スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

サコライド房総380 【起】

先月に引き続き、カフェサコッシュのロングライドイベント「サコライド」に参加してきました。今回の舞台は房総半島。サコッシュの店主が若かりし頃によく走ってた練習コースだそうです。


前回は複数人でのチームライドとなったわけですが、今回はソロライドを選択。というのも、前回の「サコライド伊豆」でちょっと納得が行かない部分があったからです。


それは、停止時間。

サコライド伊豆は、435kmをメーター読みAve23.6km/hで走って26時間掛かりました。走行時間を計算すると、435/23.6=18時間25分。つまり、7時間35分も停止してるわけです。キャノボ(550km)での停止時間は3時間。そう考えると、距離比を考えると、435/550*3=2時間22分くらいになるはず。となると5時間も余計に休憩してることになります。・・・休み過ぎですw

原因はハッキリしています。理由は単純、複数人で走ったから。「チームで走ったほうが速くなるんじゃないの?」と思う人もいるでしょうが、それは日頃からちゃんと練習してる人同士の場合。たまにしか走らなかったりする同士の場合、足が合わなくて余計な消耗を誘います。また、「トイレ時間が人数分掛かるから」というのも原因に挙げられます。特に冬の場合はトイレが近くなるので、大抵のコンビニで全員がトイレを使用。結果として、一人ならば5分で済む休憩が5分×人数分になります。4人で10回コンビニに寄ったら、1人の時と比べて、(4-1)人×5分×10=150分も無駄に休んでる計算。これはかなりデカい。

以上の考察から「ロングファストランって1人で走るのが一番早いんじゃね?」という結論に達しました。

というわけで、今回は「停止時間をいかに短くするか?」を主眼においたライドとなりました。つまるところ「キャノボ的な走りをする」ってことなんですが。で、どうせキャノボ的に走るのであれば、もう少し戦略を練って走ろうと思い、以下の3つのポイントを守って走ることにしました。


 ポイント1. 徹底した時短対策
 キャノボ同様に、時刻表を作成。コンビニは全部で6箇所。1箇所について休憩時間は最大10分。
 コンビニはなるべくチェックポイントの近くとし、気持ちをOFFにする回数を減らした。
 会計は全てEdyで済ます。さらにヒミツの対策を施す。
 
 ポイント2. 心拍を一定に保つ
 伊豆では前半の千切り合いが後半ペースを落とす大きな要因に。
 常に一定の心拍(ゾーン3とゾーン4の間)を保って走るようにした。
 
 ポイント3. 寒い時間に都心を走る
 伊豆で、寒い時間に走る辛さを知ったので、今回は寒い時間を都心に持ってきた。
 凍結可能性のある茂原とマザー牧場は昼間に通過する。
 
 
ポイント3の理由から、スタート時間は午前4時に設定。別に5時スタートでも良かったんですが、この時間にしたのはサコッシュの開店時間内に帰ってきたかったからです。今回、当初の所要時間の見積もりは17時間45分(キャノボ時の東京~名古屋・370kmのタイムに、冬の寒さ補正を加えて算出)と考えていました。4時に出発して、21時45分に到着。閉店直前に店になだれ込んで、そのままサコッシュカレーを食べて帰ろうかとw

出発時刻が決まればあとはルート選定。推奨ルートはR14を使うものでしたが、私はR357を選択。車は多いけれど、その分走行風で走るのが楽だったりする、通称「湾岸道路」です。真昼間に通ると結構怖いんですが、早朝なのでそこまで交通量は多くないだろうと推測。これは結果的には大正解でした。

一週間前には走ったことがないマザー牧場~富津岬~木更津区間を試走。ルートは完全に頭に入った。後は走るだけ!(ロングライダース2.0よりセルフパロディ)

そんなこんなで決行当日を迎えました。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

サコライド房総380 【承】

午前2時、起床。着替えて準備をして、いざスタート地点であるサコッシュへ。さすがに丑三つ時のR1~環7はかなり空いてました。それでも、スタート前に無駄な体力を使いたくないのでゆっくり漕いでいたら・・・


  サコッシュ着いたら4時を過ぎてたw
  

513488321.jpg  
慌てて店の前で写真を撮り、Twitterに送信。その場でストレッチをし、GPSをスタート!4時5分、予定から遅れること5分で、私のサコライド房総はスタートしました。



