大阪→東京 準備編

東京→大阪キャノンボール失敗の翌日から、既に次への挑戦が始まっていた。

反省点をまとめ、予定を練り直す。そして、リベンジに向けた飛び道具も調達した。

RIMG4238.jpg

エアロバー!重くなることを嫌い、最も軽量なPROFILE DESIGNのLIGHTNING STRYKEを購入した。静岡の向かい風対策兵器。初代達成者であるやんぐちゃあはん氏が歴代最高タイムで東京→大阪を達成したときもエアロバーを使っていたことを考えると、有効性は明らかなはず!

・・・そう思って、エアロバーを付けて三浦半島の松輪周回コースに行ってみたが・・・乗りづらい!そう、エアロバーはセッティングがちゃんと出ていないと、疲れるだけのシロモノ。その上、ハンドル周りがごちゃごちゃする。そしてなにより、慣れていないと怖い。もしキャノボでエアロバーを使おうとしている人がいたら「やめておいたほうが良い」と言っておく。

結局デメリットの方が大きいと考えて、エアロバーはお蔵入りとなった。結構こうして使わなかったアイテムが多い気がする。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

スポンサーサイト

大阪→東京 プロローグ

10月10日は予報通りの雨だった。しかも土砂降り。我が家から一番近い新幹線の停車駅は新横浜なのだが、いかんせん電車で行くと乗り換えが3回も必要だ。仕方ないので、品川まで東海道線で出て、そこから新幹線で大阪に向かうことにした。

大阪までは品川から約2時間半。これから24時間で走ろうという距離を1/10で移動するというのは少々侘しい物がある。

RIMG4284.jpg

朝10時に新大阪に到着。まずは自転車を駅の手荷物預かり所に預けた。手ぶらになったところで、会社の同期と遊びにいく。折角大阪まで来たのだ。ただ自転車でトンボ帰りするのは損。大阪で食べ歩きを堪能した。

RIMG4295.jpg


その後は聖地(?)巡礼。数時間後にスタート地点となる「梅田新道」交差点にある大阪府の道路元標を訪ね、達成を誓う。この時間にはすっかり雨も上がり、日が差し始めていた。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

大阪→東京 ①梅田新道→鈴鹿峠

川崎から大阪へは一度通して走ったことがある。しかし、大阪から東京の方向で走ったことがあるのは箱根より向こうだけだ。道案内のEdge705だけが頼り。

日曜夜の大阪の中心街を駆け抜けてゆく。最初は信号が多いが、ここは黄信号でも落ち着いて止まる。キャノボに限らずこういった「耐久ライド」は大人の自己責任の遊び。紳士的に、かつ安全に。そうあることが大切だと思う。まぁキャノンボールの由来は何でもありの非合法レースなんだけど。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

大阪→東京 ②関→本宿

世界の亀山バイパスを爆走(※一応、亀山バイパスは自転車通行可である、東京方面からは怖いけど大阪方面からならそうでもない)し、鈴鹿サーキットそばを走り抜ける。ちょうどこの挑戦の前日、鈴鹿では日本グランプリが開催されていた。行く先先で案内看板が立っていたのが印象に残っている。

鈴鹿峠から1時間15分で144km地点の四日市に到着。ここで3度目の休憩。Edge705を見ると、ここまでのメーター読みAveは30.0km/h。一応鈴鹿峠も越えたはずなのにこのAveはおかしいw テンションの高まりがAveにも影響してるということだろうか。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

大阪→東京 ③豊川→掛川

本宿駅を過ぎると、道が下り基調になる。さらに追い風も手伝って、この区間は全然頑張らずに40km/h巡航。事前に立てた目標よりも大分先行している事が分かり、テンションはかなり高くなった。


そして、豊川を過ぎると前回のリタイア地点、因縁の豊橋市。一ヶ月前はここでサドルを降りた。直接的なリタイヤ原因はメカトラではあったものの、あの時は心もすっかり折れていた。
しかし今回は違う。風向きにも恵まれ、ショップで再度組みなおしてもらったキシエリも万全。体調もまだまだ余裕がある。

今回こそは行ける気がする。達成の予感を感じた。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR