度目の東京⇒大阪キャノンボールですれ違っている(夜中ですれ違ったことには気づかなかったが)。そんな彼と同じ時間スタートというのも何かの縁。しばらく話しながら進んでいく。

R20の甲府周辺区間は自転車通行不可の陸橋が連続する区間だ。もちろん、そういった場所は必ず下を通らなければならない。しかし、それを無視して陸橋を行く参加者もいる。実に嘆かわしい。いくつ目かの信号で「やっと暖かくなってきたねぇ」と話しかけられたが、無視した。大会の存続を危ぶませるような人と話すことは何も無い。

竜王を過ぎると、下り基調から登り基調に入れ替わる。ここでCRSのお二人はペースが遅れ、離脱。しるえらさん、Nさん、自分の3人で走っていく。道中、サポートで参加してくれたNRHRさんも応援してくれていたので手を振る。

富士見峠へは何度かのアップダウンを繰り返して標高が徐々に上がる。足に来るタイプの嫌な登りだ。何度目かの登りで、急にしるえらさんが失速。どうやら足を痛めたらしい。待ってあげたいところであるが、このイベントは自己完結型のファストラン。心を鬼にして先を急ぐ。ここから先、しばらくは坂バカ日誌のNさんと二人旅。平地は足が合うのだが、登りは自分の方が若干速いようだ。何度目かの登りでバックミラーから消えていくNさん。出来れば序盤は負荷分散をしたかったが仕方ない。

富士見峠までは延々と一人旅。ペースが合う人もいないので、淡々と走る。富士見峠には予定より3分速く到着。いい感じだ。

富士見峠からのダウンヒルでは、「ちりりんRC」なるチームの人たちと合流。先頭を引いているのは、同じ時間出発で、信号のタイミングで先に行った方だった。スタートから60km、ようやく追いついた。諏訪湖へと抜ける道では、新しく出来た坂室トンネルを使用。旧道よりも走りやすくてよい。

諏訪湖脇を抜け、岡谷インターの手前で、ショートカット。1.5kmほど短縮が見込めるが、激坂である。まー、ゆっくり登れば問題ないだろう・・・と思ってこちらを選択したわけだが、これが本日最大の失敗であった。激坂区間に突入し、ダンシングで一踏みした瞬間。


  ピキッ


不意に左足の膝に走る痛み。先週のサコライド釜飯でも痛みを感じた箇所である。たまらずシッティングに移行。前輪を浮かせそうになりながらも、何とかR20との合流まで登りきる。塩尻峠までは、ここから3km程度。膝に負担をかけないように、ひたすらシッティング。尻が痛い。峠に到達したら、あとはCP1・小坂田公園まで爽快ダウンヒル。下りで、チームメイトの鉄人・Wさんをパス。


8:45、CP1に到着。予定より3分速い。想定休憩時間は5分。タイムカードに時刻を記入し、素早くドリンクをボトルに補給する。エイドの補給食がカロリーメイトのみというのは予想外だったが、持ち歩きを考えると都合が良い。4パックいただき、後ろのポケットに詰めた。

ストレッチをしながら、補給を取る。天気は最高だ。快晴で気温も21度と、高すぎず低すぎず丁度いい。昨年はこの辺りで大量に汗をかき、ミネラル不足から足を攣ってしまった。今年はウェア類を見直し、塩タブレットを持参して対策を取ったこともあり、足攣りの気配は無い。唯一の不安材料は塩尻の登りで痛めた左膝だけである。

しかし、この唯一の不安材料は、この後どんどん大きくなっていくのであった・・・。


(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

東京→糸魚川ファストラン2012 ②CP1: 小坂田公園~CP2: 道の駅 大岡物産センター

塩尻峠から下りきると、このルートで最も間違える人が多いR20終点「高出交差点」。ここを道なりに行ってしまうと、木曽福島へと行ってしまう。しっかりと二段階右折で右に行くのが正解だ。

ここで合流したのが、チームレグルスの「尊師」、坂バカ日誌のYさんである。Yさんは自分が目標とするロングライダーの一人。PBPも数度完走しており、富士山の3ルート(スカイライン⇒スバルライン⇒あざみライン)を1日で登る「3 Peaks」というクレイジーなイベントの達成者でもある。単独走がめっぽう速く、「Y列車に乗ると早々に潰される」と言われるほど。昨年は10番目のタイムで完走されていたはず。ということは彼と一緒に走っていれば、目標とする11時間を達成できる公算は大幅に高くなる・・・と思ったのだが。ペースを上げる様子も無い。どうしたのかと思って聞いてみると、


  「自転車壊れてしばらく乗ってなかったんですよ・・・
   で、チェックポイントでも20分以上休んじゃいましたし」



要するに今日はマッタリモードとのこと。場所は松本周辺ということもあり、飛ばすべき場所ではない。しばらくは一緒に走らせていただくことにした。

東京⇒糸魚川において、難所の一つが松本である。コースレイアウト的には、下り基調の直線道路なのだが、問題なのは松本の車の運転マナー。恐ろしいローカルルール「松本走り」なるものが存在する。強引な右折、ウインカーを出さない左折や車線変更。とにかく車の運転が荒いのだ。冗談で


  「松本ナンバーの車はマーダーライセンスを持っている」


とも言われたりする。ここではスピードを落とし、車の挙動に最大限の注意を払う必要がある。巡航は35km/hを超えないようにし、いつでも止まれるように注意した。

北松本を過ぎると、徐々に民家は姿を消し、左側に川の流れる道となる。ここで、再びペースを40km/h巡航に戻す。Yさんともしばらく一緒に走っていたが、気づくといなくなっていた。結局残ったのは、マットブラックのロードに乗った外国人の方だけだった。この方を仮にGさんとする。