甲州街道に出て、新宿を抜けて皇居まで。推奨コースでは皇居の北を抜けるコースでしたが、今回は湾岸道路を使うため南回りを行きます。昼~夜は恐ろしく混んでいる銀座も、さすがに早朝はガラガラでした。築地は逆に活気がある感じ。勝鬨橋を渡り、ビッグサイト手前の交差点から湾岸道路へ突入!ここからはひたすら直進するだけ。ただ、自転車通行不可区間があったはずなので、標識だけは意識して走っていきます。

湾岸道路はもっとガラガラかと思ったんですが、意外に物流トラックがビュンビュン走ってます。でも昼間よりはマシな感じ。今回はAJ埼玉の反射ベストにヘルメットライト、テールランプを更に2つ付けて後方アピールをバッチリほどこしていたので、自然と車も避けて行ってくれました。

市川大橋まで来た所で、陸橋に「自転車通行不可」の標識。シクロクロスよろしく、自転車を担いで歩道橋を駆け上がります。間もなく車道に復帰し、再び湾岸道路を爆走。あとは千葉までほとんど記憶がありませんw どこも似たような風景ですので・・・。ただ、印象に残ったのはヘルメットライトの光軸上にチラチラ映る影。雪?と思ったんですが、その正体は帰り道に明らかになります。

513549911.jpg

夜が明け始めた頃、CP1の浜野駅到着(6:19)。見積よりも16分早い。さらにメーター読みAve30.0km/hと、予想のかなり上を行く数値を叩き出していました。うーん、湾岸道路は健康には悪いけど信号少ないし、車の走行風があるから随分楽なのかも。

当初はここから1km離れたスリーエフで休憩の予定だったんですが、駅の目の前にローソンがあったのでこちらに変更。今回、休憩ポイントはなるべくチェックポイントのすぐそばに置くようにしました。どうしても一旦止まると、しばらくの間気持ちがOFFになってしまうので、防止策。ほとんど休まず再出発しました。



CP2の「月の砂漠」までの間には、コースの中で2番目に大きな登りがあります。ここは事前にサコッシュ店主から「凍結してるかも」と聞かされていたんですが、さすがに昼間は大丈夫でした。この区間もあんまり印象的なこともなく・・・あ、途中に入れ墨屋があったのが印象的だったかな。こんな堂々と営業してるんだ!みたいな。


513609997.jpg

茂原からは一路南下し、御宿駅前で左折。CP2・月の砂漠記念公園に到着です(8:29)。広々とした砂浜に、記念像が2つ。これは中々幻想的で絵になる光景です。しかし、なんで日本で「月の砂漠」なんだろうか?雰囲気だけで名付けたような気がしないでもないw

513641602.jpg

勝浦~小湊あたりはすごく良い天気。太平洋がキラキラ輝いて綺麗でした。いくつかのトンネルを抜けて、CP3・鴨川シーワールドに到着(9:36)。なぜか大量に救急車と消防車が出動していたけれど、アレはなんだったんだろう?
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

サコライド房総380 【転】

R128をひたすら進み、南三原からは「房総フラワーライン」に突入。ここは道路の両脇に花屋がやたらたくさんある道です。風が穏やかなら、うららかないい道なんですが・・・今回は「フラワーライン峠」が出現。向かい風耐性MAXの私が嫌になるくらいの風が吹いてました。感覚では250Wくらいは出しているのに、22km/hしか出ません。見る見る体力が奪われていくのが自分でも分かります。


513686922.jpg

何とかスピードを落とさないようにしつつ、CP4・野島埼灯台へ到着(11:14)。前回、房総半島を半周した時は灯台までは行かなかったんですが、今回はせっかくなので近くまで。なんか石廊崎灯台っぽい雰囲気ですね。

進路は南から西へ変わったはずなのに、相変わらず向かい風。進行方向が変わってるのにどういうことなんだw 洲崎灯台まで11km、更に我慢の時間が続きます。


513709535.jpg

出発から7時間55分、命からがら200km地点のCP5・洲崎灯台に到着(12:00)。なんとかここまではグロスAve25km/hを維持。しかし、体力的にはかなり辛くなってきていました。このままだと最後まで持ちそうにないな・・・ということで、少しペースを落とすことに。

513723936.jpg

洲崎灯台を折り返すと、向かい風も大分穏やかに。CP6・館山駅には風の影響もあってか、すぐに到着しました(12:28)。結構洒落た駅なんですね。

ここから先は再びあまり記憶の無い区間w ただ、飲み物が底をついてしまって少々つらかった覚えが。キャノボだと、こういう時は緊急で自動販売機を使うんですが、房総半島は自動販売機が少ない・・・。結局、次の休憩ポイントと決めていた金谷港前のセブンイレブンまでは飲み物を温存して走りました。

そして、もうすぐ金谷だ~と思った時。右手に見えた「夢のカレー」の文字。いしこうさんが前に言ってたカレー屋がここか!時間はちょうどお昼時。美味しそうなカレーの香り・・・もうタイムなんて諦めて食っていけばいいんじゃね?という誘惑と戦うこと1秒。後ろ髪を強烈に引かれながらも、先に進むことに決めました。次は絶対寄るぞ!

金谷港のセブンイレブンには13時34分着。海の向こうには懐かしき三浦半島が見える。フェリーに乗れば、あと40kmで家に帰れるんだよなぁ・・・などと思いつつも、そんな選択は出来ないわけで。かなり体力が低下しているのを感じたので、予定よりも長く休憩を取ることにしました。カロリーのありそうなエビカツサンドをもりもり食べて、「即効元気」を投入。ストレッチをして13分ほど休んだらなんとか回復しました。しかし、晴れてて気温も高くてコンビニ前は気持ちが良かったw


金谷港を出発してすぐに、本日の第二の誘惑・竹岡式ラーメン「梅の家」が。ああ、あそこのチャーシューが食べたい!玉ねぎをアホほど乗せたい!と思いつつも涙を飲んで見送る。なんでこんな急いでるんだろ?自分。


さて、この先にはついにラスボスが待っている。千葉ブルベではお馴染みの「マザー牧場」。先週走った東側はかなりの鬼畜坂。今回登る南側の道はどうかな?と思って、ブルベをやっている先輩社員に聞いてみたところ、「東は登ったことあるんでしょ?あれよりは楽だよ」と聞いていたので、安心して登りはじめたわけですが。

・・・おかしい。何かがおかしい。マザー牧場の標高は約300m。牧場までには「あと*km」というように1kmごとに看板が立っているんですが。「あと3km」の時点で、標高が50m・・・。あと3kmで250m登れってかぁ!?平均斜度は8.3%、相当キツイ。

そう思った直後に、不意に始まる激坂。10%から始まり、12%くらいの区間が長く続く。ときおり緩やかになるものの、ほぼ10%越えの印象。時おり15%も顔を出し、千葉ブルベのボスと言われるだけはあるなぁと思いました。しかし、舗装が良い分、和田峠よりは楽ですけどね!


513781884.jpg

結局、25Tは使わずにCP7・マザー牧場に到着(14:38)。一応世間は平日なだけあって、かなり空いてました。ソフトクリーム食べたいなーと思ったけれど、実は中に入らないと食べられないんですよね。まぁ、マザー牧場のソフトクリームはラゾーナで食べられるし・・・と、本日三度目の誘惑を振りきってダウンヒルへ。

先週の試走ではクリンチャー装備だったんですが、今回はチューブレス。やはりチューブレスはダウンヒルがものすごく楽。下りが大の苦手な自分でもラクラクカーブを曲がれて気持ちいい。ダウンヒルの勢いのまま佐貫の街中を抜けて、富津岬へ。先週はここでかなりの向かい風になっていて、「また向かい風区間かぁ」と思ってたんですが。あれ、風が無い。これは好都合!