  G「二人ダケニナッチャッタケド、ダイジョウブ?」
  baru「このまま行くしか無いでしょう!」



ということで二人旅が始まった。走りを見るに、彼の方が自分より若干速い。何度か千切れそうになったが、食い下がる。・・・しかし、この人の自転車、見覚えがある。渋谷のY'sに飾ってあったものにそっくりなのだ。特徴的な風貌だったので良く覚えていた。確か外国人店員のものだったはず。


  baru「・・・あの、もしかして渋谷のY'sで働いてます?」
  G「ボク?ハタライテナイヨ」
  baru「そうですか。その自転車のフレームに見覚えがあったので・・・」
  G「アア!アレハ友達ノデス!」



なんでもトライアスロン仲間のものらしい。世間は狭いw しばらくはこのような感じで2人で走っていたが、途中でアスペンの方も合流。3人で第2CP・道の駅 大岡物産センターになだれ込む。

10:33、タイムカード記入。この区間はGさんの鬼引きで、予定よりも17分先行しての到着。10時間台も狙えるペースに少し興奮。ここまで153km、まだ261さんには追いつかれていない。スタートから5時間13分で、150km。グロスAveは30km/h近い。

この段階では何とか逃げ切れるのではないか?と思っていたが、糸魚川の悪魔はこれから姿を見せるのであった。


(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

東京→糸魚川ファストラン2012 ③CP2: 大岡物産センター~CP3: セブンイレブン信濃町穂波店

そそくさと準備をして、第2CPを出発。出来ればGさんを待って居たかったが、先にスタートすることにした。コースの標高図を見る限り、ここから長野駅までは下り基調のはず・・・が、結構なアップダウンが連続。塩尻峠で痛めた左膝が、登りの度にズキズキと痛む。痛みは収まるどころか、どんどん強まっていく。恐らくだましだまし乗っていれば痛みは進行しなかったと思うのだが、Gさんと一緒に走ろうと頑張りすぎた。

長野駅手前10km、間違ってバイパスに入ってしまう。このバイパス、自転車通行可であるが、かなり遠回りになってしまう。そういえば第2CPでEdge705のナビデータを切り替えるのを忘れていた。道理で分岐で案内が出ないはずである・・・。

バイパスを走っていると、とうとう平地でも左膝が痛むようになってきた。こりゃー一人で走るのは厳しいな・・・と思ったら、後ろから追いついてくる影。しめた、しばらく付いていこう!と思ったら、爆速過ぎて無理だった。よく見たら、昨年まで3年連続の一番時計であるアンディ・ウッドさんだった。こりゃー、サラ足でも付いていけない。

途中、本来のルートに戻るためにR117方面へ左折。痛みはますます強まっており、クロスバイクにも追いつけない。



さて、ここからどうするか。正規ルートで、R18を使うと、次のチェックポイントまでは29km。ショートカットを使えば17km、ただし坂中トンネルの激坂付き。膝に優しそうなのは前者だが、後者を選んでも登りの距離自体は大きく変わらない。ならば、短いほうが良い。ということで、坂中トンネルを使うショートカットルートへと進んだ。


本格的な登りが始まる前に、入念にストレッチ。ちょっとは痛みがマシになったので、いざ登り始める。「かなりの激坂」と聞いていたが、そこまでではない。7~8%は頻発するが、10%以上の斜度はほとんど出てこない。3kmで平均7%程度の小さな峠。ちょっと長めの金谷峠と考えれば良い。何度か膝に激痛を感じながらもインナーローで登っていく。天気も快晴で車も来ない。高原の快適なヒルクライムだ。・・・膝の痛みがなければ。


やがて、坂中トンネルの入口が見えてきた。

普通、トンネルが見えたら大抵の峠は終わりだ。トンネルは中央地点で登りと下りが入れ替わっていることが多く、ここも当然そうなっているものだと思っていた。・・・が、トンネルに入っても延々と登り。結局1400mもの間、ずっと登りのトンネルであった。そしてトンネルを抜けても更に上る。なるほど、確かに嫌な道かも。

このヒルクライム中、サコライド伊豆における、箱根での261さんの猛追を思い出す。おそらく、このヒルクライムで5分以上のタイムを失っている。スタートは10分差、次のCPでは追いつかれてしまう公算が高い。

そして、R18に合流。12kmのショートカット成功。膝が痛かったから辛かったが、そうでなければ大して辛い峠でもない。来年もまたココを使おう。

12:55、第3CP・セブンイレブン信濃町穂波店到着。心肺はまだまだ余裕だが、正直膝は歩くのですら辛い。タイムカードを記入して休んでいると、チームメイトが大量にいることに気づく。パピコさん、Takernikovさん、Sさんが揃っている。そして、そこに・・・


  「おー、皆さんお揃いで」
  
  
と、現れたのは261さんであった。追いつかれた・・・。もうこの時点で半分心が折れていた。今回走ってるモチベーションの大半は「逃げ切り」だったわけで。後でタイム差を確認すると、やはり第2CPまでは差を保っていて、坂中トンネルのヒルクライムで5分縮められたようだ。そして、CPで休んでいる間に追いつかれたと。

そうこうしているうちに、手っ取り早く準備を済ませて261さんは出発してしまった。かたや自分は膝の違和感が拭えず、もう少しストレッチをしてから出発をすることにした。

あと100km・・・残りの距離が果てしなく長く思えた。


(つづく)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。