513799557.jpg

CP8・富津岬先端到着(15:26)。向かい風コミで見積もりを立てていたため、この区間は見積もりよりも10分早く走ることが出来ました。先週よりも人が居ないなぁ。先週はちょうど日が富士山に落ちていく時間だったので、観光客がたくさん居ました。平日の昼間だとこんなもんなんですね。

CP8の直後、大堀亀下のファミマで休憩。ここは地図には載っていない新しい店で、先日の試走で見つけました。新しいだけあってトイレが綺麗でウォシュレット付きというのが個人的にポイント高しw 試走時と同様に、コロッケを食べてガッツリ休憩しました。10分ほど休んで、ストレッチをして出発。

千葉までのR16は快速区間。車の走行風があるし、ド直線道路なのでTTモードで走る。若干、道の舗装が荒れてるのがアレですが、個人的には結構好きな区間です。再び飲み物が足りなくなったものの、気温も落ちてきて汗の量も減ったので我慢して走ることに。袖ヶ浦のあたりで、累積距離が300kmを突破。時間はちょうど12時間半。そういえばキャノボの時も、豊橋までの300kmで12時間半だったことを思い出しました。キャノボの時はそこから全部追い風だったけど、ここから先追い風区間はなさそうなんだよなー・・・と若干憂鬱になりながらラストCPを目指すのでした。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

サコライド房総380 【結】

513853198.jpg

日暮れと共に、最終CP・千葉ポートタワーに到着(17:53)。一体何の建物なんだろうコレ?随分立派だけども。とりあえず、明るいうちに全てのチェックポイントを回れて良かった!

すぐ近くのセブンイレブンでラスト休憩。ここで携帯の電池がお亡くなりに。充電用に使っていたUSB電池ボックスがどうも不良品のようでまともに充電できませんでした。980円もしたのになぁ、コレ。キャノボでもやたら飲んでいた「ライフガード」をボトルに入れ、ラスト区間スタート。


帰り道も行きと同様に湾岸道路。ライトにちらつく白い物体が粉塵だと気付いたのはこの時でした。雪じゃなかった!恐ろしく粉塵が立ち込めてる区間があり、アイウェアの中にも入ってくる始末。やっぱり次からはここを走るのは辞めよう・・・。

物流トラックの横をひたすら走り、いくつかの自転車通行不可区間を越えるとあっという間に有明到着。このコース、健康には悪いけど早い。でも健康には悪いw


さて、ここからは本格的に都心。当初の予定では21時過ぎくらいにここを通過するはずだったんですが、週末金曜日の19時半という銀座が一番混む嫌なタイミングでの通過となりました。変に急いで事故っても嫌なので、ここは慎重に。しかし信号が多いなぁ。房総半島にほとんど信号がなかったため、余計に東京の信号の多さを感じます。

皇居の脇を通って、甲州街道で再び新宿越え。幡ヶ谷駅前で脇道に入り、一路下北沢へ!

513854444.jpg

20時22分、ゴール!!全行程383kmを16時間17分でのクリアとなりました。グロスAveは23.5km/h。ほぼキャノボと同じ。相変わらず調子の上下があまり無い私です。


-----


ゴール後はお約束のスペシャルベリーオレを頂く。あったまる!!そしてカレーも頂く。サコッシュカレーを注文したはずがキーマカレーが出てきたけど、こまけぇことはいいんだよ!って事でガっつく。うんうん、美味い美味い。

完走者のコメント用の撮影時には、ちゃっかりロングライダースを宣伝。ま、いいよね。販売店だし!

店でgdgdしてると、同じくロングライダースメンバーのミヤコさんが登場。なんかこの店、徐々に顔なじみばかりになりつつあるw



21時40分くらいに店を後にして自走帰宅。1時間ほどで家について、風呂入って速攻で爆睡しました。スーパーロングの後の布団ほど落ち着くものはないと思う今日この頃です。


-----


まとめ。今回は戦略が見事にハマった感じ。キャノボ時と同じく、冷徹に任務だけを実行する走りなので面白みはありませんが、その分早く走れたので良かったかなと。あと、早朝出発は大正解。昼間に房総の綺麗な風景を眺めつつ、夜は湾岸道路から都心を臨む。気温の変化も少なく、最初から最後まで調子を落とすこと無く走れました。心拍も平均147bpmと、目標値の150bpm近くに落ち着きました。

今回は16時間17分という結果でしたが、風次第ではもう少し早く走れそうな雰囲気。半島の南は信号もほとんど無いですしね。・・・きっと、どこぞの猛者が今月中に記録を抜いてくることと思いますw


【走行データ】
通算距離: 382.7km
走行時間: 16時間17分(メーター読み: 13時間42分)
平均時速: 23.5km/h(メーター読み: 27.8km/h)
平均心拍: 147bpm
獲得標高: 1902m
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。